スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境目

一雨ごと 冬が近づいて来ます。

今朝、メイが緊急入院しました。
体内で血が作れない・・・と言う病気の上に

  癲癇(てんかん)

が・・・
今朝、パパさんが
飲み水の中に鼻先を突っ込んで
倒れているメイを発見。
応急処置をし 病院へ電話。
向かう車の中でも痙攣発作。
病院に着き 
処置を受けているメイを見て 思いました。


 痙攣発作が一時的なものであればいいけれど
 これが持病として抱えなければならない病気ならば
 これから先メイは どれだけ苦しまなければならないのか・・・


獣医さんの話だと
あくまでも仮定で

 レントゲンなどにも映らない場所に癌があって
 それが血の病気、今回の発作を招いている可能性もある。

夕方の様子しだいで連れて帰ります。
覚悟は出来ていますが いろんな思いがよぎります。

夕べは あんなに元気良く吠えて
器がピカピカになるほどご飯もたいらげたのに・・・



飼い主、獣医が一丸となって
1頭の犬の命を守ろうと必死になっている。
かたや 元気でまだまだ生きられる命を
人間の身勝手で簡単に奪っている・・・
境目は どこにあるのだろうか・・・・・




~追記~

17:50
病院から電話。
メイの様態はどちらかと言うと

 おもわしくない・・・

薬で少し落ち着いているだけで
連れて行った時の痙攣が 続いている。
家には 帰れない。
今からパパさんと 面会に行って来ます。
スポンサーサイト

日本が変わる為には!!!!!

今、パパさんから 故郷である

  オーストリア

の 動物愛護事情を教えてもらっています。
あちらでは本当に

  自然・動物との共存

を目指し 実践しています。
パパさんの故郷の地元のシェルターでは
建物の屋根にソーラーパネルを設置し
シェルターで使用する電気を
全てまかなっているそうです。
犬猫達は 夜寝る時だけは室内ですが
後はフリーで 太陽と芝生の下
のびのびと過ごしています。

私が一番ショックだったのは
シェルターのスタッフ・ボランティアさんたちの表情!!!
皆、優しくて明るくキラキラしているのです。
日本で真剣に活動をしている人達は

  やってもやっても 底なし沼!!!

疲れきっているのが 顔に出ています。
それでも続ける事で

  1頭でも 救える・・・

そんな思いに 突き動かされているのです。

  こんなに頑張っているのに
   何故 日本は変わらないのか???

今朝の新聞です。

  石原都知事が辞任
  新党結成 国政復帰へ

任期を2年半も残し 辞任するくらいならば
何故 都知事選に出たのか???
無責任すぎる!!!
石原都知事が無駄使いした都の税金は
どうするつもりだろうか???
国政に復帰して 同じような事をするのか???
石原氏は 右翼的なところがあるし
何と言っても 彼は

   大大の動物嫌い!!!!!

おそらく 

   動物愛護法改正

はブロックされてしまいそう。

それと 国民のほとんどの人が知らないと思うが
どんな小さな選挙でも

   億単位の税金

が 使われます。
選挙時に候補者の顔写真を張り出しているパネル。
これも 選挙が終ると 全て

   ゴミ!!!

一度 裏に廻ってみてどんな木材が使われているか、
見てください。
全て 税金です。
サル山のてっぺんの旗取り合戦に
国民の税金を湯水のように使い
仕事は 全然しない。
各専門知識もなければ 勉強もしない!!!
こんなのが 国の物事の

   決定権

を牛耳っているのだから
日本が変わるわけがない!!!!!
3M過ぎる 国民も悪い!!!!!

   無知・無関心・無責任

その結果 受身でしか生きられない

   弱者(動物・子供・年寄り・障害者・病気の人・・・)

が 犠牲になっている。
 
   明日は 我が身

に おびえるよりも

   希望

に向かって生きれるようにするためには
国民一人一人が

   意識・認識

を持って 身の回りの

   自分に出来る事

から始め 続ける事!!!!!

   気がついた時が スタートライン!!!

勇気を持って 1歩を踏み出してほしい!!!!!
絶対に その1歩が笑顔に繋がるはずです。

パパさんのHPが復活したら
オーストリアのシェルターの方々の笑顔も
見れるようにしてもらいます。


    私は 日本が好きです!!!!!
    変わってもらいたい!!!!!

命にブームがある???

メイ、昼過ぎに連れて帰りました。
ジョイの輸血のおかげで
数値も36になりました。
でも 自分で血を作る事の出来ないメイにとって
一時しのぎにしかなりません。
輸血を必要とする間隔も
短くなっていくとおもわれます。

この原因不明の病気は
ダックスに多いそうです。
おそらくは 遺伝性のものでは・・・
過去にコリーのウーが3歳の時に
突然、血小板が無くなる・・・
と言う病気で 余命3ヶ月を言い渡されました。
たまたま 日本には無いアメリカの薬を取り寄せ
闘病生活は大変でしたが
後半穏やかに11歳までは生きてくれました。
ウーの場合も 遺伝性でした。

メイは まだ幸せなほうです。
輸血候補も 後イソ・テツ・まりもがいます。
家族に助けられながら 頑張れます。
普通にダックス1頭飼いのお宅では
輸血の確保だけでも大変です。
お金もかかります。
治る事のない病気です。

吾空の血統は 古くからダックスだけを繫殖している
本当のブリーダーです。
メイの父方の血統は オーナーが
「チャンピオン犬だから。」と交配してしまいました。
まだダックスの数が少ないのに
ブームになりかけた頃です。
血統書が有るから、
チャンピオン犬の子だから
健康で優れた犬ではないのです。
本来「命」にブームなど あってはならないのです。
そのオーナーとは そういった
「命」への価値観の差が耐え切れず 離れました。

人間の

  欲・見栄

の為に

  苦しむ為だけに生まれて来た命達

後を経ちません。

  良心のある方、
  温かい血が流れている方、

  どうかどうか そのような事に
  荷担しないでください。


メイを心配してくださり
メイの為に祈ってくださった皆様に
心から感謝いたします。
今,目の前にメイがいてくれる事を

  幸せ

とし、よけいな事は考えず
諦めず、粘り強くやって行きたいと思っています。
本当に ありがとうございます。


子供達へ

メイ、食欲が落ちて
今日は何も 食べません。
好物のチーズも 吐き出します。
獣医さんと話し
明日の朝、一番で
輸血候補の犬、

 ジョイとイソ

も連れて 病院へ行きます。

もう 限界かもしれません・・・

向こうの子供達に おねがい!!!

 どうかメイの苦しみを
   最小限にしてください。
 そうかメイが淋しがらない様
   皆で 励ましてあげてください。

覚悟はしています。
  いつか その時が来る事を・・・
何度経験しても 慣れません・・・
でも 私は大丈夫だから・・・
いつか絶対に また一緒に暮らせると
   信じているから・・・
   絶対に・・・

「幸せ」とは「巡り合わせ」
だから あなた達と出会えた事が
   私の「幸せ」
あなた達を 愛する事を辞めない限り
   私は「幸せ」でいられます。

なんて・・・強がりかもしれないけれど
それでも 子供達を「愛しい」と思う気持ちは
とめられません。


メイに 後どれだけの時間が残されているのか・・・
出来る限り 普段どおりに
家族の仲で 過ごさせてあげたい。




冷たい雨

秋祭りだというのに
昨日から天気が崩れ 冷たい雨・・・
一気に寒くなりました。

 こんな日に どうか
 仔犬・仔猫、老犬・老猫
  捨てられていませんように・・・
 外飼いの動物達も
  寒さ対策してもらっていますように・・・

と 願っているにもかかわらず
酷い外飼いの犬達を目の当たりに見てしまいます。
パパさんに相談しても

 日本の法律上、何も出来ない。
 「適切な飼育」となっていて
 飼い主が「適切」と言えば
 それ以上は 手も足も出ない。

 やっぱり・・・
 行政に言っても いつも
 「指導」のみで
 何の役にもたたないものね。
 返って 行政に通報した人とトラブル。
 で だんだん見て見ぬふりになっていく・・・

まずは何とか「市の条例」で
取り締まれるようにしたいです。
それには 市民のご理解・ご協力が必要です。
目指します!!!


今日はメイの病院の日。
また 数値が下がっていました。
メイは 体内で自力で血を作れなくなっています。
薬で持ちこたえています。
新しい薬が増えました。
2週間に1度、強い薬の注射になりました。
最初、倒れた時に比べ
平熱になり ご飯も食べるし 良く吠えます。
脱水症状もなくなりましたが ただ歯茎が真っ白です。
主獣医も修行を積まれた方で 説明も丁寧にしてくださいますし
経験豊富なパパさんと その都度話し合いながら
メイの負担を考えながら やれる限りの事をやります。
 
  大切な 家族だから!!!!!

まりもも 左目が癌に侵されています。
転移の心配は ほとんど無いそうです。
最悪の場合は 眼球を取り除き瞼を縫い合わせます。
まりもの様子を見ながら ギリギリまで
自然体でいさせてあげたいです。



またまた 今年も犬達の為に

  毛布

を 集めています。
動物愛護センターの他に
パパさんが手がけた山梨からです。


支援物資のお願い
今回、支援物資のお願いをさせていただきます。
小林さんからご連絡があり、以下の物資が足りておりません。
********
【毛布】
外の厳しい環境で暮らす犬たちのため、小屋の中に敷いております。
タオルケット・ブランケット、また大きさなど・・・。どんなものでも構いません。
もう使わないもの、使い古しのものでも構いません。

これからの寒い季節を越すのに必要不可欠ですが、在庫がまったくない状態です。

********************
ご協力いただける方は、以下の宛先まで送っていただければ幸いです。

《支援物資の送付先のお知らせ》
〒402-0024
山梨県都留市小野974
小林 昭夫(様) 宛  

TEL: 090-9386-8528

********************



どうか 宜しくお願い致します。
長文になってしまいました。
最後まで読んでくださった方、

   ありがとう!!!!!


命日に思う事

10月15日は ジジの命日です。
2011年の10月15日のブログを
読み返してみました。
そしてジジが我が家に来た時の様子を書いた
2011年3月6日のブログも。

ジジは今、小さな器に入り 
寝室でトトと並んでいます。
1階が片付いたら
パパさんの子達と一緒に出来る部屋を作ろう。
で、庭には向こうとこっちが繋がるドアを作ろう。
と 計画しています。
毎月 誰かの命日・・・

我が家の子達は ほとんどの子が

 命の崖っぷち

でおびえていた子達です。
パパさんも言っています。

 たとえ1週間であっても
  美味しいものをお腹いっぱい食べさせて
  夜、安心して眠らせてあげたいね。
 
出会えば 必ず「別れ」が来ます。
「別れ」は辛いです・悲しいです・苦しいです。
慣れる事は 無いです。
平気ではありません。
それでも1頭でも多く 苦しみのまま逝かせたくない!!!
パパさんも私も 同じ思いです。
しかし 抱え込める頭数の限界があります。

  元栓を締めなくては!!!

ペット業界も 考えてください。
今の日本、お金が無いです。
もうバブルのときの様には 儲かりませんよ。

日銀総裁

  注意深く見守ります。
  検討します。

と言いながら デフレが何年続いているのでしょう?
赤字国債、もうどん底です。
世界中から 相手にされなくなっています。

お金大好き愛護団体
災害を期に 政府とつるんで寄付や義捐金で
保護活動もせず 美味しい思いをしています。
中には 海外を巻き込んでいる所も・・・

本当は「動物愛護」なんて
改めてするものではないはず!!!
やって 当たり前の事なのではないでしょうか!!!

誰かの命日に、
夜 ご飯をお腹いっぱい食べて
安心してのべ~と寝ている我が子達を見るたび
そう思ってしまいます。



~おまけ~

パパさんは こだわりの人。
味にもうるさいです。
ですからご飯は 3日に2日は
パパさんが作ってくれます。
美味しかったおかずは メモをとってます。
時々 紹介しますね。

<ししゃもの ネギ焼き>

材料  ししゃも・長ネギ・オリーブオイル
    バター・醤油・料理酒

作り方
 1:長ネギは輪切りにしておく。
 2:フライパンにオリーブオイルをひき
    ししゃもと長ネギを並べ
    中火で焦げ目をつける。
 3:一度火を止め、バターを入れてから
    弱火で味を調える。
 4:醤油をたらし 少ししてから
    料理酒を入れ 
    蓋をして蒸し焼きにする。
 5:中火にして 汁がなくなる一歩手前で
    火を止める。    
    

 おかずにも酒の肴にもなります!
 



「光」の未来を信じて!!!

7日、無事

「マルコ・ブルーノ氏の講演会」

が 終りました。
その日、新居浜市は1週間後の

  秋祭り

の準備一色でした。
そんな忙しい中、参加してくださった方々、

 本当にありがとうございました!!!

45名と言う小規模でしたが
講演会と言うよりも
学校での一クラスの人数なので 
かえって 意味のある

 勉強会

に なったと思います。

 罰金の「XX円以下」の「以下」の意味
 ショップで売れ残った犬達は???での「犬三味線」
 などなど・・・

今後も どんどんやって行きたいです。
写真展は 12日のお昼までです。
今日も 車で片道1時間以上かけて
写真展を見にきてくださった方々がいます。
前もって 電話をいただいていたので
パパさんと行って お話しをしてきました。
本当にありがとうございました。



ここで 本人さんから了解をいただいたので
パパさんの名前を紹介します。

  マルコ・ブルーノ

です。
春に 私が今の家に引越し、
夏に 彼が足立区から引っ越してきました。
おかげで家族が 一気に倍になりました。
犬25頭・猫7頭・鳩1羽・烏1羽・めだかがいっぱい。
犬は 病気の子が2頭それぞれのサークルで暮らしていて
後の23頭は 家の1階と裏庭でフリーで暮らしています。
おおかた 台所・リビングでダラ~と寝ているので
一面

  踏んではいけない 犬のカーペット

です。
事務所だけは 動物立ち入り禁止にしています。

パパさんは今、パソコンを復活させるのに必死です。
まずは この新居浜市を!!!愛媛県を!!!変えていこう!!!
愛媛県動物愛護センターにも 二人で行ってきました。
新居浜市で「リードの会」を支援してくださっている方々に
顔合わせもしました。
現実問題を 一つずつクリアして行こうと話しています。
もう 机の上だけの話し合いや 
デモやシンポジウムなどのパフォーマンスは
無意味です。
本気で活動している人達には 1分1秒が貴重です。
動物達には 時間が有りません。
動物目線で 
まずは 何から手をつけていかなければならないのか!!!!!
やってもやってもキリのない この日本の動物愛護活動に

  ピリオド

を 打つ為に!!!!!
パパさんは言います。

  オレ達が生きている内には 終らないね。
  でも 続ける事が大事だから!!!

私が言います。

  私達は 水戸黄門だから。
  暴れん坊将軍を育てましょう!

「光」の未来を信じて!!!!!



~おまけ~
身内の皆様へ
 やっとマルコ氏の事を公表できました。
 これで彼のHPが復活したら 遠慮無しにやっていきます。
 結束して 日本の未来を変えて行きましょう!!!!!

メイの病気

昨日はメイの来院の日でした。
2週間薬を飲み続けた反応を見る為の検査と
その結果で 今後の治療方法を決めるためです。

今の所、依然と変わりなく
うるさい! 完食! 快眠・快弁!
きっと 薬を飲まなくてもすむ・・・
までもいかなくても 薬が減るだろう!!!
そうパパさんと話しながら 病院へ行きました。

体重も増えていました。
熱も無く 見た目は元気です。
しかし・・・
血液検査の結果は・・・
少しずつですが 数値が下がっています。
今までの事を踏まえ出てきた答えは・・・

 メイは 自分の体内で血が作れない!!!

今は 輸血したエコの血と
薬で 壊していく血のスピードを遅くしているで
何とか バランスをとっている・・・

治る事のない病気です。
今後 輸血と薬でどれだけ支えていけるか???
メイ本人には 病気の自覚がないようです。
我が家は多頭飼いで 刺激が多いのも幸いしているみたいです。

生まれて来た以上は いつかは 死にます。
でも その生きている間に
どれだけの沢山の楽しい思い出が作れるか!!!!!
体の痛み・苦しみはどうにもしてあげられない事もあるけれど
家族になった者達には
心の痛み・苦しみだけは抱えたまま死なせたくないです。

動物病院のスタッフをしていた時、思いました。
病気で苦しみ、亡くなった子も沢山見てきました。
どの飼い主さんも一緒に苦しみ 病気と戦っていました。
深い深い 愛情です。
その時、お互いの器を越え
魂は一つになっていたはず!!!!!
辞書で

 「幸せ」

を 調べると

 「めぐりあわせ」

と なっていました。

 溶け合えるほどの命・魂と出会えた!!!

これが 本当の


    幸せ


だと 思います。

メイと がんばります。
メイが 1日でも長く 穏やかに暮らせるように!!!!!



真剣に 写真展

昨日、10月7日に

 マルコ・ブルーノ氏の講演会

が 行われる

 新居浜市総合福祉センター1階



 写真展「命の光と陰と・・・」

を マルコ氏と展示してきました。

目をそらしたくなるような写真もありますが
これが現実なのです。
現実を認め 受け入れなければ
何もかわらないのです。

今朝の愛媛新聞には

  生体販売の「8週令」

の事が記事になっていました。
「法律」は「政府」は「議員」は
まったく 当てにはなりません。
ドイツでは こんな法律はありません。
国民が 意識・認識して

 幼い子は無理に親から離さない。

を 当たり前の事としているのです。
今の日本の動物達の現状は
決して 法律だけのせいではないのです。
動物と暮らすことも モラルを持って
当たり前の事を 当たり前にしていれば
おかしな法律は 嫌でもかわってきます。
「動物実験」も 簡単に出来なくなります。
皆に

  もっと真剣に「命」と向き合ってほしい!!!!!

  法律のせいにしないで 「精神自立」してほしい!!!!!

気付いてほしい!!!

  バカな飼い主が 動物の「命」をないがしろにしている。
 
  そのバカな飼い主を 腹黒い人間達がお金の為に食い物にしている。

  その腹黒い連中を 思うように操っている大国がある。

今の日本の犬・猫の姿は
実は 我々日本人そのものだという事に 気付いてほしい!!!!!

誰もが 

  幸せになりたい!!!

と 願っている。

  皆、幸せになる為に生まれて来たのだから!!!

でもそれは 誰かにしてもらうのではなく

  自分の足で探しにいかなければ 見つからない!!!

そんな思い出 この写真展を見てほしいです。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。