スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってもらいましょ!!!!!

<2013年3月28日に送った「知事メール」です。>


新居浜市で動物愛護の啓蒙をしている「リードの会」の藤田です。

愛媛新聞です。

<<四国中央山中などで犬20匹遺棄か
   2013年03月23日(土)

【写真】四国中央市で遺棄されたとみられる雑種犬=22日午後、松山市東川町の県動物愛護センター

 シーズーの特徴がある雑種犬20匹が2月末~3月中旬に愛媛県四国中央市の山中など特定地域で相次ぎ見つかり、県動物愛護センター(松山市東川町)が収容していたことが22日、分かった。特徴の似た雑種犬が一度に同じ場所で見つかることは珍しく、同センターは「誰かが一度に遺棄した可能性が高い」とみている。
 センターによると、2月27日に四国中央市富郷町の山中で、シーズーの特徴を持つ雑種10匹を同市の委託業者が捕獲し、3月1~5日にセンターが収容。5~13日にも市民が同様の特徴がある犬を同市の公園などで計10匹発見、15日までにセンターが収容した。
 10匹は22日までに殺処分され、1匹は死んだ。9匹は収容中。毛利靖担当係長(45)は「成犬で人に懐きにくいが、特異なケースだけに当面は譲渡も検討する」としている。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130323/news20130323399.html>

これだけで終りませんでした。
譲渡されるはずだった犬達は次々と病気の為亡くなり、
さらに26日に また6頭遺棄されていました。
警察も捜査しているとのことですが 一番心配している事は
愛媛県が「犬捨て場」になってしまう事です。
経済が悪くなれば 真っ先に切り捨てられるのはペットです。
捨てやすい環境になると 繁殖屋・無責任な飼い主にあっという間うわさは広まります。
このように「命」を軽視する現実は 早めに手を打ってほしいです。
社会問題になっている「いじめ・虐待・体罰・自殺・・・」などの根っこは この辺にあるように思えます。
いくら机の上で データー上の数字を拾って話し合っても 解決策は見つからないと思います。

それと犬達の遺棄は 県外からの可能性があります。
賢明に「殺処分ゼロ」を目指し 辛い・苦しい仕事をされている動物愛護センターの職員さんの気持ちを考えると こちらも苦しくなります。

どうか 愛媛県が「犬捨て場」にならないよう、「命」に優しい県であるためにも 愛媛県の姿勢をきっちり見せて 県行政・警察・民衆が協力して 早期の解決を願っています。

勝手な事ばかり書きましたが よろしくお願いいたします。




<で 2013年4月10日に送られてきたメールです。>


拝啓 メールをいただきありがとうございました。
 今回の件を受け、動物愛護センターでは、動物遺棄の疑いもあることから、四国中央警察署へ情報提供を行うともに、県内動物取扱業者について調査を行いました。
調査の結果、当該犬を飼育していた可能性のある業者は認められませんでしたが、引き続き、業者に対する立入検査を強化し、適切な飼養管理についての啓発・指導を進めて参ります。
 また、遺棄防止啓発ポスターを警察署及び市役所等へ配布・掲示すること等により「動物を遺棄することは犯罪である」ことを強く訴え、遺棄防止及び終生飼養のさらなる啓発に努めることとしております。
 今後とも、新たな情報を得た際には、速やかに警察へ情報提供を行うなど、関係機関と緊密に連携を図り、適切に対応して参りますので御理解をお願いいたします。
                   敬具
 平成25年4月10日

  藤田 尚美  様
                   愛媛県知事 中村 時広







<2013年4月11日に送った「知事メール」です。>


中村知事様

メールをありがとうございました。
今、愛媛県動物愛護センターに保護された四国中央市で遺棄された27頭の内、10頭が殺処分、10頭が病死、生き残った7頭の内、1頭はえひめイヌネコの会さんが、1頭がリードの会で里親を見つけました。
リードの会で連れて帰った犬は そのまま動物病院で可能な限りの検査を受けました。
栄養状態が少し悪いだけで 他の異常はまったく見られませんでした。
はじめは繫殖屋が遺棄した犬だと思っていたのですが フィラリアが陰性でした。
と言うことは フィラリア予防をしていたという事で どこかの動物病院と繋がっている可能性があります。
フィラリア予防をしなくても犬は6~7年は生きます。
お金儲け目的の繫殖屋は出費がかかる予防はほとんどしません。
もし 生き残っている犬達もフィラリア陰性だったら 繫殖屋より 個人の多頭飼い、または個人でしている自称動物愛護団体の可能性も出てきます。
頭数が多いので 動物病院から絞り込める可能性もあると思います。

また 啓発・指導は何の効き目にもなりません。
もっと毅然とした対応をお願いいたします。
ポスターも埼玉県のポスターなどを参考にして 意味のあるものにしてください。




埼玉県ポスターがすごい! 「殺処分へのカウントダウン」
投稿日: 2013/03/29 by サイト担当
埼玉県が新しい動物愛護のポスターを作成しました。以前にも、実際に処分された犬たちがつけていた首輪の写真を使った胸に迫るポスターをつくった埼玉県ですが、今回のポスターも秀逸です。持ち込みをする飼い主に対し、殺処分装置を操作する自分自身を想像してほしいと訴えています。



※埼玉県の許可を得て画像を掲載しています。







時代はどんどん流れています。
どうか オブラートでくるんだり 古いマニアルどうりはやめてください。
本気で全力で愛媛を変えていってください。


センター内で1ヶ月ほどで 病死した10頭の犬達の死因も判明していません。
新しいウイルスや細菌の伝染でない確認をする為にも 亡くなった犬の検死を県獣医師会でしてほしいです。
お忙しいとは思いますが 「悪い芽」は早めに解決をお願いいたします。

また このメールは愛媛県動物愛護センターまで 回さないでください。
現場は筒いっぱいです。
これ以上職員さんの 体力・精神的ストレスを与えないでください。
県庁の皆様も良かったら一度でいいです。
その手で殺処分のボタンを押し、あの子達の首輪をはずし、麻袋にいれてあげてください。
お願いいたします。


このメールを 中村知事様、ご本人様が読んでくれることを祈っています。




    「リードの会」  藤田 尚美

  (これに関しての返事メールは来ませんでした。)



<そして県のHP内の知事に寄せられた提言(25年4月)>
   http://www.pref.ehime.jp/h12200/6266/teigen2504.html#t04


4 動物遺棄に対する対策を

 シーズーの特徴がある雑種犬20匹が2月末~3月中旬に愛媛県四国中央市の山中など特定地域で相次ぎ見つかり、県動物愛護センターで収容していたとの記事を見ました。警察も捜査しているとのことですが 一番心配している事は愛媛県が「犬捨て場」になってしまう事です。このように「命」を軽視する現実は、早めに手を打って欲しいです。
 どうか 愛媛県が「犬捨て場」にならないよう、「命」に優しい県であるためにも、県行政・警察・民衆が協力して早期の解決を願っています。

(回答)

 今回の件を受け、動物愛護センターでは、動物遺棄の疑いもあることから、四国中央警察署へ情報提供を行うともに、県内動物取扱業者について調査を行いました。
 調査の結果、当該犬を飼育していた可能性のある業者は認められませんでしたが、引き続き、業者に対する立入検査を強化し、適切な飼養管理についての啓発・指導を進めて参ります。
 また、遺棄防止啓発ポスターを警察署及び市役所等へ配布・掲示すること等により「動物を遺棄することは犯罪である」ことを強く訴え、遺棄防止及び終生飼養のさらなる啓発に努めることとしております。
 今後とも、新たな情報を得た際には、速やかに警察へ情報提供を行うなど、関係機関と緊密に連携を図り、適切に対応して参りますので御理解をお願いいたします。




     <<<やってもらいましょう!!!!!>>>


私も直接

  四国中央市市役所・警察署
  国会議員:白石とおる氏とも秘書を通じて

連絡を取り合っています。

最近では 新居浜の国道沿いに
悪質なペットショップがオープンしました。
法的手続きをしているので
私からは 何も言えませんが
営業を許可した 行政に問題があります。
最近では 悪質業者は

   都会では やりづらい。
   田舎が ねらい目だ!!!

と言うことで ここ数年で
「あらら」と言う場面が 多いです。

行政に しっかりとしてもらいたいものです。
四国中央市の犬遺棄事件からこちら
センターのHPの迷い犬を見ていても
どう見ても 血のつながりがあったり
一緒に飼われていたらしい犬が
同じ場所で 保護されています。
これは 悪い流れです。

行政は行政でなければ出来ない事があります。
民間も 行政任せにせず 出来ることはしなければなりません。
行政も 警察も その他機関も 民間も


     縦割り


なんて時代遅れな事はやめて
結束し、それぞれの役割を責任を持って協働し
一つ一つを丁寧に解決し
光のある未来社会を目指すべきです。
今日本は 全ての国民が立場を超えて

  3M(無知・無関心・無責任)をやめるべきです!!!







<<<皆が いつまでも仲良く暮らせますように>>>


dc031555.jpg
dc031535.jpg
dc031534.jpg
dc031538.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に、やってもらいましょう!人間の事ではないからと
後回しにするようであれば、噓つきです!しっかり行政の
動きを見ておかないといけませんね。
熊本の動物愛護センターも殺処分ゼロに向けて動き始めた
時、まず行政、獣医、ボランティアなどの連携をとる為の
会をたちあげました。命を救う為に、それぞれができる事を
持ち寄っていけば、かなりの問題が解決できると思います。
それぞれが、諦めず、頑張りましょう。
こんなに可愛い仔達が不幸になる事は我慢できません!

No title

勘太-モモのママ 様
「命を守る」と言うことは
素直に単純に考えると
答えは 一つしかないはずです。
だけど 人間が「煩悩」に負けてしまうから
現実が こうなってしまう。
悲しいです。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。