スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新居浜市から 殺処分ゼロ!!!!!

9月15日の 講演会

  「尊敬される飼い主になれる方法」

9月18日~29日までの 写真展

  「命の光と陰と・・・」


講演会、写真展の様子は 共に

講演会は 9月17日の

 ハートネットワーク:ハートレポート
 愛媛新聞:地方

写真展は 9月20日の

  ハートネットワーク:ハートレポート
 愛媛新聞:地方

で 見れます。

台風のアクシデントもあり
マルコと共に ヘトヘトです。
動物愛護週間をスタートとし
定期的に やって行きたいと話し合っています。

   獣医師会・市行政・民間団体

と この横つなぎを大切に
まずは 

   新居浜市から県動物愛護センターに
    送り込む犬・猫ゼロ

を 目指します!!!
台風の中、講演会に参加してくださった人達も
頼もしい方たちばかりでした。
松山市や四国中央市から来てくださった方もいました。
本当に ありがとうございます。

私たちも体力をつけて 頑張ります。
皆様の ご理解・ご協力、よろしくお願いいたします。


(四国中央市犬遺棄事件の 生存頭数が先週のTVでのニュースで言っていたのと 写真展で記しているのが違う。)
と言う 問い合わせが何件かありました。
確認の為、愛護センターに問い合わせましたが 7頭です。
一つの命を救うのにも 大変なエネルギーが必要です。
ましてこの事件の犬たちは 尚更でした。
本当に8頭だったら良かったのに・・・との 思いです。





今朝の愛媛新聞の特集に

  イノシシ駆除

の写真が 大きく出ていました。

dc092801.jpg


dc092803.jpg


「駆除」と言う言葉も 代えて欲しいくらいですが
イノシシも人間も 生き延びる為に 必死です。
そういう意味での「銃」の使用は仕方のない事と認めますが
檻に入って逃げられないイノシシを「やり」で殺す!!!


dc092802.jpg

<餌におびき寄せられて箱わなに掛かったイノシシとの
    にらみ合いながらの戦いは7分に及んだ。
   激闘により、やり先は曲がってしまった。>

やりが刺さり、血に染まりながらも身体を起こしている
    檻の中の 息のあるイノシシ!
そのやりを もっている人間・・・
(後ほど 写真を載せます。)




<葛藤しながらも 地域を守る。>

と しているが 
これでは


  葛藤でも駆除でも狩猟免許


も きれいごと意外 何者でもない!!!!!
新聞社には 

  この写真は載せるべきではなかった。

と 伝えました。
これを 子供達の学校に置きかえてみてください。
集団的いじめを 認めているのと同じです
愛媛県知事が おっしゃっていました。

 パソコン(デジタル)の世界は 1+1=2 しか存在しない。

今、バーチャルな世界に生きている子供達に
どうやって


  命の尊さ・尊厳

を 教えていくか!!!!!
わたし達大人は 自分達に課せられた責任をもっと

   意識・認識

すべきだと 思う!!!!!
「駆除」に対しても

   苦痛を与えず 殺す
を 行政がしっかりと 指導・管理・取締りすべき!!!!!
小さなことでも 丁寧いに取り組み
積み重ねていく事が
今、一番必要とすることではないでしょうか!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。