スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪と小雪

今年に入り

 子猫3頭
 成犬2頭

が増えました。
成犬2頭は 保護をしてから
2週間が経ちました。
我が家では無く 行政に保護されていたら
どんなに長くても 今日が


   殺処分の日

2頭とも2歳前後の女の子で(雪と小雪)
子供を生んだ形跡があります。
犬同士の付き合い方も全然わからない、
散歩の仕方もわからないようでした。
特に小雪のほうは 
最初に保護されてた方から

  「水も飲まない・ご飯も食べない。
    このままでは衰弱してしまう。」

と言うことで 我が家で預かる事になりました。
小雪は 心に深い傷があるのか 無表情で
シッポを振ることもなく 唸る事も無く
全てを拒否して ただここで息をしているだけ・・・
そんな子でした。
それでも 我が家の犬達の毒気に中てられたのか
さっさとご飯も食べるし 
皆と散歩にも行けるようになりました。
ただ 今度何かで心に傷を負うと
二度と正気には戻らないかもしれません。
そんな小雪を理解し、
全力で守ってくれるご家庭が有ればいいのですが・・・
でないのならば このまま我が家で暮らせばいい・・・
そう思っています。

雪と小雪に関しての情報・憶測はいろいろと有るのですが
この子達の為に公に出せるのは 今の所これくらいです。
人間の柵で これ以上この子達を苦しめたくないから!!!
ただただ この子達の未来が優しい光に包まれていてほしい・・・
それだけを願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

心と体に深い傷を負うと、癒すのに、長い時間が
かかります。人間はいろんな手段を知っていますが、
人から受けた傷をもっている動物の傷を癒すのに、
人の愛情は大きな力になります。そして又、仲間の
パワーを貰って癒されていく…どうぞ幸せでいて
下さいね。問題をいっぱいかかえた私はひとつづつ、
頑張ってクリアしていきます。精いっぱい、生きて
いるみんなに負けない様に…!
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。