スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋へ・・・

4月13日で16歳になった
Mダックスのジェニーちゃんが
お昼前に 虹の橋へ旅立ちました。

今朝、いつものように
順番に犬達の世話をしていました。
エコちゃん達が散歩に行く時は
ジェニーちゃんは
ペットシーツの上に居ました。
行ったり来たりしているうちに
ジェニーちゃんは ベッドの上に・・・
次は ダックス軍団の番。
真っ先に ジェニーちゃんを見ました。
さっきと同じ姿勢。
目をこらすと お腹が動いていない。
触ると もう冷たく硬くなっていました。
どう見ても 眠っているようにしか見えません。

  「苦しまず、眠るように逝ったんだね。」

ここの所の ご飯の食べ方 飲む水の量で
もう長くは無い事は 解っていました。
昔の私ならば

  「ジェニー、頑張って!」

って 言っていたでしょうけど
昨夜のご飯ん食べ方を見て

  「しんどいのならば
     ブー君やウーちゃんに迎えにきてもらいな。
   母さんも 時期、逝くからね。
     その時は みんなで迎えに来てね。」

って 言ったとこでした。
ジェニーちゃんは 

  「帝王切開でないと 子供が産めないから
    ペットして飼ってくれる人を探してください。」

と 新居浜市のあるブリーダーに託されたのですが
そのブリーダーが ダックスを探していた我が家に

  「子犬を産ます。」

条件で 譲ってくれたのです。
帝王切開の事など 何も聞かされていませんでした。

我が家での 1回目のお産は
 
  「たまたま 帝王切開になったのだ。」

と思っていました。
続けて 子犬を産ませろと言われたのですが
可愛そうなので 強引に1年あけました。
2回目のお産で 子宮と腹膜が癒着している事が解り

  「もう 可哀そうでこれ以上は生まなくていい!」

と 子宮を取りました。
この後で 元のブリーダーさんが
私の独身時代の知り合いだった事が解り
ここで 初めて本当の事が解りました。

  「解っていたら 子犬なんて産ませていなかったのに・・・」

ジェニーちゃんに 申し訳なくて・・・

  「この子は 何度お腹を切ったのだろう?」

我が家に来たのは 3歳の時。
約13年間 一緒に暮らしました。
いっぱい・いっぱい 思い出が有ります。

元のブリーダーさんに 電話を入れました。
「16歳を越した」事を 喜んでくださいました。
先日綺麗に シャンプー・カットし
可愛いリボンまで付けてくださった
トリマーさんにも 電話をしました。

  「苦しまなくて 良かったね。」

って 言ってくださいました。
生まれて来た以上は
いつかは 死を迎えます。
どれだけ沢山の楽しい思い出を作り
どんな最後を迎えるかで
その子が幸せだったかどうか 解るような気がします。
ジェニーちゃんは 犬部屋で家族に囲まれ
自分のいつもの場所で 眠るように逝きました。
幸せだったと 信じています。

この火曜日、センターで新居浜から行った
柴犬・♂・5歳前後の子が
里親を見つける事が出来ず
他の子達と一緒に 殺処分されてしまいました。
次々と センターに犬や猫達が搬送されています。
犬を飼える余裕のある人は この子達の里親になってください。
そして 一度家族に迎えたのならば
愛情と責任を持って 最後までお世話してあげてください。
難しい事では有りません。
ただ 当たり前のことを 当たり前にして下さったら良いだけなのです。
それに対し 自信がないのならば 「命」有るものを一切飼わないでください。

他の「命」にした事は
  必ず自分に帰ってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジェニーちゃんは幸せだったと思います。
こんなに思ってくれる身内がいて・・・
私には一期と別れがくる事が…想像できません
私が先か、一期が先かわかりませんが、
ジェニーちゃんの様に幸せを感じて行けるように
日々努力したいと思います。
お疲れ様でした。

No title

ジェニーちゃん虹の橋を渡ったのですね。
でもエコちゃん母さんのお家に来てからの13年間はとっても幸せだったのだと思います。
最後に眠るように逝っってしまった・・・これが物語っていますよね。

いつか私たちも虹の橋を渡るときはみんなに迎えにきて欲しいものですね。

ジェニーちゃん、天国では沢山のお友達に囲まれながらいっぱいいっぱい走りまわって遊んでね☆

No title

一期の母様
ありがとうございます。
先の事は 誰にも解りません。
ただ「ペット・ロス」は その子を家族にすると 決めた時から 始まっているのだと思っています。
一期君の様に辛い過去を持っている子は 敏感です。
だから 母さんが「幸せ」と感じれば一期君にちゃんと伝わり 一期君も「幸せ」で 居られるはずです。
いつも 笑顔で居たいですね。
ジェニーちゃんは最後まで 穏やかなお顔でした。

No title

エルフまま様
ここの所の大雨の前の 異常な蒸し暑さになった位から ジェニーちゃんの様子が 一気に変わりました。
お別れは 何度経験しても慣れる事は有りませんが 受け止め方は変わって来たように思います。
「死」も 自然体として 受け入れれるようになりました。
ただ 逝く子も 見送る私も「心穏やか」で居られるよう 常に心がけていたいです。
ひのきちゃんには 元気に帰ってきてもらい ジェニーちゃん以上に幸せに 長生きしてもらいたいです。
ミグシィブログにも書いたのですが 本当にこの子達は「幸せの青い鳥」なんですよ。

ご冥福を

ジェニーちゃんは、最終がエコさんちでよかったですね。

天命を全うした事と思います。
エコさんに出会えた事で16歳まで長生き出来たもの。

私の事は心配しないで先に逝った子らが沢山待っていてくれたから
ここでは子供産むこともないし、病気や怪我もしないからね。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。