スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支え合って「人」になる!

先日お知らせした
新居浜市で保護されたゴールデン。
29日、県動物愛護センターに 輸送されました。
お仲間と 必死で里親さんを探したのですが ダメでした。

今日 お昼にゴールデンの様子を聞く為に
センターに電話をしました。
何にもない時に 急に鳴きだしたり
ずーと 酷い下痢をしているらしいです。
老犬かも・・・
新居浜市に聞いた時は それほどの年齢では無いと言っていたのに・・・

私が 一番心配しているのが

   ストレス

以前保護した 
  目の見えない老犬「花子」。
おまけに 栄養障害、脳障害、痴呆。
急にカン高い声で鳴きだしたり
同じところを くるくる回るだけ。
誰が見ても よく持って2~3カ月しか生きられないだろう。
って・・・

でも花子は 皆と一緒に暮らし
らんま猫に面倒を見てもらい
だんだんと元気になって
時には 真直ぐに歩く事も出来て
名前を呼ぶと 一生懸命に足元にたどり着き
そうしながら 1年半、生きました。
最後は 呼吸はしてないけど
脈が打ち それもだんだん弱くなり・・・
本当に「命のろうそく」の 芯まで燃やしつくした様な最後でした。
きっと 花子はうちの家族になって 幸せだったから
「奇跡」が 起きたのだと思っています。

センターで「パルボ」で亡くなってしまったラブも
このゴールデンも(譲渡は難しいとの事)
環境の変化・不安などで マイナス要素が増えてしまったのでは・・・
犬は 想像以上に デリケートな生き物です。
最近、市で保護された犬は 老犬ばかりです。
飼い主は 探していないのでしょうか?
それまでの その犬との生活は 何だったのでしょうか?
そして行政も「動物愛護」を掲げるのならば
「物」ではなく どんな場面でも「命」として 扱ってほしい。



神戸の震災では 保護した犬達も
最後の最後に 行き場が無い犬は
「安楽死」と なりました。
頑張ろう!
助かる「命」は 助けよう!
人として 「愛」と「責任」を
形にしよう!
「人」と言う字は 支え合って「人」になっている。
それは「感謝」と「思いやり」が 支え合っている。
こんな時だからこそ 「人」としての
「プライド」を 取り戻そう!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。