スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護先進国との違いは???

  「ペット残酷列島」
で 

  ドイツのペットショップでの仔犬販売

の 記事が出ています。
たどっていくと 小野千穂さんのブログ内に
こんな文章を見つけました。


  VDH(ドイツ・犬協会)は 
  日本でのジャパン・ケンネルクラブに当たる
  ドイツ最大の団体で
  VDHに登録されている各犬種のクラブが
  血統書の管理をする。
  そのVDHは 2月上旬、
  「ザヤック氏のペットショップや
   ほかのペット業者に仔犬を販売したメンバーは
   除名処分」
  と 発表した。


ここにも日本と 動物愛護先進国ドイツとの
大きな違いがありました。
日本でのペットショップで販売されている仔犬の血統書は 
ほとんどがJKC(ジャパン・ケンネルクラブ)発行のものです。
日本で 垂れ流しになっている

  仔犬達の命

は JKCが源です。
少しずつは 厳しくなってきていますが
どうにでも取れる あいまいな法律の下、

  「命」よりも「金」

を重視する団体は 
ちょっとばかりの 目くらませ・パフォーマンスで
手を変え 品を変え ぬくぬくしています。

  「プライド・ほこり」よりも「金」

なんです。
また それを後押ししているのが

  「人としての 品格」

の無い 一般人。

  「同じ穴のムジナ」

なんです。
ドイツなどの 動物愛護先進国を目指すならば
シェルターなど 器ばかりを真似しても
意味がないのです。
皆様には 今回のドイツのこの事件を冷静に見て
ドイツ(動物愛護先進国)と日本(動物愛護後進国)の違いを
しっかりと勉強してほしいものです。  


  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

JKCの中にも、本当に犬のことを考えている人もいて、
長い間、内部で話もされているのですが、
やはり、『お客さん』である人達からの声が
挙がらないことには、なかなか難しいようです。
しかし、どうすればいいんでしょう。
JKC本部に、個人個人が電話で抗議しても
話は進まないでしょうし。
どうしたものか。。

続けて投稿 ごめんなさいです。

まさか、ドイツのペットショップで子犬が売られるなんて
と思いましたが、買った人がいたことは
もっとショックでした。
このショップは、すでに活動を休止している
動物愛護団体と提携しているのだと、嘘をパンフレットに
書いていたということですから
他にも、何か出てきそうですね。
経営者は年間で1000頭を売るつもりだとありましたが、
思い通りにはいかないように。と思います。
1000頭とは、多いですが、
日本のショップで「常時3000頭」としている所は
もっと。ですね。
しかも、もっと酷い。

No title

プードル様
どこの国にもアホはいます。
でもそれを野放しにするかどうかは その国の国民性・プライドですよね。
是非 世界中が注目した上で 阻止してほしいものです。
その後 尽かさず日本のアホさを 世界中に発信したいものです。
日本はそこまでしなきゃダメでしょうね。
自力では治せない!
3M(無知・無関心・無責任)を辞めてほしいものです。
最近はこれにもう一つ 無気力 な人間も増えていますね。

愚痴です。ごめんなさい。

福島の『希望の牧場』さんで読んだのですが

浪江町役場から
警戒区域内の畜産農家宛に
「警戒区域内の耳標未装着牛の取り扱いについて」
という文書が届いたそうですが
その内容は“抹殺”指示だったそうです。

「放れ畜は動くガレキ」
「殺処分指示の撤回は有り得ない」

耳標未装着なのは、震災後に産まれた子のようですが
震災後すぐに、全ての家畜を移動、管理してさえいれば
産まれなかった命ではないかと思います。
自分達が疎かにしてきたことを、
罪もない命に償わせて平然と、当然のことだと語る。
こういうことを、「一般の人達」はどう受け取るのでしょう。
「当たり前」「仕方ない」なのかなぁ?
何の関心もないのかもしれない。
「この家畜達を生かすことにすれば、国民一人当たり
1万円貰える」なんてことにでもなれば、関心を示して
「生かせ!」っていう声が高まるのかも?


No title

プードル様
一般人は3M(無知・無関心・無責任)+1M(無気力)過ぎます。
政治家達は保身ばかり。
「命は皆同じ。大切にしましょう。」と子供達には教えながら やってる事は正反対。
それを見て育つ子供達は どんな大人になってしまうのでしょう???
今の子供達が大人になった時 老いた我々は「損が得」がで選別されて切り捨てられるのでしょうね。
極端な話「得」にならない人間を殺しても「罪にならない法律」が出来ているかもしれませんね。
そうなったとしても「自業自得」です。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。