スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適正管理???

野生生物の保護中心から生息数「適正管理」 シカやイノシシなど駆除しやすくする法改正

J-CAST ニュース


野生動物による「食害」が深刻化する中で、安倍晋三内閣は、生息エリアが広がっているシカやイノシシなどを駆除しやすくする鳥獣保護法の改正案を2014年3月に閣議決定して、開会中の通常国会に提出した。
「減らすべき鳥獣に対する取り組みが不十分だった」(石原伸晃環境相)として、法律の名称自体を「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」から「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に改め、生息数を適正規模に「管理」することを明記している。これまで野生生物の保護に重点を置いてきた鳥獣行政は大きな転換点を迎えた。

法改正の最大の理由は、各地で農作物などが食べられる「食害」の拡大。農林水産省によると、農作物被害額は2009年度以降、年間200億円を上回り、2011年度は226億円に達する。特にシカによる被害は2000~2007年は年間40億円前後で推移していたのが、2010年度には78億円、2011年度には83億円と急増している。イノシシも2011年は62億円で、シカとイノシシで全体の6割を占める。また、貴重な高山植物など生態系が荒らされる被害も年々、深刻化していて、全国30の国立公園のうち20カ所で被害が確認されている。
実際、シカなどの増加は著しい。環境省は2013年8月、1989~2011年度に捕獲された数などから、シカやイノシシの数を初めて推定。2011年度の全国のシカの数(北海道を除く)は、推定の中央値として「261万頭」とした。1989年度は30万頭と推計されるので、約20年で9倍近くに増えたことになり、このペースでいくと、2025年度には500万頭に達するという。このほか、北海道のエゾジガは道が約64万頭、イノシシは88万頭と推定されている。

ハンター人口減で捕獲伸びず
なぜシカは増えたのか。明治から昭和初期にかけ、乱獲で生息数が激減したことから、戦後は一貫して保護政策がとられ、分布エリアが拡大。戦後の造林で多くの木が伐採され、餌となる下草が増えた一方、オオカミなどの天敵も絶滅した。さらに、近年は農山村が過疎化、高齢化で耕作放棄地が広がってシカなどの生息域が広がる傾向に拍車がかかるほか、温暖化により積雪が減り、子ジカが冬に生き延びやすくなったことも要因と指摘される。
一方、2011年度のシカの捕獲数は北海道を除き27万頭にとどまる。ハンターが減っていることが大きな要因で、1975年に狩猟免許を持つ人は51万8000人いて、年齢層も30~40代と若い人が多かったが、2010年には20万人以下に落ち込み、しかも60歳以上が多数を占め、高齢化は深刻だ。
改正案は、数が著しく減少して保護すべき鳥獣と、数が著しく増加し又はその生息地が拡大している鳥獣の2種類に整理し、後者については都道府県が鳥獣の管理計画を定めるとしている。その上で、一定の技能を持ち、適切な安全管理ができる専門の「鳥獣捕獲等事業者」を都道府県知事が認定する制度を創設し、高い技術を使った効率的な捕獲を促す。安全が確保される場合に夜間の猟銃使用を認め、また、住宅地でも麻酔銃による捕獲を可能にする。網や罠を使った狩猟の免許の取得年齢を20歳から18歳に引き下げることなども盛り込んだ。特に鳥獣捕獲等事業者については、趣味の狩猟者頼みを脱し、プロによる効率的な捕獲につながると期待されている。

専門家を都道府県に配置することも重要だ
ただ、実際に効果を上げるには、狩猟者だけでなく、多くの人材の確保が必要というのが関係者に共通する見方。例えば、日本自然保護協会は、(1)捕獲圧を高めることによって、ツキノワグマやその他希少動物の錯誤捕獲の増加や、鉛弾の増加に伴う猛禽類などへの鉛中毒の増加が懸念される(2)民間事業者の事業を調整し、地域全体の野生動物管理を監督する行政官の野生動物管理の知識と経験が必須――などとして、認定事業者を監督する専門家を都道府県に配置することを要望している。こうした人材は一朝一夕で育つものではなく、息の長い取り組みが必要だ。
そもそも荒れた里山の環境を回復し、耕作放棄地を有効に活用するなど、長期的に生態系全体の保全を考慮して山の環境を整えていくことが重要になる。そのためにも、野生動物の分布状況の調査など科学的なデータの蓄積も欠かせない。
法律という「仏」ができたとしても、それに「魂」をいれるには、課題が山積している。



果たして これが「鳥獣保護法」と 言えるでしょうか?????

   なぜ、こうなってしまったのか???

天敵のオオカミが滅びたのは なぜ???

 「農山村が過疎化、高齢化で耕作放棄地が広がってシカなどの生息域が広がる傾向に拍車がかかるほか」

この部分で 抜けている部分があるのでは!!!!!
元々人間が 奪っていた生息地でしょ。
元に 戻っているだけであって 増えたわけではないです。
本来自然は バランスよく出来ています。
それを壊したのは 人間!!!!!

一番引っかかるのが

 「網や罠を使った狩猟の免許の取得年齢を20歳から18歳に引き下げることなども盛り込んだ。
  特に鳥獣捕獲等事業者については、趣味の狩猟者頼みを脱し、
  プロによる効率的な捕獲につながると期待されている。」

あたま数が揃えばよいと言うのでは 先が恐いです。
こんな安易な価値観・考えで 想定外の影響・結果が出たときは
誰が 責任をとるのでしょうか!!!!
命ですよ。
あたま下げて

    再発防止に勤めます。
    適切な対処を・・・

で 済ませられないです!!!!!

政府の考え方・方針は いつも


     取らぬ狸の 皮算用
  
  (まだ捕まえてもいない狸の皮を売ることを考えること。
   手に入るかどうかわからないものを当てにして計画を立てることのたとえ)


です。
もっと 視野を広く持って 勉強をした上で
明確に正しく、物事を進めていって欲しいです。



スポンサーサイト

マイクロチップ

1頭でも「殺処分」をさせない為に
今、マイクロチップの推進にチカラを入れています。

市行政や動物愛護センターのHPに載っている写真には
首輪の付いている子が多いです。
迷子になっても 探し方を知らない人も多いです。
東北の災害の二の舞はしたくないです。(間に合って欲しい!)

で 身近なとこで こちらの記事



4月25日は「拾得物の日」。1980年、大貫久男さんが現金1億円を拾って大きな話題になった日です。

では、拾われた犬猫たちはどうなるの?
2007年12月10日、「改正遺失物法」が施行され、従来、迷子の犬猫は警察で6カ月保管していたのが、3カ月に短縮されました。

さらに「所有者が判明しない犬猫」の場合は、遺失物法が適用されず、直接、保健所や動物愛護センターに引き取られることに。身元不明のままだと、ここでの抑留期間は通常3日間、長くても平日5日間(土日を挟んで7日間)前後で処分されてしまうことになります。

迷子になったら、様子を見ている余裕はありません。すぐに保健所や動物愛護センターに問い合わせ、その後、念のために警察に連絡を入れましょう。
そして、何よりも普段から、鑑札や迷子札、マイクロチップなど身元確認のできるものを装着しておくこと!
   なるほど。

と さらっと読んでしまってる人も多いはず。
ちょっと待って。
おかしい!!!!!
ここ、


<<「所有者が判明しない犬猫」の場合は、遺失物法が適用されず、直接、保健所や動物愛護センターに引き取られることに。身元不明のままだと、ここでの抑留期間は通常3日間、長くても平日5日間(土日を挟んで7日間)前後で処分されてしまうことになります>>


物扱いばかりされている犬猫が 
どうしてここでは物ではないのでしょうか???
(補助犬なんか可哀そうなくらいの物扱いです。)
なぜ、警察、保険所、動物愛護センターで
3ヶ月、飼い主が表れるのを待ってくれないのでしょうか???
マルコがよく言っています。


   コンビニで売っているビニール傘でさえ
   3ヶ月は保管するくせに なぜ動物は・・・

日本の動物愛護法も 動物を守るのではなく

   人、または人の財産を動物から守る

と されています。
こんなおかしな社会から
家族であるペットを守る為にも
是非、マイクロチップを装着してください。




人間、まだまだ!!!

写真が載せにくいので
ついつい アメブログばかりの更新になっていました。
で 思いついたのは こちらには

  動物ニュース

を 見つけて発信しようかな・・・と。
では こちらを。
まだまだ 人間捨てたものじゃないですね。


 <<高知県でおぼれる老犬を救助 四国銀行員が迅速に対応>>

高知新聞


助かって良かったね―。高知県安芸市中心部を流れる江ノ川で3月、おぼれる老犬を四国銀行安芸支店の行員たちが救助した。犬は一時、心肺停止状態に陥り衰弱していたが、無事に回復して飼い主の元へ。行員らは「長生きしてほしい」と見守り続けている。


 3月19日夕方。外回りから四国銀行安芸支店に帰った杉藤望さん(27)がミニバイクに施錠していたところ、動物の鳴き声が耳に入った。
 「『うわぉー』って最初は犬とも分からなかった」が、安芸支店南側の江ノ川沿いを少し歩くと、ぐったりして流される犬を見つけた。走って支店に戻り、「犬がおぼれている。助けてください」。
 同僚4人が駆け付け、山崎隆義副支店長が「私が行かないと…」と、率先してスーツのまま川の中へ。びしょぬれになりながら引き上げた。
 だが、心臓は止まり目も開いたまま。誰もが「間に合わなかった」と肩を落としていると、犬は徐々に呼吸を取り戻した。すぐさま、動物病院に搬送。一命を取り留めた。
 同じころ、安芸支店近くに住む看護師、中真貴さん(48)は雌のシバイヌ、メリーがいないのに気付き、家族で捜し回っていた。16歳と高齢。白内障で認知症もある。大丈夫かと心配な夜を過ごした翌日、安芸福祉保健所に問い合わせると、川に落ちたシバイヌが入院したとの情報が入っており、所在が分かった。
 後日。中さんが病院に行くと、驚きの出会いが待っていた。
 杉藤さんら安芸支店メンバーが「飼い主がいないだろうから」と治療費持参で来院。杉藤さんは「飼い主が見つかるまで飼おうと思っていた」とも言った。中さんは「そこまで手を尽くしてもらって…」と感激しきり。「これで最期まで世話ができます」と頭を下げた。
 杉藤さんは今も時々、元気になったメリーの様子を同僚と見に行っている。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。