スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは どう言う事だろうか?

今月に入り、一つの地域内で
定期的に 純血種の犬たちが
保護された。

 1:キャバリア (愛護センター) 
     温泉の駐車場
 2:プードル  (一般家庭で預かり)
     その近辺
 3:ダックス  (市役所)
     小学校横
 4:ダックス  (一般家庭で預かり)
     乳児園横
 5:ヨークシャテリア(一般家庭で預かり)

これは 何を意味するのか???
多頭飼い・ブリーダーの放棄も考えられる。
関係各所には 連絡をしたが 
真実を明らかにするのは 難しい。

動物放棄は 罰金50万円以下の
立派な犯罪!
法律あっても 取り締まる素手が無いのが

   情けない!

ただ一つだけ 嬉しかったのは

  行政に渡してしまったら どうなるのか・・・

を 解ってくれる人が増えて
行政に届出だけで
自分宅で お世話をしてくれる人が増えたこと。

出来れば 

   獣医さん・トリマーさん・訓練士さん

などが ネットワークを結び
保護された子が 何処の子が解る体制を
作ってもらいたい。
そうなると
安易に飼ったり、捨てたりしづらくなるはず。

キャバリアは30日で殺処分になってしまいます。
家族として迎えて下さる方が居たら
即、愛媛県動物愛護センターに 電話を!!!
ダックスは 新居浜市役所のHP
「環境保全課」のページで写真が見れます。
どうか 1頭でも

 その命を全うさせてあげてください。



ジジは 喉の塊が大きくなって
飲み込みがし辛くなっています。
ジジも センターのステンレスの箱の中で
命を終らせるのではなく
一つの命として 全うさせてあげたくて
引き出して来た子です。
名前も無い「ただの犬」ではなく
私の子供「ジジ」として 見送ってあげたい。
そしていつか虹の橋で 家族として また一緒に暮らしたい。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

行政の手に渡ればどうなるのかを知る人が増えてくれたのは
エコちゃんの母さん達が根気よく啓蒙活動してこられたからこそ
だと思います。
本当にありがとうございます。

キャバリアちゃん…イギリス貴族に愛され、寒い日には
人を暖めてくれる、温厚な犬ですよね。
あたたかなキャバリアをあたたかい心で迎えてくれる人が
今日・明日中に現れる奇跡がおこりますように。
ダックスちゃんにも。

No title

プードル様

キャバリアに 奇跡が起こるかもしれません。
ともかく 命だけは何とか繋がるかも知れません。
はっきりとしたら またブログに書きますね。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。