スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国中央市の犬達の続続続報!!!

四国中央市の犬11頭のうち
今日、1頭が新しい家族の下に行きました。
私のほうも 2名、譲渡してくれる人が見つかりました。

この子達の感染症を心配されている方もいますが
もし 感染しているのならば
潜伏期間を考慮しても 
もう 全頭死んでいるはずです。
病死した子達の症状を聞いても
心配されていた感染症の症状は出ていません。
今日、獣医さんと話してみた所 どちらかといえば
栄養状態の悪さと ストレス。
ここの所の温暖さによるものと思われます。

頑張っている「命」
どうか1頭でも助けてあげてください。
スポンサーサイト

四国中央市の犬達の続続報!!!

今日、マルコと

  愛媛県動物愛護センター

に 行って来ました。
何よりも 犬達の状態が心配で
電話で話を聞くだけでは わかりません。

 譲渡対象の5頭の犬達
   頑張っていました!!!

電話では 

  死んだ犬達はウイルス性の伝染病かも・・・

と 思っていたのですが
実際に管理棟で面会すると
それよりも 栄養状態が悪すぎるようでした。
伝染病の症状は 見られませんでした。
性格も おびえてはいましたが
攻撃性も無く 問題はありません。
この子達のバックグランドを考えると
この状態で当たり前です。
この5頭の犬達、
栄養のある食事をさせ、
安心して眠らせてあげれば
とっても良い家庭犬になるでしょう。

新しく入ってきた6頭の犬達も
元気で 中にはとっても人懐っこくて
私の手を 舐めに来た犬もいました。


所長さんとも 話しました。

  犯人は 絶対に捕まえる!!!

所長さんから 言われました。

  センターに運ばれて来る犬は この子達だけではない。
  どの子も 可哀そう。
  でも せめてこの子達の中で 1頭でもいい。
  助けてあげてほしい。

最初、5頭の内、残ってしまった子を引き取ろう・・・
と 思っていましたが センターから

   一世帯に1頭が 原則

と 言われました。
ですから 残り4頭と 
新しい6頭を迎えてくださるご家族を 探しています。
保留の日数が余りありません。
よろしくお願いいたします。



犬達については 以上です。
所長さんとは いろんな話をしてきました。

  愛媛を 変えたい!!!
  全ての「命」を大切に出来る県にしたい!!!
 

四国中央市の犬達の続報!!!

3月25日に
四国中央市警察の
この事件の担当者と話が出来ました。

  酷すぎる!

と。

  全力で捜査しています。

との ことです。
その言葉を信じて 皆様にお願いです。


   情報提供


を お願い致します。


前のブログで 譲渡できる犬が

   7頭

と 書きましたが
動物愛護センターに 写真が出た犬は

   5頭

でした。
で 昨日センターに電話をすると
さらに 頭数が減っていました。
病気で 次々に死んでしまっているそうです。
奇跡を願うばかりで・・・
おそらく 全頭生存の見込みはないでしょう。
ここまで 酷いとは思っていませんでした。
マルコとも話し合い

  譲渡で残ってしまった犬は
    我が家で引き取ろう。

と 決めていました。
それだけでも 心は苦しく
やりきれない思いでした。


   なのに・・・

またまた 四国中央市で

   6頭

保護されています!!!!!
この犬達も 病気なのでしょうか?
もう 

   怒り

しか ありません。
絶対に犯人を 捕まえたいです。
この

    命

を 軽視している現実を見逃してしまったら
さらに悪化していくばかりです。
それは 人間同士にも広がっています。


  いじめ ・ 虐待 ・ 自殺 ・ 体罰 ・・・


たかが犬の事ではなく

  悪に繋がる芽

は 確実に 丁寧に取り除いて行くべきです。
それに

   犬は好きじゃない。
   動物なんて どうでもいい。

って 人も ちょっと聞いてください。
センターでの殺処分の数は
犬は減ってきていますが
猫は横這い状態です。
この殺処分の諸費用は

   全て皆様の 税金

です。
まだ 生かし優しい社会になるよう
使われるならば良いのですが

   罪の無い命をうばう

のに 税金が当たり前の様に使われているのです。
動物愛護は ただ

   動物が可哀そう

ではなく 深い意味で

   社会問題

だと 認識してください。

四国中央市のこの事件に関して
情報がありましたら
四国中央警察署まで 連絡してください。
(絶対に 冷やかしや面白半分はしないでください!!!)
どうか よろしくお願いいたします。
また 犯人は愛媛県内とは限りませんので
近県の方にも お願い致します。

民間の結束を!!!

四国中央山中などで犬20匹遺棄か
2013年03月23日(土)





【写真】四国中央市で遺棄されたとみられる雑種犬=22日午後、松山市東川町の県動物愛護センター

 シーズーの特徴がある雑種犬20匹が2月末~3月中旬に愛媛県四国中央市の山中など特定地域で相次ぎ見つかり、県動物愛護センター(松山市東川町)が収容していたことが22日、分かった。特徴の似た雑種犬が一度に同じ場所で見つかることは珍しく、同センターは「誰かが一度に遺棄した可能性が高い」とみている。
 センターによると、2月27日に四国中央市富郷町の山中で、シーズーの特徴を持つ雑種10匹を同市の委託業者が捕獲し、3月1~5日にセンターが収容。5~13日にも市民が同様の特徴がある犬を同市の公園などで計10匹発見、15日までにセンターが収容した。
 10匹は22日までに殺処分され、1匹は死んだ。9匹は収容中。毛利靖担当係長(45)は「成犬で人に懐きにくいが、特異なケースだけに当面は譲渡も検討する」としている。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130323/news20130323399.html



今日の<愛媛新聞>です。
3月5日のブログに書いた後にも
犬達の遺棄が 続いていました。
このまま なあなあで終わらせてほしくないです。

  りっぱな犯罪

です。
警察に動いてもらいたいです。
どうすれば 警察がきちんと

   捜査

してくれるか???

今後経済は悪くなる見込み 大 です。
生活が苦しくなったら
真っ先に切り捨てられるのが ペットです。
今後、愛媛が

   犬捨て場

にならないように
早期に 愛媛の姿勢を見せるべきです。
行政も民間の大きな声が後ろ盾にないと
動きづらい部分もあります。
私も月曜日には 市役所・警察署に
どうなっているのかを 聞こうと思っています。
で ダメならば「OOメールか???」
出来れば 警察が動いてくれるよう
協力をお願いいたします。

残った犬9頭のうち 2頭が亡くなりました。
おそらく 悪徳繁殖屋(ブリーダーではないです。)にいた犬達です。
人なれしていない犬や
環境が変わって 恐怖にとらわれている犬もいるそうです。
安易な気持ちでは 譲渡が難しい犬達です。
犯人を見つけ出し、名前を公表してほしいです。




午前中、マホがママとお姉ちゃんとで
遊びに来てくれました。
マホも スーパーの駐車場に捨てられていた子です。
マホも1歩間違えたら センター行きでした。
今は めちゃくちゃ、幸せそうです。

皆、幸せになる為に 生まれて来たのです。


午後に マルコと

 「ひまわりと子犬の7日間」

を 見てきました。


  老人ホームに入るのに ペットを手放さなければならない。

  職員さんたちの 心情。

  何の為の 規則???

  噛まれて 初めてその子の過去が見えてくる。

  ペットは家族???

そのほかにも いろんなことが 頭をよぎりました。


人間、何をしたいのか???
   何を求めているのか???
   どうなってほしいのか???

わからない?????

ひまわりの花を咲かせて!!!

長崎の多頭飼い飼育崩壊の28頭の犬達、
全ての命が繋がったそうです。
協力してくださった著名人はじめ
皆様の思いが繋がり 最悪の事態は免れました。
ありがとうございました。

でも 日本全国では
このような犬達が 
人知れず 右から左へと簡単に流れ
殺処分されています。
この現実を変えない限り
手放しでは喜べません。

そんな中、
宮崎県での実話の映画

   「ひまわりと子犬の7日間」

その主人公<ひまわりちゃん>の事で
大切なお知らせがあります。

  http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/

原案者の方のブログ
  
  「動物達の未来の為に」

どうか この映画を一過性のものにしないでください。
全国に<ひまわりちゃん>はいます。
皆の心に咲いた<ひまわり>を 枯らさないでください。

原案者の方には 私はとっぱちからきつい事を言い続けてきました。
動物愛護活動は 半端な気持ちでは出来ません。
途中で投げ出すくらいならば さっさと辞めてしまった方がいい。
でも彼女は 食らいついてきました。
動物愛護をしている人の中には
助けた動物の数を競い合っている人もいますが
彼女は 手を差し伸べて上げられなかった子への

   罪悪感

と いつも戦っています。
真剣に活動をしている人が
一番苦しむのが この思いです。
日本だけです。
毎日の様にマルコから ヨーロッパの話を聞かされ
本当に辛いです。
動物も助けたいけれど
何よりも この人達を早く楽にしてあげたいです。

一人でも多くの人の心が 繋がりますように!!!!!

長崎・多頭飼い飼育崩壊

「日本に春は来るのか?」
のコメントの返事込みで 書きます。

長崎 Life of Animalさんとは
盲導犬アトム号事件の時に
電話連絡などを させていただいていました。
(アトム号のことは まだ終わってはいません。)
本当に 皆様、動物達の為に真剣に一生懸命に
活動されています。

でも マルコの言葉で言えば

  穴の開いたバケツで 水をすくっているようなもので
   すくっても、すくっても終わりが来ない。

宮崎の山下ゆみさんもそうです。
皆、苦悩しながら

   1頭でも助けたい!

と 必死で、でもその反面

   あの子を見殺しにしてしまった・・・

と 手を差し伸べて上げられなかった子への罪悪感で
苦しんでもいます。
この人達の苦しみは

   
    全て 人災


です。
自分本位な 行政のトップ連中
「金」の欲に取り付かれた業者連中や政治家達
自己満足の為に「命」をもてあそぶ 無知な飼い主達

この長崎の多頭飼い崩壊で 
ここまでにした 飼い主・行政が
罰せられるのが筋で 
犬達の殺処分は
人間として 情けなさ過ぎます。

全国の活動家に考えてもらいたいのですが
保護犬の次の道は 譲渡して家庭犬になるだけではないはず。
タイ国では 国を挙げて優秀な保護犬は
警察犬など仕事を教え込んでいます。
日本でも (ちょっと怪しいのですが)
保護犬をセラピー犬にしている団体もあります。
まあ セラピー犬もAAAやAATなど 
奥が深いので かなり勉強をしなくてはならないのですが
(だた、犬をさわって和やかに時間をすごすのがセラピーではないです。)

   プロジェクト・プーチ
   グリーン・チムニーズ 

を 検索して調べてみてください。
犬の社会的地位を上げ 社会にもっと居場所を作るべきです。
行政に任せていたら アトム号の二の舞です。
私達の社会は 政治家達の所有物ではありません。
動物愛護活動家にも 一般の人達にも
半歩でいいから 前に進む勇気を持ってほしいです。
行政の中にも 一生懸命な方はいます。
その人達と結束して 自分に出来ることで参加して
この長崎の犬達を助けてあげてほしいです。
我が家は 現 犬26頭、猫10頭で
身動きが出来ないのが悔しいのですが
未来を変える為にも 皆にお願いしたい!!!




昨年11月に
 
 県の動物愛護推進員

の募集がありました。 
締め切り間じかになっても
応募が1件も無かった為 
<せっかくの取り組みなのに もったいない。>
と思い 応募しました。
ギリギリもう1件応募された方がいたらしいですが
私の面接の時、

  「応募した きっかけは?」



  「県が本気で取り組むということは
    それだけ仕事が増え、責任が重くなるということですが
   県がその覚悟でやるのならば
    私は 全力でお手伝いしたいです。」

と 言ったら 落とされました。
私の活動関係者にそれを言うと 苦笑いしながら

   「落としたのが わかる気がする。」

と 言われました。
一県民の方が 動きやすいので良いのですが
県庁に対して がっかりです。
これからの県の動きを じっくりと見て行きたいです。

日本に春は来るのか?

朝、鶯の声で目が覚めました。
昼間も まだ北風が冷たく寒いですが
ちゃんと春は近づいて来ているのですね。

  日本の動物達にも
    春は近づいて来てくれているのでしょうか?

今朝の新聞に「TPP」のことが書いてました。
参加する事によって 
日本の自給率は30%を切るそうです。
海外から無税で物が安く入ってきても
消費税が上がります。
私達、国民の生活の厳しさは変わりません。

例えば 小麦が全輸入になって安くなったからと言って
決して パンは安くはならないでしょう。
ガソリンのことを考えてください。
皆、何か忘れていませんか?
それに 「円安・円高」にあわせての
ガソリンの値段の動きを調べてみてください。

JAは「米の値段を安定させる為。」と
農家に減反させて 土地を遊ばせています。
 
  海外からの安い食料。
  自給率の低下。
  減反。

そのくせ政府は

   「クール・ジャパン」
     (カッコイイ日本)

として 日本の伝統・文化を海外に売り込む!
で アニメやメイド喫茶などを紹介するそうです。
(バカすぎて 恥ずかしいです。)
政府は 自分達目線で物事を決め、
国民の真の生活を見ようともしていません。
今から もっともっと生活は厳しくなっていくでしょう。
動物どころでは なくなってくるでしょう。

ペット産業から来る 政治資金は大きいです。
ですから 今後も元栓を締めるための愛護法など
間違えても 出来ません。
皆の願いのこもったパブコメは 集まれば集まるほど

  「はい、多くの国民の声を受け取りました。
    で、真剣に検討したところ、こうなりました。」

と 自分達の言い訳にしてしまいます。
マルコは何年もこの繰り返しを見てきて
ホトホト、あきれています。
それでも 動物達には何の罪もない!!!
国民一人一人が

   意識・認識

を 変えていかなければ
日本は何も変わりません。

  ちなみに 以前書いた
   「日本の借金時計」
  2013年3月16日
   17時16分現で

 日本の借金      935兆3213億縁以上
 国民一家庭の負債額  1800万4087円
   1秒ごとに額が増え続けています。


こんな中 真剣に動物愛護活動をしている方は
本当に苦悩しています。
どんなに小さな事でもいいです。
手伝ってあげてください。
よろしくお願いいたします。


  盲導犬アトム号の事で頑張ってくださった団体

   http://ameblo.jp/life-of-animal/entry-11151600802.html
    長崎 Life of Animal

  1頭でも助かる様 協力をお願いいたします。

地域猫の耳先カット

昨日、愛媛県動物愛護センターの

  犬の譲渡会

に 参加してきました。
いざと言う時の為の
譲渡権利を得る為に行って来たのですが

 平成23年度の愛媛県での殺処分数
  
   犬 1517頭
   猫 3888頭

      合計 5405頭

ため息がでました。
犬の数は減っているのですが
猫の数は センターが新しくなった
平成15年から 横ばい状態です。
ほとんどが 子猫の数です。

愛媛ではまだ「地域猫」は やっていません。
まずは新居浜市で よい事例を作ろうと
昨年からマルコと 水面下で動いています。
マルコは東京で「地域猫」を 何も無い所から確立させています。
慎重に確実にやって行きたいと思います。

日本では「地域猫」=「耳先カット」が
当たり前の様に定着してきていますが
動物愛護先進国のヨーロッパの仲間に
地元の人達に

  「耳先カットをどう思うか?」

を 聞いてもらったところ やはり

  「虐待・野蛮・可哀そう・信じられない」

が ほとんどの答えでした。
ヨーロッパは 野良猫がいたとしても
日本とは

  「意識・認識」

が 違うので 上手に共存している違いがあるからでしょう。
「耳先カット」はアメリカが発祥地です。
「命」に「合理化」は 使いたくないです。

私もマルコも「耳先カット」は 考えていません。
麻酔が効いている間に 

   「耳にイレズミ」

を する予定です。
三角耳は 猫のチャームポイントでもあります。
公園に遊びに行って 耳先の無い猫ばかりいたら 
子供達にどう説明をするのでしょうか?

  「野良猫だから 仕方がないのよ。」

では 

  「理由があれば 何をしても良い。」

に なる可能性があり 教育によくないです。
出来る限り

  「自然体」

で いられるようにしていきたいです。

共存は 本当に難しいです。
猫が好きな人、嫌いな人、どちらでもない人、
それらを超えて 共存できて当たり前の社会になってほしいです。



~おまけ~

ekoブログが 検索で出るようになりました。
エコやブラウンの写真も載せています。
プロフィールの写真は 大昔の写真です。
あしからず。

こたえてあげたいのに・・・

せっかく1年がかりでリハビリを続け
右腕が使え出したのに
今度は 左腕が同じ状態になってしまいました。
で またまたリハビリに通っているのですが・・・
今朝の事。


我が家は 小山のふもとにあります。
病院までの近道は 山越えする事。
県道として整備されているので 走りやすいし
結構交通量もあります。
のぼりを走っている時
すぐ横に 犬が・・・
少し先に車を止め
ゆっくり歩いて近寄ってみました。
私に気が付くと 距離を置いて山に入り
座ってこちらを見ています。

 「おいで」

と 言いながら手を差し出すと
迷いながらも 2~3歩寄って来ました。

 「しめた!」

と 思った時に
間を走りぬけた犬がいました。
すると立ち上がり
後を追って行きました。
でも ギリギリのところで立ち止まり
私をジーと見ています。
口笛を吹くと 
その場でウロウロし始めました。
でも 結局はもう1頭の後を追って
山の中に消えていきました。


先月末に この子達を
山の反対側の下りで見ています。
様子から見ても
この子達は間違いなく

   捨て犬

私を見ていた子は
人間の温かさ、優しさを知っている子です。
まだ 心のどこかで人間を信じている子です。
もし この状態で行政に捕まれば

  迷子犬ではなく 野犬

として 扱われるでしょう。
我が家の状態からも どうする事もできません。
雪や小雪の様に 縁があってくれたらと
願う事しかできません。

悲しいです。
悔しいです。
ひとかけらでも人間を信じてくれる気持ちがあるのならば
こたえてあげたい!!!

でも これも

  日本では珍しくない話し!!!

悲しんでいても はじまらない!!!
元栓を 締めなきゃ!!!
逆算して できる事からやらなきゃ!!!


小雪も 表情が出てきて
他の子とも遊ぶようになりました。
私の手も 舐めたり軽く噛んでみたりしています。

本当は シェルターがほしいけど
今の日本でそれがあると
かえって 

   悪徳業者
   悪徳政治家
   悪徳愛護団体
   無責任な飼い主

の 温床になってしまいますから。
日本人に 変わってもらいたい!!!!!




  ~追加~

先日 愛媛県動物愛護センターで
収容されている犬達の事を書きました。

 四国中央市富郷町上猿田

同じ場所で 同じタイプの犬達が
さらに4頭保護されています。
どうみても 飼い主は同じ人!!!
動物愛語法に基づき
なぜ、警察は 行政は 動かないのでしょうか?????

ekoのブログに願いをこめて!

http://ameblo.jp/inotinohikaritokageto/

アメーバーブログをはじめました。
と言っても
今まで書き溜めた

  メッセージ
  ボクは太陽

などを たんたんと書いていくつもりです。

自分が生まれて来た意味?
どこに向かって進めば良いのか?
自分自身と向き合う為に書いてきたものです。

今、こころが迷子になってしまったり、
立ち止まって動けなくなってしまったり、
自分が壊れそうになったり、
そんな人達の「光」を見つけ出すきっかけになれば・・・


  幸せは 心の豊かさ!

  皆、幸せになる為に生まれて来たのだから!

皆が自分を大切に生きられますように!!!!!



~おまけ~
写真はエコちゃんの若い頃です。

ゴン

2月22日に書いた子の名前は

  ゴン

です。
木曜日、ゴンのいた庭は
ぬかるみには新しい土が入り
木々は綺麗に剪定されました。

 どうせならば
 ゴンが元気な内に
 そういった環境を
 整えてあげてほしかった・・・


愛媛県動物愛護センターのHP
 http://www.pref.ehime.jp/h25123/4415/mayoi.html
の「迷いいぬねこ情報」を見て下さい。

3月3日には西条市福武(市民の森)で
「梅祭」が開催されます。
この公園は 山をそのまま公園にしているところで
民家があるようなところではありません。

そして四国中央市富郷町上猿田で保護された子達!!!
6頭。
どう見ても 同じところにいた子です。
本来ならば

  動物愛護法

に基づき 警察が動くべき状況です。


  皆皆「命」ではなく
   「物」なのですね・・・

春は引越しシーズンです。
また多くの「命」が」犠牲になるのでしょう・・・



今朝の新聞に書いてありました。
安部内閣は

  武器を日本で作り輸出する事を
   例外として認める。

と。
唯一の原爆被爆国として
先頭に立って

   「平和」

を訴えなければならない国が

   「命を奪う道具」

で 金儲けをする・・・
国のトップがこれならば
国民だって「命」を「命」と思わないでしょう!!!
日本と言う国を知れば知るほど

   もう、救いようがない・・・

悲しい気持ちでいっぱいです・・・
これから生まれてくる

    「全ての命達」

に 申し訳ないです。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。