スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「命の光と陰と・・・」問いたい!

被災地に置き去りにされたペット達、
やっと 皆が声を上げてくれ出しました。
私もですが 動物好きの人間は
最初、津波の災害だったので

  「人間優先」

と 我慢して

  「今、出来る事を!」

そう言い聞かせ 動いていました。
原発は

  「人災」

です。
「置き去り」での悲惨な現状は予測できます。
その後のお粗末な 政府の動き・・・

  「本当に 人間って言う奴は・・・」



愛媛県動物愛護センターの

 「収容犬」

を見ると 増えています。
新居浜市役所のHPの「環境保全課」に居た子も・・・
毎回毎回、写真が目に焼き付いているので 

  辛いです・・・

連れて帰れるものならば 連れて帰りたい・・・
この子達が どのような罪を犯したと言うのか?
この子達に どのような落ち度が有るのか?
全て 人間の愚かさのつけをを
ひっかぶっているだけにしか 思えない。
改めて ガンジーの言葉が身に沁みます。

マルコさんが言っていました。

  「犬達にとって 日本全国 全てが被災地だ!」

おっしゃる通りです。
動物達が 平和で安全に暮らす為には
人間と言う動物が 
この地上から居なくなれば叶うかも・・・
この現実を受け止め 心して今を乗り切ってほしい。



被爆地の犬達を 保護したとしても
被爆での癌、トラウマなどなど・・・
神戸の時の様に

  「行き先が無いから。」

と 殺処分にならないよう
今からこの問題にも 取り込む必要が有る!

  「命の光と陰と・・・」
  あなたは どちら側で生きていたいですか?

今、日本全国の全ての人に 問いたい!

動物達だけでは有りません。
未来の日本を支えて行く 子供達。
守ってください!
大人達、逃げないで立ち向かってください!
ブログのどこかで書いたメッセージ

  「灯り」「たった ひとつの・・・」

を 思いだしてくいださい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログですm(__)m

http://ameblo.jp/11022700/
こちらに書いていますm(__)m

No title

福島県での一時帰宅の際、
現時点で、国は、「ペットの持ち帰りは不可とするが、
乗用車についてはスクリーニング拠点を設けて持ち帰れる機会を検討する--との案を示した。」
ということです。
が、重要無形文化財の「相馬馬追」用の馬は特例として
連れ出したそうです。スクリーニングも問題なしだったとか。
上記ではペットについての基準が不明とかの理由だそうですが、
それなら、文化財の馬も同じですよね。

政府にとって金になるものとならないものへの この対応の違い。
政府の、人間への対応も然り、だと思われます。

そうそう、物資の送り先の方から
お礼のハガキが届きました☆


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

福島のA様 
みたよ~って言う メールが届いています。
これからも 現地の生の声を聞かせてくださいね。

No title

ぷーどる様
政府に対しては???だけです。
今、藤野真紀子議員のブログを見ています。
カンタのおばちゃんちのブログから行けるはずです。
もう一刻の猶予も無いはずなんですけどね。

No title

???様
私の知る限りでは 思いすごしではないです。
神戸での経験が有るはずなのに 役に立たない事ばかりしているようで・・・教訓が生かされて居ないです。
このままだと 神戸の時の様に 救助しても 行き場が無い子は殺処分になるかも・・・
肩書きだけで どうも動きは政府に似たりよったりです。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。