スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が 悪いのか!!!!!

小学校横で保護された 
ブラックタンのダックスの若い男の子。
とうとう 飼い主さんが現れず
今日、殺処分になります。

  苦しいです。

我市からは 他にも
生後半年くらいの 子犬、
そして 老犬。
この子達には 首輪がついています。
ちゃんと飼い主が居て 
愛を受けたことがある子達・・・
 
  何故、
 こんな最後を迎えなくてはならないのか・・・

先ほど センターに電話をし、
飼い主が現れなかったことの確認をしました。
そして 最後の最後まで
この子達の事を よろしくお願いします。
と 伝えました。
同じ 殺処分されるのでも
「物」としてではなく「命」として扱って欲しくて・・・
センターの方は 重々承知ですが
言わずには いられませんでした。

この子達に 首輪を付けた人間が
この市で 当たり前のように
笑いながら暮らしているのだと思うと

  恐い!腹立たしい!憎い!

この子達の

  恐怖!不安!悲しみ!苦しみ!絶望!・・・

倍以上にして 与えてやりたい!

今も 市役所のHPの
チェーン付で保護された 茶色の小型犬。
止む得ぬ事情で 市役所に連絡した方が
心を痛め 必死で飼い主さんを探しています。
新居浜市役所近辺で チェーン付なので
きっと 遠くからは来ていないと思います。
情報をお持ちの方は 市役所の環境保全に
連絡してあげてください。
お願いいたします。

無責任な飼い主は
当の犬ばかりか
その子に関わった人々(センターの職員さん)をも 
苦しめています。
そして このような飼い主を野放しにしている

   政府

は 国をどんどん腐らしています。
動物愛語法が出来たのは
海外からのバッシング対策の為で
日本の動物の為に考えて定められたものではありません。
それが 未だに何の改正も無しに

   続いている・・・

日本は

   先進国では 無い。
   自由な国では 無い。
   民主国家では 無い。

政府だけが 悪いのではない。
国民も 悪い!
動物に限らず
犠牲になっていった弱者の命が報われる為にも
国民一人一人が 前向きに生きるべき時で

  もう この国に 後は無い 

そこまで 来ていると思う。
自殺大国 日本。
放射能国 日本。
国として 子供の数が減り
機能する国土が 狭まっているのだから
この現実を しっかりと受け止めて
まず 自分の周りから 出来る事をしていって欲しい。


~おまけ~

ジジは 私一人で抱え上げれる位
軽くなってしまいました。
全身リンパ腫の苦しみを考えると
ジジにとって 無理な延命は意味が有るのか?
引き際は ジジ自身が一番解っているはず。
ジジに任せて 私はお手伝いだけをしていこう。
それなりに 
他の子達との暮らしを楽しんでいるようだし。
息使いは荒いですが
表情は 穏やかであどけないです。
それだけが 救いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダックスはまだ若い男の子だったのですね。。

福島の「希望の牧場」…10月5日の画像…
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/
暫く見ていなかったのですが
これも安楽死とは言えないと思います。。
もう嫌だ。。
書いておいて何ですが、見ない方がいいかもしれません。

ジジ君は共に生きる仲間が傍にいて
美味しいものも食べさせてもらって
寂しくも怖くもない
だから 穏やかであどけない表情をしている
のじゃないかと思います。


悔しいです・・・

エコままさん・・・

私にはダックス3匹が家族です。
そして星になったゴールデンでした。
私の家族のブラックタンのダックスは1歳のときにうちへきました。
たらいまわしにされたあげく
私が迎えいれなければ保健所に連れて行くと言われて
迎えた子です・・・。
8年たった今でも人間が怖いけれど、ずいぶんとなれてきてくれました。
ゴールデンにひとときも離れず、常に行動をともにし
今まで味わってきた恐怖をゴールデンに寄り添うことで
安心を感じていたんです。
おしっこの時もちょっと移動する時も常に一緒で
ひと時も離れずです・・・。

日本政府、日本国民、全ての無知さが悲しく腹ただしい・・・です。

捨てられ・救われる一方で
捨てられ・殺される運命の子たちが日本には山ほどいる

ごめんなさい・・・
こんな日本に生まれてきてしまったこと・・・
もし、生まれ変わりがあるとするなら
殺処分のない国、命の尊さを知っている国へ生まれてきてほしい。
日本のような命を命とも思わないような国へは
二度と生まれてこないように・・・。

だからそこ、私たちは、あの子たちの命の代わりに
人間の言葉を話せない、あの子たちが味わってきた
悲しみ・怒り・絶望・苦しみ・痛みの
代弁者になって
この真実を広めていかなきゃ。

この現状を知らない日本人に現状を知らせなきゃ。
そして、その日本人たちを信じたい・・・。

この事実を知りながらもチェンジしようとしない日本政府・・・
この事実を知りながらも知らないふりを続ける日本人の国民性も・・・
まともだとは思えません。
昔もこれからも外圧でしか変わることのできない国なのでしょうか・・・。
本当に悲しいです。

ジジちゃんはエコままやみんなに愛し愛されながら
最後に優しい人間に愛され、仲間に愛されたんですね・・・
ずっと大好きだよって、言ってくれる人がそばにいる。
ずっとずっと大好きだよって言ってくれる人の側で
最後を向かえれること・・・
私もそんな風に最後を迎えれたら
どんなに幸せか・・・。

今でも私のそばに先住犬だった海ちゃんの存在を感じるときがあります。魂はずっと一緒です。

No title

プードル様
正直、市役所やセンターのHPを見る事に疲れました。
切が無い!追いつかない!
命をもて遊ぶ奴・命を軽んじる奴は 人としてのプライドを持っていない奴。
そういう奴こそ 自分の命には執着する。
そんな奴の為に 何故 あの子達があんな最後を迎えなくてはならないのか・・・

ジジは部屋のど真ん中に居ます。
ジジの上を飛び超える子、踏んで行く子、遠回りする子、添い寝をする子、いろいろです。
きっと ジジも楽しんでいると思います。

No title

3匹の母様
犬たちにとっての願いは
「3つ」だけです。
 1:大好きな飼い主さんと 一緒に暮らせる事
 2:大好きな飼い主さんに 看取ってもらう事
 3:大好きな飼い主さんに いつまでも覚えておいて貰える事
そして あの子達の宝物は

  大好きな飼い主さんの 笑顔

それだけなんです。
たったこれだけの事を与えてあげられないのならば 最初から関わらない事です。
犬に限らず 命有る者が愛する者に対しての どうしても捨てられない願いではないでしょうか?
「誰も愛せない者は 誰からも愛されない。」それだけの事なのですが それに気が付かない愚か者が日本には多すぎます。

日本で 腐っているのは  お・と・な・・・・
せめて 若者・子供達に伝えていけたら・・と思っています。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。