スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの動物愛護活動の有り方

こちらをご覧ください。





被災地に取り残された動物達のためにスケボーでオランダを走ります!

8月31日から9月2日までの3日間、オランダ在住の4人の男の子達が、東日本大震災で被災地に取り残された動物たちを助けるキャンペーンを掲げて、165キロの距離をスケートボードだけで走り、寄付を募るというチャリティーをすることになりました。以下はその4人からのメッセージです。
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちは!僕達はオランダの北ホーランド州にあるアッセンデルフトという街に住む、りく
(15)、ゲルゲイ(14)、パトリック(16)、ブライアン(12)です。僕達は東日大震災で被災して、いまだに取り残されている多くの動物達を助けるため、165キロの道のりをスケボーで走ります。 あの震災から1年以上経ったのに被災地にはまだ沢山の犬、猫や家畜などの動物達が、餌、水、そしてケアも与えられないまま取り残されています。彼らにとって唯一の頼みの綱は、毎週のように被災地に通い、食べ物や飲み物を与えてくれる小さな民間のボランティア団体の人たちです。動物達をこの悲惨な状況から一日でも早く一頭でも 多く救うためにはあなたの助けが必要です。
どうか動物達に生きるチャンスを与えてください。
僕達のスケートボードチャリティーに協力をお願いします!

   ―――――――――――――――――――――
さて、この4人がなぜスケートボートチャリティーを思い立ったかお話しましょう。
2011年3月11日に東日本を襲った大地震とそれに伴う大津波。約2万 人の方が死亡・または行方不明となり、多くの方が家や財産を失いました。更に福島原発爆発事故による被害が被災地を襲い、東京電力と日本政府は、放射能被害拡大、そしてメルトダウンを防ぐことはできませんでした。その結果多くの住民は住み慣れた町から避難を強いられました。
ここまでは皆さんよくご存知ですね。
しかし、ほとんどの動物をその地に置き去りにして避難しなければならなかったことはご存知でしょうか?

多くの避難所は動物持ち込みが禁止されていました。政府は住民に動物を置いていくように指示したので、飼い主はそうするほかなかったのです。しかし事態はますます悪化しました。避難勧告地域は帰還困難区域となり、政府の許可なしに立ち入りができなくなったのです。.その結果、犬、猫、ウサギ、牛などの動物達は、政府により救助されることもなく死んでいきました。そして、生き残った動物達は今も地震直後から変わらない状況の中に取り残されたままです。

しかし、そのような状況下で自らの危険を顧みず(放射能によるリスクを承知の上)取り残された動物達を全力を尽くして助けるボランティア団体が数多く存在するのです。政府からの資金援助もなく、自己負担ですでに何百頭もの動物を救助してくださっています。

日本でこのような悲惨な事態が続いていることに日本国内、国外の人々は気づいているでしょうか。

沢山集まった寄付に関しても、実際に受け取るべきボランティア団体に届かなかったという不祥事も発生しています。不足する経費のこともあって、食べ物や水を運んだり、治療の必要な動物をケアをしたりすることが日増しに難しくなってきているというのが現状です。

この勇気ある4人のスケーターに協力してください。あなたの協力により沢山の動物達に生きるチャンスを与えることができます!

www.animalrightsforjapan.com/JP/index_jp.php#?page=http://www.animalrightsforjapan.com/JP/events/skateboard.php



オランダの同志達が
動き出した。

日本でも2日に

「デモ」

が 有るそうだが

政府に向かっての抗議を
政府の許可を貰い、
メリットの無い場所を
警察の警備の元
行進する?????

何の 意味が有ると言うのか???
ただの

 パフォーマンス
 自己満足

で 終ってしまいそうだ。
勿論、遠くから来たり
時間をやりくりして参加する人達は
現実が少しでも変わる事を信じ・願い
熱い思いで集まってくる。
問題は

  主催者サイド

だ!!!!!。
そこに

  感動

が 無くては人々の心は動かない。
2日のデモは デモではなく

  ただの行進

に なるのではないだろうか。
せめて 全員が犬の着ぐるみを着て
犬目線の言葉のプラカードを持っていれば
行進ではなく

  パレード

位には なるだろう。

派手で目立つ事をしなくても
今、自分に出来る事をやっていこう!!!

例えば 秋は

  学園祭

の 季節。
国内の学校が同じテーマで
学園祭で行動を起こしてくれたら・・・
そして 地域地域で 
自分の暮らす町を 
本気で 良くしていってほしい。


我が町では
10月2日~12日
新居浜市社会福祉協議会で

 写真展「命の光と陰と・・・」

その中日の 10月7日(日曜日)
どう会場で

 マルコ・ブルーノ氏の講演会

が 行われる。
まずは この新居浜市を
動物と共存できる優しい町にしていこう!!!
日々、マルコ氏とも
「何からやって行こうか。」と話し合っている。
彼のパソコンは まだ繋がっていないので
皆様とは連絡がとれない状態だが
強制送還はされていないので・・・
もう しばらく待っていてほしい。


動物愛護活動は

  動物が可哀そう・・・

だけでするのではなく
ならば 可哀そうな動物を出さない為に
自分に何が出来るだろう???
そして 責任ある行動に移す事!!!
それは 動物を守るだけでなく
自分の未来、これからの生まれてくる

  全ての命

を 守る事になるのではないだろうか!!!!!







スポンサーサイト

思いは同じ

なちれい様、ゆみ様、XX様、ぷーどる様、3匹の母様
コメントの返事が出来なくて すみません。
今、このパソコンは 段ボール箱の上に乗っています。

犬25頭、猫7頭、鳩、烏の世話と
荷物の片付けとで一日が終ってしまいます。
その合間で 地元の事をしています。

私達が目指す頂上は 同じだと思います。
登山口が違っても 登山道が違っても
思いは同じ。
入り口や道は いろいろあって良いと思います。
助けを求めている動物達も
状況・条件は一定ではありませんから。
同じ思いの人達が 情報交換していれば
それだけ助け出せる方法も広がるはず。

動物愛護の名の下 他人の否定・批判・足を引っ張る、
この様な行為は 
可愛そうな動物を盾に
ストレス発散・売名行為・金儲けに走っている人で
私には まともに相手する余裕はありません。

この県内だけでも 毎週どれだけの命が
奪われているのか・・・
それを思うと・・・


なちれい様、ゆみ様、
しっかりと 動物達の声を聴いてあげてください。
そして どんな未来にしたいのか???
きっと またお二人が協力しあう日が来ると思います。

XX様、
ありがとう!
信じていた飼い主に裏切られ、
死を待っている子達の気持ちを考えると
私は まだまだ恵まれています。

ぷーどる様、
私は 横にいる人に影響されやすいので
口の悪さは ますます悪くなるかも・・・
あきれずに これからも宜しくお願いいたします。

3匹の母様、
ほんのちょっと 優しくなる勇気を皆が持ってくれたら
社会は 変わって来ると思います。
その方法は
自分の「隣にいる命」の事を考えるだけで、
自分以外の命を認めるだけで 変われるのでは・・・

前ブログコメントのこてつ様、
コメントを マルコ氏に伝えました。
「こういう人達が増えてくれる事は うれしい。」
と おっしゃっていました。
ありがとうございました。


動物達は
生まれるも、生きるも、死ぬのも
受身です。
でも 私達人間は 選択し、行動に移せます。
どのような人生にするかは 自己責任だと思います。

  命の光と陰と・・・

私の魂は 動物達と一緒に 光の中にいたい!!! 

動物の為の 動物愛護法

今週に入り 最終荷物が届き
段ボール箱との 戦いになっています。
本人も 入用の箱を探すのに苦労しています。

そのような事で
コメントの返事が遅くなってしまいました。

  

 真実は 一つだけです。

それに きちんと読めば
私が何に向かって怒っているか・・・
解るはずです。
罪も無い 受身でしか生きられない命を
「動物愛護団体」と言う名の下 苦しめ、
必死で命を守ろうとしている人達の
足をひっぱっる事を 平気でやっている!!!
それを 怒らず、切れずして 
どうやって この動物後進国を変え
動物達を守っていけるのですか?
人それぞれ 考え方も価値観も違います。
本気で 動物愛護をするのならば
他人のやってる事を 否定批判する
エネルギー・時間で
1頭でも多くの動物達を 助けてあげてください。



さて 松山市のブリーダー崩壊は
氷山の一角であり 今後も続くでしょう。
で 今回つくづく思った事!
例えば 交通ルールは
沖縄から北海道まで統一されていて
罰金なども 統一されています。
しかし 動物に関しては
曖昧な日本語の動物愛護法の下
各県で条例があって 
県によって 内容がまちまちです。
A県では

  里親探しの為の譲渡がOK!

しかしB県では

  飼い主以外は 引き出ない!

まったく同じ条件の犬がいたとしても
A県では 助かり
B県では 殺処分されてしまうのです。 
愛媛は まだまだB県よりの県です。
その中で 松山市も愛護団体も動物愛護センターも
よく頑張ってくれたと思います。


「動物の為の 動物愛護法」
そうなってほしいです。

動物後進国、日本

日本の動物愛護の裏側を追いかけていた
北海道のジャーナリストの

  山下さん

の 最後の記事を覚えていますか?

『引退後の大きな心残りは、ペット業界以上に悪質なケースが多い「動物愛護団体」の在り方である。
有名無名や規模の大小を問わず、内部告発や情報提供が驚くほど寄せられ、また、自身の取材活動と併せて辿り着いた結論は「愛護団体が変わらない限り、ペット問題の改善はあり得ない」である。
特に、レスキューを主としている団体の代表者は初心に立ち戻り、「ボランティア活動の本質」というものを見失わないで頂きたい。
人の善意を利用する「拝金主義」に、明るい未来はない。』


今回の騒ぎの元は この一端です。
そして


どうぶつ救援本部の第三期義援金申請受付が始まったようです。
最大3百万円の支給ですが、相変わらず行政の意見書(推薦書)がないと1円ももらえない仕組みです。
結局保安院(オフサイトセンター)は情報を漏らしたくないから動物レスキューを警戒区域に入れたくないない、救援する組織には役場や警察が排除する。
いくら福島住民のためにがんばっても、救援するほど赤字になるから続かない。

もらえるの仲間内の会員団体が私腹を肥やしたり、おとなしくしていたNPOのようなところだけ、結局はHOSHI FAMILYやアニマルフレンズ、ハート徳島など3箇所だけでも、政府並みの数を保護をしたのに1円ももらえない。これが日本の動物愛護の最高峰機関の実態なわけです。

   <オランダ人とペットの関係  より>


これらとも 繋がっています。

私達は まず犬達の「命」を優先します。
「えひめイヌ・ネコ会」の代表も
これはと思った里親の所には
自ら足を運び 自分の目で確認を取っている所です。
代表とは 長年のお付き合いで
今回の事も代表から相談を受け 
私とマルコ・ブルーノ氏と
相談しながら やっています。
その マルコ氏の意見です。

某芸能人は 自分の世論への影響力をわかっているのか?
もし 本当にわびる気持ちが有るのならば
愛媛まで赴き 動物愛護センター職員、代表の目の前で
謝罪すべきだ!!!
それが「命」を守る為に 必死でやっている人への 
礼儀と言うものではないか!!!」

私も 同意見です。
人間同士で「思いやり」「礼儀を尽くす」事が出来ないのに
どうして言葉をしゃべれ無い 受身だけの動物を
「愛護」できるのか???
この芸能人は 少しボ~としてる人なので
利用されているだけだと思います。
だからこそ 本気で動物が好きならば
これをきっかけに 手を引くべきだと感じています。

今回の「繫殖業者」騒動は
一般の人では もやもやが残ると思いますが
日本の動物愛護は それだけ

  根深く、腐っている

と 解釈してください。
日本では マルコ氏を中心に
海外とも協働で もう動き出しています。
準備も マルコ氏の新しいHP立ち上げを残すのみ。
今回の事も
長崎の盲導犬アトム号の事も
絶対に 許さない!!!!!

 http://www.youtube.com/watch?v=QFv9Rhshcp0

松山市ブリーダー崩壊のその後

凄く凄く 腹立たしい!!!!!
ネット上での 無責任な情報の流れ!!!!!


 里親候補の仲に 複数の繁殖業者がいた!!!


 ならば あなたは愛媛まで来て
  その場に居て
 この人とあの人は繁殖業者です。
  と はっきりと確認したのか???


確かに 里親候補の中には
怪しげな申し出もあった。
でもそれは 繁殖業者と言うよりも
千葉・埼玉辺りに集結しているであろう
他の目的の業者に対しての 懸念である。

私も過去、たまたま良いブリーダーと知り合い
繁殖に携わった事がある。
ブリーダーと繁殖業者は 全然違う。
それを踏まえて言うならば
金にしか興味のない繫殖業者は
このような 里親募集に
わざわざ 遠くから足を運ばない。
崩壊しそうな繫殖業者がいたら
匂いを嗅ぎつけ 使えそうな犬を
行政が関わる前に 
地元繫殖業者が さっさと持って帰っている。
まして バブル期の様な
犬がぽんぽん売れる時代ではなくなっている。
年齢、健康状態、環境状態などからいっても
たった1頭の為に(1箇所に1頭しか譲渡しません。)
繫殖業者が手を出す メリットがまったく無い!!!


本来ならば 

   全頭 殺処分対象

である。
それを 松山市担当者・動物愛護センター
 愛護団体が


  1頭でも 助けたい!!!!!


事を起こせば 

  「賛否両論」

ある事を承知の上で
それでも 犬達の命を守る事を選んで動いてくれた。
この人達を


   疑ったり 否定・批判

するならば
自分が65頭全て引き取り 最後まで育ててあげてほしい!!!
それを 完璧にやりこなしてから
発言すべきであろう!!!!!!!!!!
また その無責任な発言に乗っかり
拡散したり クレームを入れたり・・・
その行為は

  机の上のデーターだけで
   物事を決めている
     政治家


と 何の代わりも無い!!!!!!!!!!
それこそ


  感情論でお祭り騒ぎ!!!


しているだけだ!!!!!
これらが 

  日本の動物愛護の妨げになっている!!!

私は 許せない!!!!!
これに関しての

  反論は 受けて経つ!!!!!


どんな譲渡でも
いくら審査を厳しくし 慎重にしても
100%うまくいくのは 奇跡に等しい。
「殺処分ゼロ」もそうである。
しかし 限りなく100%に向けての努力は
絶対に必要である。
それを必死でしている人への
バッシングやそれに繋がる事を平気でする人間は
最低である。
向ける相手が違うだろ!!!!!
怒りが おさまらない!!!!!



~追加~  20:03

先ほど 全ての事がわかりました。
まだ 公に出来ませんが
これも「日本の動物愛護」の実態として
新しいHPと海外の仲間から 真実を公表する事になるでしょう。

ただただ 情けない・・・

これ以上の言葉は有りません。
でも 一つ言える事は
世論が以前よりも冷静になり
きちんと真実と向き合おうとしてくれている事です。

 本当に ありがとうございます。

愛媛を信じてください。

  
 

盲導犬型ロボット

最近のタウン誌の記事

 <盲導犬型ロボットを体験>
視聴に障害がある人を対象とした
最先端の福祉機器を体験するイベントが
先月8日、松山市内で開かれ
「盲導犬ロボット」
に注目が集まりました。

  略

多くの人が順番待ちの状態とされる盲導犬。
たとえ貸与を受けたとしても
訓練に2,3週間必要なほか
住宅事情で犬を飼えないなど様々な課題があります。
「盲導犬型ロボット」
を体験した人達からは
近い将来の活躍を期待する声が
上がっていました。
開発企業では3年以内の実用化を
目指しています。


  以上

日本らしい 発想だと思った。
企業側の目線だけで 突っ走っている
ようにしか 思えない。
盲導犬は
ただ 障害物を回避し
安全を守る為だけの


  「物」


では 無い!!!!!

盲導犬の頭数が足りない。
住宅事情・・・
そのような課題は

  「福祉」

を 掲げている国が
まともに しっかりと仕事すればいいはず!!!

このブログにも 何回も書いた。
白杖のご婦人の言葉。



  「人さえ もう少し優しければ・・・」



そうすれば 障害者の方も
障害を一つの

  「個性」

として 前向きに頑張って生きて行ける!!!

障害による 生活の不自由だけが
クリア出来たら良いのではない。
何よりも

  「心の支え」

が 必要。
犬は自分の全てをかけて ユーザーの

  
  「生きる」


を 支えているのだ。




アトム号・・・
生きているのか?
もう 死んでしまったのか?・・・
どちらであっても
人間として
アトム号に 申しわけない・・・
あなたに 辿り着くまでは
絶対に諦めない!!!


この秋から 本格的に動き始めます。
もう 誰にも止められません。
怒りが 溜まりに溜まっています。



~お願い~

http://inochi88.blog28.fc2.com/
<オランダ人とペットの関係>
8月3日のブログは
我々日本人にとって 大変重要な事が書かれています。

一つ目の
「日本の動物愛護の最高峰機関の実態」
に 関しては マルコ氏が
HP復活後 詳しく書いてくれます。

二つ目の
「モンサントの遺伝子組み換え食品・及び
  農作物は「原発」より危険です。
私達、これからの子供達にとって
「命」に関わる事です。
真剣に 向き合ってください。

三つ目の
「何でもかんでも「想定外」」
海外からの目線です。
真実を知り、受け入れる勇気を持ってください。

日本を変えるのは 政治家達ではありません。
私達、国民が変えて行かなければならないのです。

「松山市ブリーダー崩壊」の報告

「松山市ブリーダー崩壊」の報告です。

先ほど動物愛護センターに問い合わすと
65頭のうち 残った犬は

  2頭

に なったそうです。
ただ この子達は 病気です。
それを告げると 皆

  ごめんない。

だそうです。

でも「えひめイヌ・ネコの会」さんもついています。
大丈夫です。

マスコミの力は 大きいです。
昨日だけで センターに200人位が
来たとか?問い合わせがあったとか?
それは それで ありがたく
中には 元々センターに保護されていた犬を
家族にしてくださった方が 2人もいたそうです。
そう、マスコミが取り上げたら 
多くの人が手を差し伸べてくれる。
でも その手を待っている子は
毎日、センターの中にいるのです。
センターのHPには

  譲渡の 犬・猫
  保護された 犬・猫

の 写真が出ています。
その子達にも 手を差し伸べてあげてほしい!!!!!

山の中のセンターまで行って 講習会も受けなければいけない。
気に入った子が見るかるまで 足を運ばなければいけない。
手続きや その後も躾教室などもあるけれど
動物先進国のシェルターの方が
もっと面倒で 審査が厳しい!!!


我が家にも センターから来た
「大命」「コナン」がいますが
「リードの会」だからと言って 例外とせず
ちゃんと 講習を受け
手続きをした上で 連れて返りました。
犬達のことを思うと 当たり前の事なのです。

「大命」もそうでしたが
純血種と言うだけで 譲渡の問い合わせは多いです。
ただ 病気・怪我があるというだけで
申し出を 却下されます。
お金がかかると言う事で 仕方が無いのかもしれませんが
殺処分のその日に連れて帰った「大命」は
麻痺こそ残っていますが
毎日、うるさい位元気です。
早く 写真が載せれる様になって 見てもらいたい。
「大命」の 笑顔を!!!
「コナン」もそうです。
連れて帰った時は 頭よりも細かった胴。
今は バランスよくなり
「大命」「コナン」「マル」と
「3バカトリオ」で 楽しそうに遊んでいます。
私は 自分が楽したり 贅沢するよりは
この子達の

  笑顔の花

が 見たい!!!!!



今回、もらわれて行った子達が
最後の瞬間まで 心穏やかに過ごせますように・・・

緊急!!!ブリーダー崩壊

お仲間からの連絡!
こちらを見てください。

 http://ameblo.jp/ehimeinuneko/entry-11317301632.html

「えひめイヌ・ネコ会」さんのブログです。
代表とは「えひめイヌ・ネコ会」
発足当時からの 知人です。
「会」と言うよりは 個人的なお付き合いです。
彼女も「命」しか見ていません。
どんな時でも「命」を守る為に
必至で走ってきた人です。

とりあえず 私にできる事は
拡散して 1頭でも多くの「命」を救う事!!!

そして背景を調べ
二度とこのようなことが起きない為に何をすべきか・・・
こういう場合 たいていブリーダーは
罰金を支払って 終わりなんです。
曖昧な言葉の日本の動物愛護法は
動物ではなく
人間を守る為の法律なのです。
同じ事の繰り返しは もう嫌です!

  いろいろと調べた上で 今後を決める!

と 先ほど師匠と話しました。

犬達の「命」は12日までしかありません。
愛情と責任を持って 一生涯のお世話が出来る人。
または「命」のタイムリミットを伸ばす為に
「預かり」をしてくださる人。
「えひめイヌ・ネコ会」さんでも
私にでもいいです。
連絡をください。
特に愛媛県・近隣の方は 拡散してください。
宜しくお願い致します。

犬と猫と人間と2

昨日、ある事で久々に

 
 飯田基晴監督


に 連絡を取りました。
監督が 東北の震災後
現地で映像を取っている事は
事務所の方から聞いていました。
来年春に 完成予定とか。

 http://homepage2.nifty.com/lowposi/

  「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」
    10分のダイジェスト映像を公開!

飯田監督のブログから見られます。


日本人は


  「のど元 過ぎれば・・・」


の 国民性があります。
被災地の苦しみは 終わってはいません。
被災地だけではありません。
マルコ氏の口癖になっています。

 
  「日本の犬だけには生まれたくない!」


野生の犬・猫はいません。(野良はいても・・・)
人間が作った種族です。
その「命」に 責任をもたなくては!!!
大昔にカメラフィルムのCMで


  「生んだ責任・生ませた責任
     とりましょ!!!」



全ての「命」に 責任を!!!



昨年は秋に センターから連れて帰った
ゴールデンのジジ、
ダックスのトト、
続けて虹の橋の住人になり
残された器は 小さな箱に入り
私のタンスの上に並んでいます。
その後
ヨーキーの大命、
ダックスのコナンを
センターから連れて帰りました。
この子達も この暑い中、
よく食べ、よく遊び、よく寝て
毎日元気に 皆と仲良く過ごしています。
私に 経済的・時間・体力的な余裕があったら
もっと 連れて帰りたいです。
が 正直 限界を超えています。
コナンも 迷ったのですが
新居浜からセンターに行ってしまった子は
1頭だけだって 小型犬だったから
思いっきって 連れて帰りました。


  何で こんなに良い子が・・・


いつも 思います。
中には

  無理ないな!!!

と 思う子もいるけど
それは 飼い主の接し方が悪かっただけで
その子には 何の罪もない!!!
そんな子でも

  「犬の自衛隊」

と 秘かに飛ばれている我が家で暮らしている内に
問題行動は 自然になくなってきています。


この社会を


   地獄にするも
   天国にするも

全て 私達人間次第です。
都合の悪いものを排除(殺す)ではなく


    生かす!!!


努力をしてこそ 共存!!!


    進歩


では ないでしょうか!!!!!
お盆前に 


    発表


する事があります。
私の人生の 総決算です。




~おまけ~
最近、
面白動画・癒され動画の情報交換を
お仲間達が してくれています。
「ありがとう!」
この活動は「陰の戦い」なので
このような「光」と出会うと
「ホッ」とします。
で、
「この子達も 陰とは背中合わせ!
 絶対に 陰に吸い込まれないように。
 そのためにも 頑張ろう!」
「全ての子が こうなってほしい!」
って プラスエネルギーをフツフツと・・・
皆、本当に ありがとう!!!!!

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。