スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック ~わんこの島~

今日、見てきました。

  ロック ~わんこの島~

どこまで実話になっているのか
(特に 災害時の犬の保護は?
  やっぱりね。好きにして・・・)
その他は 映画としてはとっても良かったです。

三宅島・・・権限を持った方が
       「船に生き物は一切乗せるな!」
福島原発・・・権限を持った方が アメリカ軍に
       「家畜の保護はしないでくれ!」
阪神大震災・・・一番大きな動物救援隊に保護された動物
       「里親が見つからなかったから殺処分」
         ~しかたがないでしょ!~

これが 日本の本当の災害時における「動物たちの保護」です。
どうしたものか・・・


ロックはゴールデンです。
ジジも こんなのだったのかな?
って 見ていました。
子犬のときの「悪さ」は 今のマホだし・・・
ロックを通じての 芯君の心の成長。
良かったです。
日本では 子供が生まれるからペットを手放す。
この出発点から 日本は間違っています。
子供を本当の意味で

  優しくて強く 責任感がある大人

に 育てるためには
犬は最高の家族であり 家庭教師であると
この映画で 再確認しました。
おばあちゃん・おとうさん・お母さん、
家族を大切に思う気持ち・言葉・行動。
こんなご家族が増えてほしいものです。

そして 何よりも被災で非難されたり
離ればなれになってしまったご家族・ペット達の
不安・疲労・ストレス・・・
私達に 何が出来るでしょうか?
どうか 被災された方々の目線から 考えてください。




  ~おまけ~

AM10時頃 女の子組の散歩で
家横の 河川敷の草原を通っていると
皆が通ってできた 獣道のような道のすぐ横に
鳩が 死んでいました。
羽も3箇所くらいに 固まって落ちていました。
なぜ 見晴らしの良い広場の真ん中?
それだけでは有りません。
その鳩は 肩から上が無いのです。
首の骨は 突き出すかのように残っています。
まるで 頭と胴体を持って
凄い力で 引きちぎったかのようです。
猫や烏が 襲ったのならば
翼だけが残るはず。
でも その鳩は 頭が無いのです。
市役所・動物愛護センター・林業・保険所に電話をしました。
昼過ぎに「動物虐待」だといけないからと
警察が来てくださいました。
でも そのときには烏がつついて 形が変わってしまっていました。
で 思い出したのが 民間のパトロール隊。
代表に 最近、この近辺で事件が起きていないか聞きました。
鳩のことを話すと ひょっとして・・・
山が荒れて 時期でもないのに
山から 猿・猪がどんどん街中に 下りてきているそうです。
猿なら 納得です。
確か 梅雨が終わったくらいから 
真夜中から明け方にかけて
エコ・マホが ほかの子さえも 林側の窓で外に向かって吠えます。
猫くらいでは吠えないので
いつもとは違う者が居る証拠です。
この辺りは川沿いに 木々が茂っています。
隠れる場所は いくらでもあります。
自治会と小学校のPTYA会長にはお知らせしました。

地球がおかしくなって 動物たちがこれまでにない行動をしています。
動物たちが悪いわけではありません。
動物たちと共存できないと言うことは
人間自身が「絶滅」への道を歩いていると言うことです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『ロック~わんこの島~』
「映画としては」良かったのですね。
現実には、権限は持っているけど
心は持っていない人達がいるのですね。
「動物は物以下だ。」という考えを持っているのが
ありありと伝わってきます。
せめて、個人個人は…と思うけれど、実際は…?

被災地の人に対するいやがらせ、拒否
そういったことを平気で、否、面白がってする人間がいることに
寒気を覚えます。
(最近あったフジ系列の某東海テレビ局でのことも、
強い不信感と強い嫌悪感を感じます。)

…すみません。今、何故だかとっても眠くて言葉が荒れてるかもしれません…
なら、何も今書かなくても良さそうなものなんですが
下のブログで「犬たちをおくる日」を紹介しておられたのを
お伝えしたくて。。
      ↓
『獣医師ゆみ』http://ameblo.jp/petit-vet/
 

No title

プードル様
ありがとうございます。
早速本の紹介の お礼コメントを入れてきました。
ついでに 続編の本の紹介も・・・

こんなので 言葉が荒れてるなんて・・・
私とマルコさんの会話を 是非聞かせてあげたいです。
一発で 目が覚めるか 気を失うか・・・アハ・・・
眠いのは 疲れているのかも。
無理をしないでくださいね。

本当に いつか皆で「お疲れ様」の乾杯がしたいですね。
そんな日が来るのかな???
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。