スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・プーチ(再犯ゼロ)の意味

先日書いた

  「プロジェクト・プーチ(再犯ゼロ)」

の事。
年に一度は どこかのTV局で取り上げています。
アメリカのノンフェクションで少年院の子供が
日本で言う

  「動物愛護センター」

から 殺処分予定の犬を引き出し
少年院内で訓練して 一般家庭に送り出す。
そういう流れですが 意味は深いです。

まず 少年院の子供と センターでの殺処分予定の犬の関係。
日本では 受刑者に盲導犬のパピーーウォーカーを
させているところも有りますが
センターの犬でないと 意味がないのです。

子供達は センターの犬と自分を重ねて見るのです。
人間も犬も この世に生まれてきたら 穏やかに暮らしたい。
なのに 受身でしか生きられない弱い立場の 子供・犬。
誰も 守ってくれる者もいない。
社会から弾き飛ばされ 行き場がない!後が無い!
信じられるものがない・孤独・不安・淋しさ・・・閉ざされた心・・・
子供も犬も心身共に これ以上ない位 傷ついています。

子供は センターの犬の瞳の中に 最後の望みを託す。
犬も まっすぐな子供の心に笑顔を取り戻す。
子供が この世で唯一信頼できる「笑顔」・希望の「笑顔」
犬を幸せにする事で 自分も幸せになれる!
犬が社会に受け入れられたら 自分も受け入れてもらえる!
犬の新しい飼い主さんから 喜ばれ感謝される。
自分にも 誰かを幸せに出来るんだ!
自分を必要としてくれる者が居る!
そして 気付く・・・
「一人ぼっちじゃない!」
「もう 二度とあの暗闇には 戻りたくない!」

この 心の流れが「再犯ゼロ」になるのです。
ただ 犬を与えたらいい! ではないのです。
日本では プロジェクト・プーチを知って
幾つかの少年院で 犬を飼い始めた院も有りますが
まったく 意味をなしていません。

私は先ほど 子供達が親元から離れ暮らしている施設に
アーちゃん・トトちゃん・マルちゃんを連れて行って
一時間ほど 遊んで来ました。
ここの子供達も 心が気づ付き 必死で耐えている子供達です。
月一の割合で行っていますが その時々で連れて行く犬を変えています。
やっぱり 3本足のサン君が一番人気です。
我が家の犬達も 訳ありの犬達です。

私は 地元で出来る

  「プロジェクト・プーチ」
  「グリーン・チムニーズ」

を 目指しています。
「グリーン・チムニーズ」の事も
次回、書きます。

皆 幸せになるために 生まれて来たのだから!
この世に いらない「命」なんて ないのだから!
スポンサーサイト

今日の出来事

今日、新居浜で行われた

  「新日本プロレス」

の 試合を観戦して来ました。
と言うのも
市議のOさんからのお誘いで・・・
と言っても デートでは有りません。(ちょっぴり残念!)
この試合は チャリティで
集った募金を 犬の為に使ってほしいとのことでした。
本音は チャリティどころが
K1などの格闘技に押され プロレス人気はいまいちで
集客が 心配でした。
まあまあの 集客でしたが
大所帯での興業の 新日本プロレスさん。
寄付金どころでは無いほず・・・

 「本当に少なくて申し訳ないのですが・・・」

と おずおずとマネジャーさんが 封筒をもってきてくださいました。
どんなに少ない金額でも このお金は

 「関西盲導犬協会の 引退犬」

の 為に使っていただけるように話しています。
新日本プロレスさん、来年もきてくださるとか。
今日の事がうれしかったので
明日から 来年に向けての興業成功の為に
色々と やって行こうと思います。
皆の 優しさ・思いやりが 大きな形になるように!

今日の試合には 長州力さん・タイガーマスクさんなどが 来ていました。
(初代タイガーマスクさんは 同居人のお友達です。)
同居人も格闘家で K1の角田さん世代で
「幻のファイター」と呼ばれています。
だから 新日本プロレスさんとも 御縁かな?と 思いました。
(ノアの青柳さんとも お友達です。)
リンクと客席が一体になって 盛り上がって結構楽しかったですよ。
来年は 沢山の募金が集まりますように!
人間の為に 犬生をささげてくれた犬達のお役に経ちますように!


市議のOさんは 新居浜での「リードの会」の活動を
いつも協力してくださっている 若い市議さんです。
新居浜には 他にも前向きに頑張っている
若い市議さん達が居ます。
彼等が がんばってくれている・・・
新居浜の未来に 明るい光が見えます。

生きる姿勢


17日 の夕方
愛媛県新居浜市役所1階ロビー

  写真展「命の光と陰と・・・」

無事、終りました。
沢山の人に 見ていただく事ができました。
皆さま ありがとうございました。
伯方島や 香川からも見に来てくださった方も
いらっしゃいました。

市民の皆さまからの 感想を少し・・・

「犯罪が無くならない事と
  犬・猫を捨てる者が無くならない事は 全く同じ。」

「多くの人は 犬や猫を捨てる=犯罪
  とは感じていないと思います。」

「飼う:と言う行為ではなく 
  幸せにしたい:という思いが大切。」

「光と陰は 人間の世界にもあります。
  他人事では無く 一人一人がしっかりと
 見つめていく必要があると思います。」

「小学校の本に取り入れ
  子供から教えて行くと良いと思います。」

「何かと人任せな世の中。
  人間も動物も命はひとつです。
 大切な命を 粗末にしないでほしい。」


どうか 皆さま その思いを多くの人に話して下さい。
今回 見れなかった方は ひとつ前のブログコメントに
昨年のも合わせ 様子が解る友人のブログに行けるように
してくれています。(アミィかあさん、ありがとう)
是非 ごらんください。



先ほど「志村動物園」を 見ていました。
中でも 最後の方の アメリカのお話。

 「プロジェクト・プーチ」(再犯ゼロ!)

は 「犬たちをおくる日」の著者 今西乃子さんが

 「少年たちの 再出航」

と言う題名で 児童図書で
日本に向けて紹介してくださっています。
仲には「プロジェクト・プーチ」を知って
ある刑務所で

 「盲導犬のパピー・ウォーカー」

を しています。

「社会性を養わなければならない子犬を
  何故 塀の中にいれる?
 どうせならば 引退犬の老犬介護をし、
  命を看取らせ 
 命の大切さ・儚さを知って貰う方が良いのでは・・・」

「プロジェクト・プーチ」の 意味は深いです。
それは 改めてブログに書きます。



先日「和泉WAN・WAN・コミュティー」
の和泉さんが 緊急入院されました。
ジョン君・ねねちゃん・花子ちゃんが居ますが
花子ちゃんは 今月末には我が家に来ます。
和泉さんから引き継ぎ 我が家からお嫁にだします。
 良い ご縁が有りますように。
和泉さん 安心してくださいね。

写真展「命の光と陰と・・・」

昨日から

  愛媛県新居浜市役所1階玄関ロビーで

   写真展「命の光と陰と・・・」

開催しました。
「光」は 「親ばか写真」を一般募集したところ
たくさん集まり パネルが足りず机の上にも張り出しています。
つられて ついつい顔がほころんでしまいそうな
天使の笑顔ばかりです。
飼い主さんだからこそ 撮れる写真ですね。

「陰」は 昨年に引き続き

  児童図書「犬たちをおくる日」

の写真と 先月8月2日に行った
   
    「命のツアー」

に 参加してくださり ご自分のブログにもアップしてくださった
県会議員・石川みのる氏が提供してくださった写真です。
石川氏の写真は 黒い犬が檻にしがみ付き何かを訴えているのと
ゴミ箱に捨てられた 沢山の首輪です。

私は 写真アップ出来ないので 友人のブログを紹介します。

  http://www.nbn.ne.jp/silkyirm/

 「 silkychild 」

です。(間違ってたら ごめんなさい。)
昨年の 写真展の様子も見れます。

行政である市役所で 
今まで行政がひた隠ししてた内容の写真を出せたのも
多くの人たちの 熱くて優しい思いが繋がったからだと思います。

おと年、新居浜市で行政と市民との「協働事業」の募集が有りました。
応募して 提案書を提出して 数日後に面接が有ったのですが

  「犬は飼ったこと無いから・・・」
  「マルコ・ブルーノさん?有名な人かどうか知らないけど・・・」


    「何のために提案書を書かせたんや!
     日数が有ったんやから 下調べくらいパソコンで検索したらすぐやろ!
     税金からお金貰ってるんなら その位の仕事しろ!」

結果 けんもほろろに

  「行政も 啓発活動をしているので 必要なし!」

で 却下されました。

     「それでアカンから やりましょって 言ってるんでしょが!」

こんなやり取りを 見たり知った職員さん、市議会議員さん達、オフィスの人たち
メディアの人達が力を貸して下さり 昨年の写真展になりました。
そして 昨年の写真展を見た市民の声が 市の行政の上にまで届きました。

間 
    児童図書「犬たちをおくる日」
    映画「犬と猫と人間と」
    「命のツアー」
    横室純一先生の講演会
    雑誌「アエラ」
など 
同志達の 熱い思いが表舞台に出る事が出来ました。

  「点と点が繋がり線になり 線と線が繋がり面になる。」

是非 そうなってほしいです。
何度でも言います。

  「今 犬達に起っている事は
      人間社会の縮図です。このままでよいのですか?」


<追加>

「犬たちをおくる日」は この夏、推薦図書になり
書店での欠品が相次ぎ 出版社に問い合すと
「増刷が追い付いていない。」
とのことです。
事情を話 写真展に合わせて
  
    「新居浜市の明屋書店」

には 欠品無く置いてもらっています。
子供たちだけでなく 大人も是非読んでください。


友人ブログ 色々してみたけど 出ない!
 素直に

   「じーさんわんこ&ば~さんわんこ」

 検索で 出ました。
 試してみてください。
 メカオンチで おバカな私でごめんなさい。

ショウ君 安らかに・・・

先ほど、仕事先のスーパーのお客様から
電話が有りました。

  「今朝、ショウちゃんが 永眠しました。」

この方は いつも私を応援してくださり
買い物の時は 私のレジに並び

  「これシール貼って!あなた後で飲まんかい。」

と 栄養ドリンク剤を手渡してくださる方です。


老犬ショウ君の事では
ショウ君の体調が思わしくなく
通院も負担になるので
往診専門の獣医さんを紹介したりと
いろいろと 相談に乗っていました。

  「最後の二日間は 苦しんだ。
   血便まで 出て・・・」

ショウ君も お母さんも よく頑張りました。
ショウ君 苦しかったでしょう。
でも 苦しくても頑張ったのは
少しでも お母さんの傍に居たかったから・・・
お母さんに

   「ありがとう」

を 伝えたかったから・・・
犬は 体の痛み・苦しみよりも
心の痛み・苦しみに弱いです。

  
   「お母さん、最後までお世話してくれて ありがとう。
    ボク、母さんと出会えて 幸せだったよ。
    器は無くなってしまったけど 
    いつも 母さんの傍に居るからね。」


ショウ君、ショウ君からの

    「ありがとう」

を ちゃんとお母さんに伝えたからね。
お母さん、泣いてもいいんだよ。
3カ月は 許す!
引きずるのも 2年は許す!
それ以上になったら ショウ君が 悲しむからね。




動物愛護センターには 人里離れた場所には
病気・老齢で
手がかかる・お金がかかる・汚い・面倒・・・
そんな理由で 見放される子が 多くなっています。
今、ブリーダー崩壊で 平気で犬達を捨てる者達に
非難の声が上がっていますが
一般飼い主のこれも 同じです。
自分の都合のよい時だけ可愛がり
自分が少しでも 負担になるようなら平気でやってしまう。
今これからが 本当に飼い主さんの

     愛情・暖かい手

が 必要なのに・・・
そういう人は 自分が年をとったら
老人ホームに捨てられ 誰も合いにも来てくれないでしょう。


ショウ君、お仲間が ショウ君の様な最後を迎えれるよう
応援してね。

アーコ:大胆不敵 と 預かりっこのなっちゃん

(パソコンの調子が悪くて 読む事は出来ても
  書き込みが できませんでした。
 大阪のwさんのアドバイスをヒントに
  何とか自力で 一応復活できました。
 wさん、いつもありがとう。)




ワンコが悪戯や してはいけない事をする時って
ワンコなりに 飼い主にばれないように
目を盗んでするものと思っていました。

エコちゃんは 昔は

  「お転婆爆発ガール」

とまで 呼ばれていましたが
今は 年齢も行ったし やりつくしたのか
まったくしません。

トトちゃんは
私が部屋から出ていったすきに
机の上を荒らしたり ゴミあさりをします。
ただ 自分のテリトリーの机の下に
戦利品を集めるので ばればれです。

問題児は 自己中・我ままアー子です。
好物のティッシュ?を ゴミ箱から見つけ出し
私の目の前に運んでから 食べるのです。
先日も アイスコーヒーを片手に メールを読んでいたら
何やら ピチャピチャと聞こえてきます。
私が持っているグラスに顔を突っ込み
アイスコーヒーを 飲んでいるのです。
叱ると くるっと寝そべってお腹を見ます。
今 私の持っているグラスの中身は
同じ黒でも「黒エビス」!
アーちゃん 二口ほど飲んで 辞めてしまいました。
好みじゃ無かったようです。
お勧めすると そっぽを向きます。
目線は その向こうの「完熟アトマト」!
昨日 お皿から私の口に行くまでの間に
食べられてしまいました。
恐るべしアー子!



預かりっ子なっちゃんは
このブログを読んでくださってる
犬友の友達から 預かりさんの申し出が有り
3日の午前中に 新しいお家に行きました。
お迎えに来たその足で 病院で健康診断を受け
3ヶ月たっても 飼い主さんが現れない時は
避妊手術をして そのままお家の子にしてくれるそうです。
なっちゃんは 手のかからない癒し系の子だったので
変わりに 我が家の問題児をお渡ししようかとも思ったのですが
それならば すぐに返品されそうなので・・・アハッ!
(保護された方も 同じ事を言っていました。)
なっちゃんをお渡しする時には
保護された方・連絡をくれた犬友・預かりさんとの橋になってくれた犬友、
来てくださいました。
なっちゃんは「運」の強い子です。
きっと 幸せになれます。
引き続き 本当の飼い主さんは探しますが
本音は このまま見つからなくても 良いな・・・

預かりっ子

昨日 また1頭増えました。
友人からの「SOS]です。
と言っても 一時預かりです。

30日に ハーネスとちぎれたリードを付けたまま
旧道で 車に跳ねられそうになったところを 保護された子です。
保護した先は 先住犬が怒り手がつけられない。
と言う事で 友人に相談が有り
友人宅は 保護した犬・猫が沢山居て
おまけに 癌治療のため手のかかる大型犬が居るから 無理。
私が断ったら 捨てられるか、行政に渡されるか選択肢が無いので
我が家も満タンなのですが 一時預かりならば・・・
で 今 私の部屋に居ます。

夏に来た子だから「なっちゃん」と 呼ばれています。
なっちゃんは エコちゃんを柴犬色にして
二周り位 小さくした1~2歳位の女の子です。
そういえば 初めてであった時のエコちゃんも
ハーネスとちぎれたリードを付けて
我が家の前で 車に跳ねられそうになった子でした。
なっちゃんは エコちゃん・アーちゃん・トトちゃんからの
チェックを受け すんなりと受け入れてもらいました。
新しい子が来たらパニックを起こす らんま猫も平気そうです。
吠える事もせず 自分の場所を見つけ 大人しくしています。
まったく 違和感がありません。

でも あくまでも 一時預かりです。
本当の飼い主さん・預かりさん・里親さんを 探しています。
でないと 崖っぷちの緊急の子に 手が出せません。
近くの方、「なっちゃん情報」を 伝えていってください。
体など綺麗にしているし 匂いも無いし アイコンタクトが取れる子です。
できれば お家に返してあげたいです。
どうか よろしくお願い致します。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。