スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を 変える為に!

悲しい お知らせです。
センターの ラブちゃん、亡くなりました。
本当なら 今日、新しいパパの家に行くはずでした。
なのに・・・

昨日 様子がおかしくなり
検査をすると

  「パルボ」

春先は 多いです。
治る可能性も大きいし
成犬ですので 大丈夫と思っていたのですが。
まさか・・・

新しいパパは「パルボ」と聞いても

  連れて帰って 看病します。

と 病気の事をネットで調べたり
動物病院に 相談したりしたうえで
センターに 行ってくださいました。
なのに ラブちゃんは急変し
パパが言った時には もう冷たくなっていたそうです。

「光」のドアの ドアノブに手がかかったのに・・・
我が家の「ひな」の時と同じです。
ちょっとおかしいな。と言う位だったのが
急変して あっという間に亡くなりました。

あの時は 2か月の赤ちゃん犬も 同じようになり
病院を変え 10日間、注射を朝晩打ちに
片道50分位かけて 通いました。
朝の時は インターフェロンを薄めた注射も打ちました。
赤ちゃん犬は 助かりました。

ラブちゃんの場合、悪い要素が重なってしまった結果です。
せめて 元飼い主が ワクチンを打ってくれていたら・・・
潜伏期間を考えたら
せめて 市で保護された時 さっさと引き出せていたなら・・・
せめて 市が もっと気を付けていてくれたら・・・
もし 法律が犬を物ではなく「命」として見て
「命」を 優先してくれる法律だったら・・・

パパもお姉ちゃんも センターの人も 泣いていました。
ラブちゃんの為に 泣いてくれました。
私達は この涙をこのまま終りにしては いけないのです。
未来を 変えなくてはいけないのです。
「可哀そう」だけで 終わってはいけないのです。
同じ事を繰り返さない為には

   法律を変える!
   皆が 意識・認識を 変える!

各市の窓口の担当の方も 現実を受け止めてください。
自分達が 送った犬達がどうなるのか
その目で その耳で その手で 受け止めてください。
出席した慰霊祭の重みを 知ってください。
どうか センターの職員さん達と 足並みをそろえてください。

愛媛県知事へのメールと回答が 見れます。
昨年12月。

どうか 立場も 見栄も 縦割りも捨てて
皆で 未来を変えて行って下さい。
それが 人として責任を負う事でしょう!
人だからこそ 出来る愛でしょう!
人にしか持てない プライドでしょう!


  ラブちゃん、ごめんね・ごめんね・ごめんね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

恥ずかしながら、私は『パルボ』という病気をつい最近知りました。
千葉のセンターでも沢山のわんちゃんたちが亡くなっています。
引き出すために、検疫をかけてもらった後に亡くなったりと。

前の飼い主が、ワクチンさえ打ってくれてればこの子たちがこの病気で亡くなることはなかったのに・・・

ラブちゃん、ごめんね。
人間が全て悪いんだよ。
ラブちゃんは何も悪いことしてないのに・・・

No title

エルフまま様
こういう子、結構多いです。
やるせないです。
パパも「また 紹介してください。」って 言ってくださいました。

パルボに関しては 表には出てませんが
ブリーダーやペットショップでも多いです。
そして 餌やりさんがいる 野良集団でも・・・

「命」を「命」として きちんと扱ってくれる社会になってほしいです。
そうする事が 死んで行った子達への
一番の「供養」になるはずですね。

No title

すぐそこに「光のドア」があったのに、
残念でなりません。
冷たいコンクリートの上で逝ってしまったのですね。

せめて新しいパパさんの腕の中で、優しさを携えて
天に昇ってほしかったです。

No title

病気だから捨てたのでしょうかねぇ?
飼い犬が居なくなったら必死で探すでしょうに・・・!!!
最後まで面倒を見れないのならそれなりの努力をしてほしいものです
このラブちゃん、これから幸せになれる希望の矢先の出来事で何とも言葉がありません

でも名乗りを挙げてくれたパパさんが居たという事がせめてもの
はなむけになったと思いますし、そう思いたいです

それにしても捨てられる犬の多い事!
安易に捨てる人間に呆れますし、腹が立ちます
そんな人にはどうぞ、、犬罰があたりますようにといつも願ってます

エコちゃんの母さん~♪
先日の記事の

『でも 同じ死を迎えるのならば
コンクリートの中よりも
布団の上で 仲間に囲まれ
光の中で 逝かしてあげたい』

今でもたくさんの犬を抱えているのに
この気持ちに涙が止まりませんでした
今も泣いとります

No title

増えた・・・ と  

無責任ですが うれしかったんです。 


残念です・・。

No title

TOSIE様
パパさんも お姉ちゃんも
「犬たちをおくる日」のセンターのKさんも
「あの子に 何もしてあげられなかった。」
と 大泣きでした。
ゴールデン爺様が一緒に居たので 守らなければと
センターの方達は念入りに消毒をして心身共に
くたくたになっていました。
本当に 残念でなりません。

No title

アミィかあ様
どうすれば この様な事に終フ点が打てるのでしょうか?

今センターには 成犬譲渡として
コーギーとスプリンガーだったかな?
里親さんを 待っています。
期限がせまっているので 心配です。
県が もっとセンターの職員さんに検眼を与えてくれたら
自体は違ってくるのですが・・・

No title

カンタんちのおばちゃん様
この狭い部屋に
今でさえ ギャーなのに
ゴールデンの 爺様も住まわ誘うとしています。
本当は 2頭一緒に引き出したかったです。

残念でなりません。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。