スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち上がれ 民衆!

日が経つにつれ 被災地の動物達の情報が入って来ます。
それが 良いのか悪いのか 私は言えないけれど
ただ思う事は この国は学習能力が

      無い!

地震大国 日本!
いつ どこで 今回の様な災害が起きても おかしく無い。
今まででも 起きて来た。
なのに いつも同じ事、
少し想像力を働かしたら 想定できる被害、
で 今回もあたふたして 迅速な対応・対策が出来ていない!


バスで ペットと共に避難していた人達に
山の中で バスを止め

  「動物達を ここでバスから降ろしなさい。」

そう 山の中に捨てろと言うのです。
飼い主に 迷う隙も 反論する隙も与えない!
きっとここで 動物達を手放した飼い主は
一生抱え込む 深い深い心の傷になるでしょう。

なぜ廃校などを ペットと一緒の避難場所にできないのか?
それは 現都知事が 動物嫌いで 許可が出ないから。
大島の噴火の時も そうでした。
人間優先なのは解るけれど 方法は有るでしょう!
日本の 一番ダメなとこ。
行政のトップのお伺いがなければ 何も動かせない事!
迅速さに欠けるのは その辺か?
俗に言うXX組の 恐いお兄様達。
今回も 神戸の時も さっさと現地入りして 動物達を救済しています。
下っ端は 解らないけど 上の方々は仁義が有り
日本魂を持った 心優しい侍が まだまだいらっしゃいます。

天皇陛下ご一家も 迷い込んできた犬や猫を飼われ
今回の計画停電に合わせ 皇居の中も電気の使用を自粛されています。
国の代表と言いながら コロコロと変わる総理よりも
本当に 国民を愛し、日本を守ろうとしているのは 陛下だけだろうと思います。

今回の災害は 本当に悲惨だけど
言いかえれば 日本が変われるチャンスかも!

   真の民主主義

に なってほしいです。

ペットと一緒の避難など 行政がダメならば
民間企業で 空いている倉庫など 提供してください。
その方が 物資なども送りやすいし 支援しやすいです。
そして 情報収集・発信の為の基地を作ってください。
地方とも パイプを繋ぎ 全国で一つになってほしい。

動けるものならば 動きたい!
今回 動物を救済するのは 長い目で見て
人々の心を救う事になるのです。
ヨーロッパ並みの「動物愛護」になるかどうか
今が 正念場です。


本当に もっと動きたい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分でコメントするのも変だけど
さっき 思いました。
恐いお兄さん、陛下の事を書いたけど
決して決して 「XXく」を支持している訳では有りません。
こんな時だからこそ いろんな壁を越えて
一つになりましょ。
  頑張れニッポン!

No title

わかりますよエコままの言ってらっしゃる事

命を惜しまず・・・って言葉が、今適切であるのかどうなのか解りませんが
本気で考えて、救済をしてるかって事です
少なくとも被災された方々や、現地で救援活動してる方々は本気で頑張ってます
政治的な駆け引きや、自分達の体裁なんてどうでもいい
全ての命を、同じ命と考えてほしいです

でも、一番情けないのは・・・何もできない自分です。

No title

一期ママ様
「命」は 惜しんでください。
「命」があって 元気じゃないと何もできませんから。
この世には 無数の盤が有って その盤には無数の歯が有って
歯車として 他の歯車とかみ合いながら周り
そうやって社会が作られ 動いているのだと思います。
一期ママも私も「動物愛護」と言う盤の一個の歯にすぎません。
それぞれに持ち場が有って はじめて上手く回ると思っています。
マルコさん位になると 盤を動かす 軸だと思いますが。

一期君の写真眺めていたら
「がんばろ!」って エネルギーがわいてくる!
私だけじゃ ないはず。
そんな一期君にしたのは ママの愛と優しさだよ。
一期君の笑顔を守る事が ママの持ち場・役目で
ママと変われる人は いないよ。
チームワークで頑張って行こうね。

No title

動物は二の次になりますからね・・・
私たちにとっては、人間もわんこ達も同じ家族で同じ命!
まだまだわんこたちに対しての意識や考え方が古く、このようなことが起こると余計にその現実を知ってしまいますね。

もっともっと、犬猫たちが住みやすい世の中になってくれることを願うばかりです。

No title

エルフまま様
犬猫達が住みやすいと言う事は
人間が穏やかに 暮らしていると言う事。
犬猫達は 人間の「平和のバロメーター」なんですね。

今回は原発にしろ
今までの胡坐をかいた怠慢さが ボロボロ出てきています。
力も無いのに 良いとこ取りばかりして来た「つけ」ですね。
本当に「砂の上の城」です。

「命」一つになってしまった 人・動物達、
出来る限りの園獣尾をして行きたいです。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。