スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政の姿(迷う柴犬達)

まずは 私の動物愛護の師匠から紹介された

  HP[いぬぽた」(検索)

してみてください。
「児玉小枝さん」からの
とっても大切な事のメッセージがあります。

  「明日は 我が身」

です。
このHPは 本気で日本の

  「動物愛護」

を 変えようと始められたHPです。
是非 「お気に入り」に入れておいてください。


さて 昨日、友人からの電話で
「ベルモニー坂井」の前のコンビニに行きました。
そこには オスの柴犬が・・・(青と緑の縞の首輪)
1週間前からいるそうです。
車が入ってくると よっていき
顔を見上げています。
おそらく 車で連れてこられて
置き去りにされたのでしょう。
吠える事もなく、
触ろうとすると怖がりはするものの
下から手を持っていくと 触らせてくれます。
このままだと 通報されて行政に行ってしまう・・・
友人も それを心配して私に電話をしてきたのです。
でも 小型犬ならば 何とか置くスペースもあるけれど
引越し準備段階の私には 連れて帰ってあげられません。

いろんな情報から
今現在、柴犬を探している人が居て
連絡をすると すぐ来てくれたのですが
違っていました。
迷子の柴犬は 

  新居浜市役所・環境保全課のHP

に 写真が出ています。
飼い主さん、必死で探しています。
情報がありましたら 市役所なりにください。
この柴犬は 話を聞くと
どうも 人為的にわざと家から連れ出されて後があって
即、新居浜警察署に届けたのに

  「犬だから・・・」

結局 物扱いで

  「拾得物の部所」

に 届けを出すことしか出来なかったそうです。
飼い主にとっては 家族。
例え「物」でも 盗まれた、又は故意に紛失させられ
窓口に届けが出されたら 一応捜査すべきではないかと思います。
警察といえば 先日の迷子のフレンチブルのボス君の
性別を間違えたのも この警察です。
確認を取らずにHPに乗せた市役所も悪いのですが
出来れば 内内の話で終らせておこうと思ったのですが
迷子の柴犬の飼い主さんを見ていて

  「このままじゃ いけない。」

と 心が痛みました。


お家に変えれない 柴犬・・・
居なくなった柴犬を必死で探している 飼い主さん・・・

行政なんて あてにも、箸にも棒にもなりません。
皆様の お一人お一人の情報網のリレーだけが便りです。
全ての人が出来る

    「動物愛護の行動」

です。
どうか 協力をお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「犬=物」ならば…

「物」が盗まれたら、「盗難」ですよね。
落としたなら、拾得物に届けることになるでしょうけど。

例えば、スーパーの前に置いていた自転車(物品)が
盗られたら、盗難届けを出しますし、
自宅前に置いていて盗まれた場合も、同様ですよね。
「物」を盗まれても、盗難届けを出せないのならば、
家に泥棒が入って、「物」を盗られた場合も、
「拾得物への届け」しか出せないということになりますね。
「盗難届け」扱いになるのは、どういう場合なのか、
その警察に尋ねてみたいものです。

「犬=物」であると今の法が言ってるんだから、法に則り、
「物」として、捜査するのが警察の仕事だと思います。

そのフレンチブルって、長~~い毛で覆われてたのかしらん?
新種のフレブルで毛が長~くて、お腹を覗いて見ても
毛を掻き分けないとオスかメスか分からなかったのかな??
オスとメスの見分け方、毎回、教えて差し上げなきゃいけないんじゃ?

柴犬君、一時的にでも預かってくれる人がいますように☆
誰かに連れ出されて、盗難に遭ってしまった柴犬さんも
どうか無事に見つかりますように☆

ありがとうございます。

先日はありがとうございました。

こちらも居なくなって以来必死で探していますが、今のところ有益な情報がまったく無い状態です。その状態に焦りを感じ、イライラしてしまうところもありますが、今回のように連絡を頂けることにとても感謝しています。

今は自分の家族を探すことに手を取られ、あまりお手伝いは出来ませんが、出来る事がありましたらご連絡いただければと思います。

No title

プードル様
まだまだ行政での出せない裏事情も沢山あります。
かと言って 行政だけが悪いわけでもないようで・・・
横浜市では住民の声が高まり ドイツ並みのシェルターがオープンしたそうです。
行政の中でも 真剣に取り組んでくださる方も居ます。
そういう人達とネットワークを組んで 大きな力になっていくしかないのでしょうね。
私なんか 愛媛県・新居浜市では 行政からは「あつかましい、めんどくさいオバサン」になっています。
皆がその気になってくれるまで あつかましいオバサンで頑張っていこうと思っています。
でないと 何も変わらない・・・

No title

銀ちゃんパパ様
何の力にもなれず すみませんでした。
私にとっても 我が家に居る子達は「犬」ではなく「かけがえのない我が子」です。
いくら 沢山居ても その子、その子に代われる子はいません。

こちらこそ 私で何か協力できる事があったら 遠慮無しに連絡をくださいね。
こちらからも 銀ちゃん情報があったら 連絡しますね。
諦めないで 頑張って下さいね。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。