スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬たちをおくる日」

今、

 「犬たちをおくる日」

が 多くの大人たちに読まれるようになりました。
火付け役は

  「朝日新聞」

の様です。
愛媛の朝日新聞で 動物愛護を追いかけてくださっているNさん。
彼女は若いけど 熱心で真直ぐで優しい女性です。
お仲間の一人です。
彼女が1月8日に乗せてくださった記事が
大阪の朝日新聞社の目にとまり、
大阪での記事が 東京の朝日新聞社の目に止まり
そして 今度は九州の朝日新聞に載るそうです。

「犬たちをおくる日」は 
現代人にとって 襟を正し己を見つめ直し
人としての生き方を考える為の 「聖書」かも。
ディズジャパンのO氏に始まり
私を通じてどんどん 点と点が繋がって
いろんな人が巻き込まれて行っています。
これは きっとセンターから虹の橋に行った子達の
仕業としか思えません。
私は ただの媒体にすぎません。
今まで何度、死にかけても
ギリギリのところで 連れ戻されてしまう。
この為だったのかとも 思います。
今度の引っ越しも その流れと感じています。
私は ある方に

 ブッタの中の「大河の流れの中の 一枚のこの葉」
 行きつくところまで行くまでだ。

と 話しました。
きっと 犬達も同じだと思います。
だから 

  誰かを嫌いになるより、
   誰かを信じている方が 幸せだよ。

過去よりも 未来よりも
今を大切に生きているんだと、
どんなに理不尽な目に遭っても
これが自分の運命と 受け入れるのだと・・・


「犬たちをおくる日」は
ただ 犬・猫が可哀そう。助けてあげて。

だけで 書かれているわけではありません。
第二段の

  「ちいさな命」

も 是非読んでみてください。
他にも 皆に大切な事を伝える為に
今西さんは 全身全霊をかけて
沢山の本を書いてくださっています。
どうか 未来を変えて行くのは
自分自身だと 気付いてください。



愛媛県新居浜市では 

  明屋書店:西の土居店

が 「犬たちをおくる日」
  「ちいさな命」
全面協力で 可能な限り在庫を確保してくださっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どちらも探してみます!

No title

めぐみ様
明屋書店に市の土居店では
入って右奥の「児童図書の部屋」の 右寄りに置いてくれています。
レジで聞いても すぐに教えてくれますよ。
是非 読んでみてくださいね。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。