スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実の中の教訓

今、スパイス達は
私の後ろで悪戯合戦を 繰り広げています。
スパイスたちがいる部屋は
本来は客間で
マルコの宝物の 音響設備が壁一面占領しています。
私のパソコンも 
まだ ランで飛ばしていないので
この部屋にあります。

3頭それぞれに
個性が出てきました。
センターで
おびえて隅っこにいた ローズが
一番の おてんば。
人懐こそうだった ペッパーが
小心者。
一番うるさく吠えていた ミントが
静かで 扱いやすい子。
それぞれの短所を
長所でカバーできるようにしてあげたいです。


今朝の新聞に

   「愛媛県民だより」

が 入っていました。
2ページ目に

   「学生による県庁レポート
       愛媛の「いいね」!」

が ありました。
ペット専門学校生が
県道物愛護センターを訪問して書かれているのですが
まあ、表向きはこれでよいとは思うのですが
どうしても 許せない部分があります。

  質問2
 センターに勤務されているみなさんの
   仕事に対する思いは?

の 応対分は

  「譲渡会を行うことで譲渡される犬猫も
   増えてきましたが、まだまだ処分数の
   方が多く、それはとても辛くて悲しい
   ことです。しかし処分に携わっている
   からこそ、「命の大切さを自分たちが
   伝えていかなければならない」と強く
   思っています。」


ならば 四国中央市の27頭の扱いは

   なんだったのか??????

所長はじめ 獣医が揃っていながら
県庁から

  殺処分対象からはずし
    譲渡対象にするように

との指令があったにもかかわらず
なぜ 譲渡しづらくなるような

   感染症の疑いがある。
   人に懐きにくい。

を 言い続けたのでしょう?????
感染症の疑いがある、もしくは症状が出たのならば
隔離をするなり検査するなりすべきであって
そのことは 途中経過の時に

 「知事メール」

にも 書きました。
検査も キッドも安い値段だし
簡単で 私でも出来ます。
それも していない。
やく20年、常に複数の犬猫と暮らし
途中、動物病院・躾教室のスタッフ、
ブリーダーなど経験しましたが
センターが 言い続けていた

  「パルボウイルスによる感染症」

では 前日まで元気に走っていた犬が
突然の嘔吐・下痢や血便で死ぬことは ないです。
ハッキリ言って


   「中毒死」

だと 思います。
パルボウイルスによる感染症ならば
高熱などで立ち上がれなくなったあげく
かなりのどす黒い血便や嘔吐が出て
数日間苦しみ、そして亡くなります。
それに 1ヶ月も一緒にいたスパイス達が 陰性???
(2頭キャリアはいましたが)


  獣医が揃っていながら なぜ????????


ローズの便から出た大量の
まるでシュレッターにかけた様な
ゴム片は 何???????
所長は

   1ヶ月前山に遺棄された時に お腹が空いて
   その辺にあったスーパーの袋に入っていた
   食べ物のゴミを 袋ごと食べたのだろう。

そのゴム片を見て 即答しました。
スーパーのレジの仕事を長年してきましたが
ゴムの様に伸びる素材の袋は 見た事がありません。
まして 犬が自分で噛み砕いたのならば
形も・大きさも・断面も バラバラのはずです。
後日、写真を載せます。
もし 私たちがウソをついているのならば
ローズが入院していた動物病院も
ウソをついたことになります。




まだまだ センターへの疑問点はあります。
書きたくは無かったけど
「愛媛県民だより」を読んで
余りにも センターで死んでいった子達が 不愍で・・・・・・

これだけは ハッキリと書いておきます。
センターと言っても
四国中央市の犬達のことで
決定権を持っているのは 所長であるらしいと言う事と
こちらの対応に当たってくれていたのは
所長と 一人の担当職員さんで
その担当職員さんでさえ、最後の4頭の引き出しは 
蚊帳の外だったらしく 知らなかった様で 
ペッパーミントを事前に電話して迎えに要ったにもかかわらず
担当者は 私達を見てビックリしていました。

他の職員さんは 県民便りに書いている通り
一生懸命に お世話してくださっています。
どうか きっちり区別をしてみてください。
お願いいたします。


センター内での出来事は
行政の長い間の 悪い習慣の結果です。
誰かが責任を取らなければならないとしたら
県庁であり、トップの知事の責任です。
行政での中間職は 
問題を起こさず 平穏にことを進める事が
仕事として求められていますから

 「臭いもの・都合の悪いものには蓋をする」

いつの間にか 問題点を改善していくのではなく
これが仕事になってしまっているのです。


長くなりましたが
もし 悪者探しをするのならば


   遺棄した人間!!!!!


です。
<<教訓>>にするのならば
民主一人一人が 行政の
「綺麗な言葉」
に ごまかされず
しっかりと見張り 声を出し結束していく事です。
マルコが よくどなっています。


  << おれ達の 税金で飯くいやがって!!!!! >>



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメ・お二人様へ
それが現日本の本当の姿なのです。
昔は新聞・TVだけが唯一の情報を知る手がかりでしたが 今はネットで自分がしっかりと信念を持って先入観にとらわれず、勉強さえし続けていたら 何が本当のネット情報なのか わかるはずです。
盲導犬アトム号の時もそうでした。
犬・猫は「命」ではなく、「物」なのです。
今の中央政治を見れば判るように 人間にさえ、自分の利益に関わる人間だけを守る政治をしています。
今、私たちがしなくてはいけない事は 真に「命」と向き合っている人が一つになることです。
蟻も1匹・2匹では 踏み潰されて終わりですが 大群になると象をも倒せます。
どうか 犠牲になった「命」を無駄にしないよう、一日も早く終止符が打てるよう結束し、自分に出来ることはやって行きましょう。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。