スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの動物愛護活動の有り方

こちらをご覧ください。





被災地に取り残された動物達のためにスケボーでオランダを走ります!

8月31日から9月2日までの3日間、オランダ在住の4人の男の子達が、東日本大震災で被災地に取り残された動物たちを助けるキャンペーンを掲げて、165キロの距離をスケートボードだけで走り、寄付を募るというチャリティーをすることになりました。以下はその4人からのメッセージです。
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちは!僕達はオランダの北ホーランド州にあるアッセンデルフトという街に住む、りく
(15)、ゲルゲイ(14)、パトリック(16)、ブライアン(12)です。僕達は東日大震災で被災して、いまだに取り残されている多くの動物達を助けるため、165キロの道のりをスケボーで走ります。 あの震災から1年以上経ったのに被災地にはまだ沢山の犬、猫や家畜などの動物達が、餌、水、そしてケアも与えられないまま取り残されています。彼らにとって唯一の頼みの綱は、毎週のように被災地に通い、食べ物や飲み物を与えてくれる小さな民間のボランティア団体の人たちです。動物達をこの悲惨な状況から一日でも早く一頭でも 多く救うためにはあなたの助けが必要です。
どうか動物達に生きるチャンスを与えてください。
僕達のスケートボードチャリティーに協力をお願いします!

   ―――――――――――――――――――――
さて、この4人がなぜスケートボートチャリティーを思い立ったかお話しましょう。
2011年3月11日に東日本を襲った大地震とそれに伴う大津波。約2万 人の方が死亡・または行方不明となり、多くの方が家や財産を失いました。更に福島原発爆発事故による被害が被災地を襲い、東京電力と日本政府は、放射能被害拡大、そしてメルトダウンを防ぐことはできませんでした。その結果多くの住民は住み慣れた町から避難を強いられました。
ここまでは皆さんよくご存知ですね。
しかし、ほとんどの動物をその地に置き去りにして避難しなければならなかったことはご存知でしょうか?

多くの避難所は動物持ち込みが禁止されていました。政府は住民に動物を置いていくように指示したので、飼い主はそうするほかなかったのです。しかし事態はますます悪化しました。避難勧告地域は帰還困難区域となり、政府の許可なしに立ち入りができなくなったのです。.その結果、犬、猫、ウサギ、牛などの動物達は、政府により救助されることもなく死んでいきました。そして、生き残った動物達は今も地震直後から変わらない状況の中に取り残されたままです。

しかし、そのような状況下で自らの危険を顧みず(放射能によるリスクを承知の上)取り残された動物達を全力を尽くして助けるボランティア団体が数多く存在するのです。政府からの資金援助もなく、自己負担ですでに何百頭もの動物を救助してくださっています。

日本でこのような悲惨な事態が続いていることに日本国内、国外の人々は気づいているでしょうか。

沢山集まった寄付に関しても、実際に受け取るべきボランティア団体に届かなかったという不祥事も発生しています。不足する経費のこともあって、食べ物や水を運んだり、治療の必要な動物をケアをしたりすることが日増しに難しくなってきているというのが現状です。

この勇気ある4人のスケーターに協力してください。あなたの協力により沢山の動物達に生きるチャンスを与えることができます!

www.animalrightsforjapan.com/JP/index_jp.php#?page=http://www.animalrightsforjapan.com/JP/events/skateboard.php



オランダの同志達が
動き出した。

日本でも2日に

「デモ」

が 有るそうだが

政府に向かっての抗議を
政府の許可を貰い、
メリットの無い場所を
警察の警備の元
行進する?????

何の 意味が有ると言うのか???
ただの

 パフォーマンス
 自己満足

で 終ってしまいそうだ。
勿論、遠くから来たり
時間をやりくりして参加する人達は
現実が少しでも変わる事を信じ・願い
熱い思いで集まってくる。
問題は

  主催者サイド

だ!!!!!。
そこに

  感動

が 無くては人々の心は動かない。
2日のデモは デモではなく

  ただの行進

に なるのではないだろうか。
せめて 全員が犬の着ぐるみを着て
犬目線の言葉のプラカードを持っていれば
行進ではなく

  パレード

位には なるだろう。

派手で目立つ事をしなくても
今、自分に出来る事をやっていこう!!!

例えば 秋は

  学園祭

の 季節。
国内の学校が同じテーマで
学園祭で行動を起こしてくれたら・・・
そして 地域地域で 
自分の暮らす町を 
本気で 良くしていってほしい。


我が町では
10月2日~12日
新居浜市社会福祉協議会で

 写真展「命の光と陰と・・・」

その中日の 10月7日(日曜日)
どう会場で

 マルコ・ブルーノ氏の講演会

が 行われる。
まずは この新居浜市を
動物と共存できる優しい町にしていこう!!!
日々、マルコ氏とも
「何からやって行こうか。」と話し合っている。
彼のパソコンは まだ繋がっていないので
皆様とは連絡がとれない状態だが
強制送還はされていないので・・・
もう しばらく待っていてほしい。


動物愛護活動は

  動物が可哀そう・・・

だけでするのではなく
ならば 可哀そうな動物を出さない為に
自分に何が出来るだろう???
そして 責任ある行動に移す事!!!
それは 動物を守るだけでなく
自分の未来、これからの生まれてくる

  全ての命

を 守る事になるのではないだろうか!!!!!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。