スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわりの花を咲かせて!!!

長崎の多頭飼い飼育崩壊の28頭の犬達、
全ての命が繋がったそうです。
協力してくださった著名人はじめ
皆様の思いが繋がり 最悪の事態は免れました。
ありがとうございました。

でも 日本全国では
このような犬達が 
人知れず 右から左へと簡単に流れ
殺処分されています。
この現実を変えない限り
手放しでは喜べません。

そんな中、
宮崎県での実話の映画

   「ひまわりと子犬の7日間」

その主人公<ひまわりちゃん>の事で
大切なお知らせがあります。

  http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/

原案者の方のブログ
  
  「動物達の未来の為に」

どうか この映画を一過性のものにしないでください。
全国に<ひまわりちゃん>はいます。
皆の心に咲いた<ひまわり>を 枯らさないでください。

原案者の方には 私はとっぱちからきつい事を言い続けてきました。
動物愛護活動は 半端な気持ちでは出来ません。
途中で投げ出すくらいならば さっさと辞めてしまった方がいい。
でも彼女は 食らいついてきました。
動物愛護をしている人の中には
助けた動物の数を競い合っている人もいますが
彼女は 手を差し伸べて上げられなかった子への

   罪悪感

と いつも戦っています。
真剣に活動をしている人が
一番苦しむのが この思いです。
日本だけです。
毎日の様にマルコから ヨーロッパの話を聞かされ
本当に辛いです。
動物も助けたいけれど
何よりも この人達を早く楽にしてあげたいです。

一人でも多くの人の心が 繋がりますように!!!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当にそうですね。28頭の命は繋がりましたが、まだ
センターにも、全国にも、沢山の命が光を求めています。
長崎では野犬が処分されそうになって、その時も、代表
さんが、諦めきれず、直前にレスキューされて、命が
繋がりました。救いきれない命を思い、いつも団体さん、
個人の活動家の方々、苦しい思いをしてらっしゃいます。
エコちゃんの母さんも、ライフさん方も、お体を壊されないか、
とても心配です。早く、せめて、自由に活動ができる様に
なって欲しいと思います。私も出来る事を地道に続けて
いきたいと思います。

ひまわりちゃん亡くなっていたのですね。

映画のCMを見る限りでは子供向けの動物映画のように見えてしまいますがもっと深い内容みたいですね。
愛護センターが動物を保護飼育する為の場所ではない事を知らない人達に観て欲しいです。

エコちゃんの母様の仰る通り、仕事とは言え殺処分をしなければならない職員の方々、目の前の命の選別をしなければならないボランティアの方々…
そして何よりも無責任な我々日本人に殺される動物達の魂を救う為に
この映画が日本の動物愛護を変えるきっかけとなりますように。

No title

勘太-モモのママ 様
愛媛では各市行政での譲渡はしてませんし、動物愛護センターでも団体への譲渡は無しで 一県民として講習会を受けてやっと 年に1頭だけの譲渡になります。
なので 凄くてこずっています。
もっと動物の為に動ける「権限」が ほしいです。
政府はまったく宛てにならないので 今の所あの手この手で 崩していくしかないようです。
でも あきらめてはいません!!!

No title

関西人様
彼女とは「みやざき動物のいのちを守る会」にいる時からのお付き合いです。
動物愛護を真剣にやればやるほど「家庭崩壊」になった人を沢山見てきています。
一番にそれが心配で やめるならば早いほうが良いと思い、ズバズバ言ったのですが 彼女の「命」への思いは本物でした。
ご家族も理解してくれ 協力してくれているので良かったです。
私にとったら 娘のように思っている人で ヒヤヒヤしながらも これからも見守っていていきたいです。
そんな彼女の思いがこもった映画です。 

我が家にも ひまわりと同じ状況だった子がいるので きっと皆の心にメッセージが届くと信じています。
我が家の子は サクラと言います。

ひまわりと…

観て来ました。
もう最初から最後まで泣き通しで泣き疲れてしまいました。
見応えがあります。

もちろんお涙頂戴だけの内容ではないとは分かっていましたが、現実の関係者や動物達に思いを馳せると心が痛かったです。


この映画を多くの人に観て貰い、原作までも読んで欲しいと思いました。

No title

関西人様
ありがとうございます。
犬達を助ける為に 由実さんたちがどんなに苦しい思いをし、どれだけの犠牲をはらってきたか・・・

動物達を苦しめるのも 人間。
また 動物達を救うのも 人間。
「命の光と陰と・・・」
どちらの世界で生きたいのか???
人間は 自分で選ぶ事が出来ますものね。
頑張った人間だけが「光」に包まれるのだと思います。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。