スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ますます 厳しい!!!

参院選、まるでお約束みたいに
自民圧勝でした。
翌日の愛媛新聞に
マルコや私が言いたい事を
語ってくださった教授がいました。

こちらです。



愛媛選挙区 結果分析 愛媛大法文学部 戸沢 健次教授に聞く 2013年07月23日(火)


戸沢健次教授

 自民党が圧勝し、衆参両院の「ねじれ」が解消された第23回参院選。愛媛選挙区でも自民新人の井原巧氏が次点に大差で勝利したが、投票率は過去最低の49・40%に落ち込んだ。愛媛大法文学部の戸沢健次教授(比較政治論)に選挙結果を分析してもらった。(聞き手・阪和舞)

【過去最低の投票率危うい メディアの責任も大】
 (愛媛で)過去最低の投票率は民主主義の危機だ。(全国で)過半数近くが投票していないのは、国民の約25%が賛成すれば政治を動かせるということになる。25%では多数にならず、組織票を持つ候補の勝利といえる。
 投票の重要性を若者をはじめ、国民全体が理解していなかった。これはメディアの責任が大きい。公示直後から世論調査などで自民党の優勢が繰り返し伝えられ、「結果が分かっている」選挙とみられてしまった。
 ネット選挙運動の効果は最小だった。ネット利用者は3千万人ともいわれるが、投票所に足を運ばなかった人が多かったのではないか。やりとりは活発だったが、特に原発や環太平洋連携協定(TPP)を批判する人たちの投票行動に結びつかなかったようだ。政治家側でいえば骨折り損。利用者が選挙に行けば、こんな低い投票率にはならなかったはずだ。
 ただ利用者の投票行動を分析し、若者らが投票に向かうまで検証しながら続ける必要はある。また投票した人もネット上で政策を見たり比較したりすることができれば、街頭演説などに行かなくても情報を得られ、恩恵になる。
 自民は完勝ではない。厳しいとされていた1人区の岩手と沖縄で議席を獲得できておらず、挽回できていない。また、国民にとり暮らし向きが良くならなければ「アベノミクス」の実感もない。自民が評価されたというよりも、民主は駄目だというネガティブな消去法で残った。
 一方で、野党が共闘して候補を一本化していれば1人区でも勝ったかもしれないが、信念や政策の違いで野党の大連合を失わせた。主張を保ったともいえるが軸はできなかった。愛媛では民主の前衆院議員が立候補をやめるなど輪を掛けてバラバラだった印象だ。
 自民などが前向きな憲法改正に関し、(改憲勢力の)議席は改憲発議に必要な3分の2に達しなかったが、公明党は自民に追随する可能性がある。改憲に向かうとしても今後も慎重であり続けるべきで、自民はフリーハンドを与えられたわけではない。
 争点は何だったのか。憲法を保持したい、原発をなくしたいというのも争点にはならなかった。実際には原発停止で電気料金が上がるなど、護憲や原発の即時停止は希望であって、現実とは違うということを県民は知っている。



早速 安部政権の こんなのも ありました。




安倍政権は22日、武器禁輸政策の抜本見直しに向けた議論を8月から本格化させる方針を固めた。新たな指針の策定により、従来の武器輸出三原則を事実上「撤廃」することも視野に入れている。安倍晋三首相は撤廃に前向きという。政府筋が明らかにした。
 防衛省は26日にも公表する新防衛大綱の中間報告に新指針の策定方針を盛り込む方向だ。冷戦下で共産圏への技術流出を防ぐ目的の三原則が、武器の国際共同開発が主流の現状にそぐわないとの判断からで、野田民主党政権が進めた禁輸緩和をさらに徹底する。国内防衛産業を育成する狙いもある。





私が ちょこまか文章並べるより わかりやすい。

ここで 私が思う事。
愛媛で言うと

  投票率が 半分もない!!!

いかに 県民が3M(無知・無責任・無関心)か!!!
3年後の次の選挙まで いかなる事があっても
行政に 文句は言えない!!! 
  (棄権した自己責任)
  <それまで 日本が維持できたらの話だが・・・>
自民では 動物愛護の「ど」の字さえ
はるかかなたに飛んで行ってますね。
活動がますます 大変になってきます。



  <<国内防衛産業を育成する狙いもある>>

早い話が 「武器を生産し 輸出して金儲けをする。」

命を、それも同じ人間の命を奪うことに荷担して 金儲け!!!
間違えても 動物達の命を守るなんて事
かすかでも 頭の中でよぎる事もないでしょう。
日本は どこへ向かおうとしているのでしょう?????



そんな中、昨日 新居浜市で行われた

  「知事とみんなの笑顔でトーク」

を 一番前の席で
マルコと傍聴してきました。
中村知事は その昔、西日本で
橋下氏や元宮崎県知事と
日本改革を目指し 握手を交わした人です。
お二人は こけてしまいましたが
中村知事は まず地元愛媛を守ろうとしている。
と とれました。
永田町目線でもなく 上から目線でもなく
これがパフォーマンスでなく

   真

であるならば ついて行きたいですね。




白石議員の秘書さんから 連絡がありました。

    四国中央市の犬達

の事で 四国中央市内で
一生懸命に 情報集めをしてくださっている人がいる!!!!!

ひょっとしたら 刑事さんかもしれませんね。
一般の方だったとしても 
あきらめないで 動いてくれている!!!!!
嬉しい限りです!!!!!
センター内でなくなった犬達も 喜んでいるはずです。
「リードの会」としても
9月20日~26日の

    動物愛護週間

に向けて企画を考えていて 開場探しをしています。
今、新居浜イオンさんにお願いをしていて
返事待ちです。
いろいろと決まれば お知らせします。



dc031536.jpg

  らんま猫 「これから どうなるのかなあ???」





dc031535.jpg

   エコ    「さあね、アホな人間が多いからなあ~ ・ ・ ・ 」

   らんま猫  「はあぁぁぁ~~~~ ・ ・ ・ 」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

江川紹子さんの所で見ましたが、この選挙には500億円がつぎ込まれ、50%が棄権したと言う事は250億円の税金が無駄になったと言う事のようです。
それだけあれば動物を救うには充分の金額…根本的な解決にはなりませんが。



自民党圧勝と言われていますが得票数だけだと自民党のそれよりも野党全体のそれの方が上回っています。
投票所に足を運んだ人の半分以上は自民党にNO!と言ってるのです。


若い人の投票率が低いと言う事は、マスコミに踊らされて自民党に入れた年配者が多いと言う事なので、案外3Mなのはいい年した大人なのかも…若しくは、既得損益のある大人か。


昨日「風立ちぬ」を観ましたが、人が夢を追いかけて人にも優しく出来る社会にするには武器は不要です!
人の命を奪う武器を売って得たお金は国を蝕み虚しいだけの社会を作ります。

あの映画、選挙前に公開して欲しかった…

No title

なぜ無関心でいられるのでしょう。マザーテレサの
言葉、「愛の反対は無関心」。この国や人や動物、
命に対して無関心…。
この国はどうなっていくのでしょう。

No title

関西人様
日本人は戦後何も無い所から 必死で目の前のことをしてがんばって働いてきました。
今の年金暮らしのお年寄りは ほとんどです。
そしてバブルに突入し 価値観が変わっていった。
ほとんどコンプレックスですね。
溢れる物品・便利さに溺れ 大切なものを見失ってしまっています。
これ以上 子供達を巻き込みたくないのですがね・・・
若者に立ち上がる勇気を持って欲しいです。

No title

勘太-モモのママ 様
無関心は 一番の罪だと思います。
いずれ 自分に跳ね返ってくるでしょう。
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。