スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い フレンチ・ブル

12月27日のブログに書いた

   白いフレンチブル

今年に入り 動物愛護センターに行ってしまいました。
様子を見て 仲間に譲渡をお願いしようと思っていました。
が・・・


殺処分ではなく センターに来て
亡くなったそうです。
センターに来た時には
すでに状態が悪かったそうです。

正月を挟み 通常よりも長く市で保管。
迷子になった不安、
施設での環境変化、
寒さ・・・
もろもろがストレスになり
食欲も なかったそうです。
ならば なぜすぐに動物愛護センターに
移さなかったのか???
マニュアルでは そうなってたはずで
過去 何頭もそういう子がいた!
市の担当者に 電話で詰め寄った。

  「正月は 行政は動けない・・・」

 ふざけるな!!!
 「命」に 正月も盆も関係ない!!!

電話でよかった。
カウンター越しならば たぶん暴れている!
結局 市行政は「命」ではなく「物」なのだ。
担当者を責めても あの子は帰らない・・・
それに この担当者とは付き合いがままあって
彼なりに 一生懸命なのは知っている。
「動物愛護法」と同じで
「管理マニュアル」が あやふやで時代にあっていない。
行政だけを 責める気にはならない。
飼い主が 迷子にしなければ・・・
さっさと探し出してくれれば・・・
犬達から言えば

   人間、酷い!無責任すぎる!

どの人間も 同じ・・・

   どうしてなの?なぜなの?

皆 この言葉を残して 風になってしまう・・・
大きなことは出来なくても
小さくても 出来る事から 変えていきたい。
積み重ねていけば きっと大きく変われる!


ただ フレンチちゃん ごめんね、ごめんね・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。