スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私達の未来は・・・

この記事を どう取りますか???


 国民はまだ大増税の本当の痛みを実感していない。野田政権は消費税率を2014年4月から8%、2015年10月に10%に引き上げようとしている。



 そのときにどんな地獄が待ち受けているのか。大和総研が6月22日に発表した『社会保障・税一体改革による家計への影響試算』には、恐ろしいデータが示されている。



 試算は消費税増税だけではなく、これから実施される復興増税や地球温暖化対策税の創設、子ども手当廃止(支給額カット)、年金保険料値上げなど数々の国民負担増によって、家計の可処分所得がいくら減るかを世帯類型別に分析したものである。



「40歳以上の夫婦で妻が専業主婦、子ども2人が小学生」の家族構成の場合、増税実施前の2011年と大増税が完全に実施される2016年を比べると、年収300万円の世帯は可処分所得が約25万円減り、年収500万円の世帯なら約33万円、年収800万円世帯は約43万円、年収1000万円世帯になると約62万円もの大幅減になる。



 政府がやろうとしている大増税は、いわば国民の給料を6~8%カットするのと同じことなのである。可処分所得がそれだけ減れば、当然、消費増税との相乗効果で消費は大きく落ち込み、景気が一層悪化して給料はさらに下がるという悪循環に陥る。日本の未来は真っ暗だ。



 野田首相は「子孫にツケを回すな」「社会保障のためには増税が必要」といい、国民は「財政危機だから増税は仕方がない」と洗脳されかけているが、大増税を決めた与党3党が何をやったかといえば、野田内閣は早速、シロアリも乗らない整備新幹線の建設に着手し、税金3兆400億円を注ぎ込む。それで九州では、福岡と佐賀の所要時間が「2分」短くなるらしい。



 さらに自民党は「200兆円公共事業」をぶち上げ、公明党は、お得意の「低所得者給付金」を勝ち取って選挙対策は万全だ。これが増税の真相である。



※週刊ポスト2012年7月20・27日号




何の為の

 「増税」

でしょうか?????
その裏側では こんな人が・・・


つたがはびこる人気のない富岡の町。庭には腰のあたりまで雑草が生い茂っている。
牛小屋では餓死した牛たちが横たわっている。鶏舎はウジがたかり、吐き気をさそう悪臭が漂う。

原発立ち入り禁止地域で、政府の命令に反し、立ち去ることを拒否した農夫の松村なおと氏
(訳注:漢字は直人さんだと思いますが)は富岡市の唯一の住人である。
「癌にかかる可能性も考えたが、留まりたかった」
アキという名前のやせた犬がいつもそばにいる53歳の男性は言う。
「もし私があきらめて去ったら、それですべて終わりだ。とどまるのは私の責任であり、
私はここに留まる権利がある」

政府に反抗することがまれであり、皆の意見の一致を何よりも大切にする国において松村氏は異端である。
彼の静かな抵抗は沈黙を守る何万人もの原発難民のジレンマに非常に大きなインパクトを与える。

松村氏は置き去りにされた動物たちの面倒を見ている。

「私達はすでに忘れ去られています。
日本の被災地以外の地域の人たちはもう自分たちの日常に戻ってしまった。
私達のことはなるべく考えないようにしているのだろう」

市役所は安全な場所に移され、住民たちは仮設住宅に移るか、どこかへ引っ越してしまった。
町は警察のバリアで封をされ、人間が住むには危険な場所だと公的に示されている。
警察官は毎日見回りをしている。
法的には立ち入り禁止区域にいる人間は誰でも拘留され、罰金を払わせられることになっている。

しかし警察は松村氏のことを見てみぬふりをするということだ。過去には警官とは数回衝突したこともあったが。
残っている人たちは何人かいたが、数週間前に最後の人間が出て行った。松村氏に猫を託して。

古いモーターを使って電気をおこし、水は井戸からくみ上げている。缶詰か魚を釣って食べる。
一ヶ月に一度か二度町に出て必要なものをもらってくる。見捨てられた犬や猫たちの世話もする。
狼に似たアキも。

何回か東京にいって政治家にも進言した。

「なぜ私がここにとどまっているのか。牛を置き去りにして死なせることがどんなにひどいことか。
家族の墓も守らなければならないと。しかし彼らは私の言うことなぞ聞いちゃいない。
そんなとこにいるほうが悪いというだけでした」

松村氏は一度だけ町を出たことがある。しかしそれは彼が村に留まる決意を一層強めることになっただけだった。
「親戚のところにも行ったが私が放射能をあびていると恐れ、中にいれてくれなかった。
避難所にも言ったが満員だった。これで私は十分にもとの場所に戻る理由ができた」

松村氏は100万円の弁償金をもらった。農夫としての収入に比べればずっと少ない。
原発が安定するまで先の保障はないそうである。

第二次大戦で降伏を拒んでジャングルの中にいた日本兵士を自分になぞらえる。
雨が激しくふってきた。多い茂った山を降りて水田に足を運ぶ。穂をつまんでため息とともに溝へ投げる。
今年は水田からは金はできない。もしかして一生できないかもしれない。

「最初は一人でいるのが奇妙だったが、とどまろうと決心したよ。もう慣れてきたしね」

 
アキと村松氏



この記事は 2011・09・20のもの!
そして 現代は

http://inochi88.blog28.fc2.com/
<オランダ人とペットの関係>


で 動画が見れます。
今 私達がしなくてはならない事は


   現実を受け止める事!!!


松村氏を始め このブログで

  虐待後行方不明のままの 盲導犬アトム号
  武田薬品の動物実験と動物愛護法改正の裏側
  新日本科学が原因の海外でのデモと裁判
  伊藤ハムアメリカ社の豚の虐待事件

書こうと思えば まだまだあります。
人間の子供達の問題でも

  またか・・・

と 悲惨な同じような事件が繰り返し起こります。
原発問題も


原発事故】
「国民性が事故拡大」 英各紙、国会事故調報告に苦言
2012.7.8 09:11 [放射能漏れ]
 【ロンドン=内藤泰朗】東京電力福島第1原発事故の国会事故調査委員会が5日に最終報告書を提出したことについて、英各紙は日本文化に根ざした習慣や規則、権威に従順な日本人の国民性が事故を拡大させたとする点を強調し、「日本的な大惨事」に苦言を呈する報道が目立った。

 ガーディアン紙は「フクシマの惨事の中心にあった日本文化の特徴」と題した記事で報告書の前文を引用し、島国の慣習や権威に責任を問わない姿勢が事故原因の一端にあるとする報告書の内容を伝えた。6日にも「文化の名の下に隠れるフクシマ・リポート」と題した記事で、「重大な報告書と文化を混同することは混乱したメッセージを世界に与える」と批判した。

 一方、「非常に日本的な大惨事」との見出しで報じたタイムズ紙(6日付)も「過ちは日本が国全体で起こしたものではなく、個人が責任を負い、彼らの不作為が罰せられるべきものだ。集団で責任を負う文化では問題を乗り越えることはできない」とコメントした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120708/dst12070811130003-n1.htm

<オランダ人とペットの関係より>



長くなりましたが 今一度皆に勇気を持って
自分達の暮らすこの日本の未来を
真剣に考え 行動に移してほしいです。


   何も 出来ない・・・


では無く 真実を周りの人に伝え
家族・友人・ご近所さんと話題にする事も
出来る事の一つです。
この日本で 私達を守ってくれる者は


   居ないのです!!!








スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【私達の未来は・・・】

この記事を どう取りますか??? 国民はまだ大増税の本当の痛みを実感していない。野田政権は消費税率を2014年4月から8%、2015年10月に10%に引き上げようとしている。 そのときに

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。