スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告

キャバリアの その後・・・
昨日10月2日、
無事、お家に帰ることが出来ました。

この子の場合
 1:私の生活エリア内での保護。
 2:お仲間が 散歩中のこの子を見たことがあった。
で 救出活動になりました。
お仲間たちは チラシを作り
飼い主さんを探すと同時に
万が一の事を考え 譲渡してくれる人も探しました。
これらのことをセンターに説明し
延命をお願いしました。
奇跡とも言える偶然で 飼い主さん情報が入って
ぎりぎりで助かりました。
いろんな人が 最後まで諦めず

  「この子の命を守たい!」

その思いだけで 動きました。
センターの職員さんはじめ、
皆様 本当にありがとうございました。
飼い主さんには センターの職員さんから
こんこんとお説教をしました。と言うことです。

ヨークシャーも 保護した方が
警察署に届けに行った時、
これも偶然に
飼い主さんが 迷子届けを出しに来ていて
その場で お家に帰れました。

プードルも ブリーダーを追い返した後すぐに
飼育経験のある優しい人のお家に 貰われて行きました。

後は 角野小学校横で保護された 
ブラックのダックスの男の子。
学校のPTA関係や 子供達、店のお客さんにも
協力をお願いしています。
愛媛県動物愛護センターのHPで
写真が見れます。

振り返れば
ジジと一緒にセンターに行ったラブ(死んでしまいましたが)も
後から 飼い主さんが見つかったし、
その後の ゴールデンも・・・
殺処分の朝に 飼い主さんが見つかったシーズー・・・ 
殺処分の数の中には
本当は 死ななくてもよい子が
沢山居るのではないでしょうか?????
そう考えると
飼い主、行政、双方が

   義務・責任

を 果たしていないような気がします。
何処から手を付けていきましょう!!!!!

今年も 動物慰霊祭が時期にあります。
その時に あの子達に
何を報告すればいいのでしょう?????


11月12日土曜日
新居浜市役所で センターからの

  犬猫譲渡会

が あります。
新居浜から センターまでは
車を飛ばす私でも 1時間半はかかります。
今回は そこまで行かなくても いいです。
時間の都合がつく方は 譲渡する・しないに関わらず
足を運んでみてください。
それと この犬猫譲渡会の事を
皆に教えてあげてください。
それは 

  自分にも出来る 動物愛護活動

の一つです。
よろしくお願いいたします。


<追加>
長くなりますが 気になる事が・・・
犬が居なくなり どれほど探しても見つからない・・・
または 盗まれた・・・
前ブログのような ブリーダーも結構います。
またそういうブリーダー目当ての
プロの泥棒もいるとか・・・
たまたま 保護した人が
何処にも届けず そのまま可愛がってくれている。
なら まだいいのですが
こちらの地域では
中国人が 食べている・・・
と言う うわささえ出回っています。
ともかく その子は飼い主さんだけを頼りに生きています。
飼い主さんに 犬生を、命を託しているのですから
飼い主として 何をしなければいけないのか
自ずと解ってきますよね。
わが子を守りぬいてあげてください。
それをする気が無いのならば
始めから 動物に関わらないでください。
お願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キャバリア、ヨークシャー、プードル、良かったです♪
キャバリアの飼い主さんが当初から懸命に探してくださっていれば
沢山の方の労力や思いが、別のことに使えただろうにとも思いますが。。
ダックス君にも良い縁がありますように。

『ぽちのブログ』のぽちさんも、センターに画像を載せてもらうように
何度もお願いされているようですが、
なかなか受け入れてもらえずに、非常にもどかしい思いをされています。
柴犬で耳としっぽの先がない子も、画像がなかったとのことでしたが
もし、その子が盗まれた後に、耳やしっぽを切られてしまっていたりしたら
飼い主さんが探していても、画像がないので、別の子だと思ってしまったかもしれません。
それぞれの子の特徴も、書く人によって表現が異なる場合があるので、画像があるといいのに…と思います。
また、高齢者や、パソコンを持っていない飼い主さんもおられるので、
ご近所の人が代わりに発見するケースもありますよね。
その場合も、画像があるのとないのとでは、かなり違うと思います。

追加の話…ぞっとします。
スーパーなどの前で、犬を待たせている人もいますので、
そういう人に、注意喚起のチラシなどを渡してもいいかなと思います。。(聞く耳持たない人もいますけど)

No title

プードル様
本当に 困った飼い主が多いです。
動物達にとったら いい迷惑です。
ぽちさんへ
行政は 新しい事をする時は渋りますから、行政にとっても無難でメリットが有って 他でもしているという安心感を与えてあげたらいいかも。
全国のセンターの取り組みを見ると 結構独自でいろんなことやっています。
追加の事で ペットの事に限らず 日本人は危機感が無さ過ぎます。
気がついた時は 手遅れでしょうね。

先ほど 和泉さんに電話をしました。
声は 元気でした。
ただ ジョン君がべったりくっついて離れないそうです。
皆のブログは 覗いているそうです。
定期的に 電話をして行くつもりです。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。