スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の手の ゆりかご

皆に 自分自身と ちゃんとむきあってほしくて・・・
皆に 生きる事を 自分の命を大切にしてほしくて・・・

たくさんの「メッセージ」を 書いています。
「ボクは太陽」も その一つです。
今日の メッセージです。



    「母の手の ゆりかご」

 人は何を求め さ迷い続けるの?
 それは 誰もが味わった事のあるもの。
 記憶の底に沈んでしまった 大切な宝物。

       暖かく 優しい 母の手のゆりかご!

    無防備な ありのままの自分を
    すっぽりと包んでくれた」 あの感覚・・・

 苦しい事、悲しい事の涙を 受け止めてくれる。
 良い事、嬉しい事を 一緒に喜んでくれる。
 悔しかった事、誰にも居えない悩みを 聞いてくれる。
 持って行き場の無い 心の叫びをも 包み込んでくれる。
 安心して 眠れる場所・・・

      どんなに 社会的地位が あっても
      どんなに 沢山のお金が あっても
      どんなに 周りを 威嚇してみても
      どんなに 良い人ぶっても
      手には入らない! 満たされることは無い!

   だって それは 心の中にあるものだから・・・

 空の高さや窓から入る日差しで 季節が変わったのがわかりますか?
 道の隅に咲いている花を見つけて「きれい」と 思えますか?
 出会った人達に 心からの挨拶が 出来ますか?
 他人の幸せを 素直に一緒に喜べますか?
 他人の悲しみを 自分に置き換えてみることが 出来ますか?
 間違いを反省し悔いている者を 許す事が 出来ますか?

 それらが出来だしたら よーく周りを見つめ直してください。
 有りのままのあなたを
 無条件で 永遠に愛してくれる「友」が 見つかるはず・・・
 もっとも 「人」の形をしているとは 限りませんが・・・

 きっと その「友」が
 あなたの探している宝物へと 道案内してくれるはずです。




  ~おまけ~

先日 愛媛県動物愛護センターに行って
所長さんと お話して来ました。
「犬たちをおくる日」の
プロローグ「この命、買ってください」の
渡邉さんが 現所長さんです。
私の仕事に間に合う ぎりぎりの時間まで
いろいろ話しました。
その中で 楽しかった話題?を紹介。
所長さんは 獣医さんでも有り
とべ動物園に勤務していた時期もありました。
とべ動物園と言えば 
  「しろくまピース」
世界広しと言っても 人工保育で
無事育って ここまで成長しているのは
ピースだけでは???
で 所長さんはピースの赤ちゃん時代にも会っています。
その日、「ボクは太陽」のサンの赤ちゃん時代の写真を見て
「ピースだ!ピースそっくりだ!」
連呼です。
以前から似ているな?とは 思っていたけれど
本物を見ていた人が言うのですから 間違いない!
実は「ボクは太陽」を連載していた
東予地区限定月刊誌「インタビュー」で
「ボクは太陽」の前に連載していた作家さんは
「目の見えない犬ダン」や「しろくまピース」の
本を書いた「大西伝一郎」先生です。
先生も「ボクは太陽」を 気に入ってくれていたとか。
「目の見えない犬ダン」で 「クレア&かおり」さんと知り合い
その繋がりで金沢の小学校の先生と知り合い
「犬たちをおくる日」と「ボクは太陽」で「命の授業」をしてくださいました。
そのとき届いた子供達の手紙を 所長さんにも見ていただきました。
「これだけ素直に物事を受け止め
  しっかりとした考えが持てる子達が
 どこでどうなって へたな大人になってしまうのか・・・」
そこに行き着きましたが ともかく「縁」とは 凄いものですね。


追加

「犬たちをおくる日」の著者・今西さんとは
今西さんの愛犬「未来ちゃん」とサンが
障害犬同士で ブログ内での幼馴染つながりです。

きっと犬達が 私を動かしているようにしか思えません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エコ母さん  サンちゃんの赤ちゃん時代、しろくまピースくんにそっくりなんですね(^-^)あの、白いぬいぐるみのような愛らしさ♪

話変わって、今朝、めざましテレビで 愛媛の愛護センターがでていました。動物達の慰霊碑も映っていました。 心が痛くなりましたが、
「一般の方々も手を合わせに来ています」 という時に映っていた女性は エコ母さんか!!?  と   観ていました。

No title

???様
サンが子供のころは 犬離れした顔でした。
3本足で 跳ねる様に歩くのでインパクトもありました。

「めざましテレビ」見てくださり ありがとうございます。
私は見れなかったのですが 職員さんも春の人事異動で 木村さんだけが残っています。
でも渡邉さんが戻ってきてくれたので 協力し合って1歩でも前に出れるよう がんばって行きたいです。
慰霊碑での女性は 残念ながら私ではありません。
「動物愛護」なんて言葉が無くても 動物達と当たり前に共存できる 優しく・穏やかな社会になってほしいものですね。

No title

あ 名前入ってなくてすみませんでした
私 カンタんちのおばちゃん でした

んもーー  テレビ 観れないんですかーー
3980円くらいで なんたらっていうの 取り付けると 観れるようですよ

なんたら っていうの  アダブター っていうの?
よくわからなくてスミマセン(^^;)

電気屋さんで聞くと 教えてくれるとおもいます
ホームセンターでも 売っています

No title

カンタんちのおばちゃん様

ちょっとでも毒を吐いていてくれたら
すくに 解ったのに。

テレビのことは この家ではいろいろあって
ちょっと難しいので まずは家探しです。
いつも ありがとうね。
気にかけてくれてる人が居るって
本当に うれしい!
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。