スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私事

コメントやメールの返事が書けていません。
申し訳ございません。


私事ですが 
大型台風が2個まとめて接近し
かなりの影響が出ていた真っ只中、
グループホームで暮らしている母が
脳梗塞で 病院に搬送されました。
そのまま入院治療となり
車で片道約50分の病院に
洗濯物などの交換の為に
ほぼ、毎日通っています。

おとといには 東京の姉が
昨日には 和歌山の姉が来てくれて
母の意識の有る内に
子供達全員が揃い 会うことが出来ました。
しかし 痴呆も進んでいる母には
我が子だと言う事が わかりません。
母は 92歳です。

母の状態は 血圧などは安定してきましたが
嫌な熱が続いています。
和歌山の姉は 最近まで
老人病棟の看護婦をしていました。
私も 人間と犬を一緒にしたら
不愉快になる人もいるでしょうが
沢山の命を看取ってきました。
母の状態が何を意味し
私たちがこれから何をすべきなのか、
和歌山の姉と 同意見でした。

  「いざと言う時、延命はしない。
     苦痛だけは取り除いてあげて欲しい。」




母は 幼い頃に父親を亡くし
学校から帰ると 赤ん坊だった弟をおぶって
川に水を汲みに行ったり 蒔き拾いに行ったりで
その後 進学もあきらめ
病院で住み込みのお手伝いをしながら
先生に本を借りて それなりの独学勉強をしたそうです。
その先には 夢もあったでしょう。
でも 現実は・・・

   <<第二次世界大戦>>

戦争で 何もかも失い
農家の親戚の納屋を借りての 生活。
一生懸命に働いて 少しずつ生活が良くなって・・・

東京の姉は ずーと独身。
和歌山の姉夫妻には 子供がいません。
私は 母子家庭にはなったけれど 
男の子と女の子の孫を抱かせてあげられました。
父と母が最後に暮らしていた家は
和歌山の姉が 両親の為に買った家です。

父も戦争で中国にいた頃、
爆撃を受け 胸をやられ
それからは ずーっと喘息で苦しんでいました。


父や母の世代の人たちは
本当に一生懸命に生きてきました。
一番輝いていたはずの時期を 戦争で奪われ
瓦礫の中から 日本をここまで復興させました。
私たちは この人達の人生に

   感謝と敬意

の意を示し 
二度と このような

   悲しみ・苦しみ

を 繰り返さぬよう

   日本を平和国家

に すべきでは ないでしょうか!!!!!!
また、 これからの子供達の為にも!!!!!!
  (自分の子供や孫)

私は学校で

   憲法第9条

を習った時に 
幼い頃、両親から戦争の話を聞かされ育ったから

   日本も スイスのようになるんだ!!!!!

と 凄く嬉しかったです。
でも 現実は・・・

    国の安全の為

と 言いながら 政府は 反対方向へと進んでいます。


 人は 何の為に生まれてくるのでしょう?????
 1度きりの人生を 人はどう生きたいのでしょう?????
 最後の瞬間が来た時 人は何を思って去るのでしょう?????
 残された人はその時 何を感じるのでしょう?????


    命の光と陰と・・・

 私は 一つでも多くの命に
 光の中に 帰って行ってほしいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お母様、ご心配ですね。私も看護師(今は無職)ですから、
いろんな意味で、ご心痛が伝わってきます。
でも、沢山の奇跡の回復も見てきましたので、お祈りを
させて下さいね。
どうぞ穏やかな時間が流れます様に。

私も既に父を亡くしています。
幾度かの怪我や病気で入退院を経験しましたが、最後の入院の時には「延命はしない、ただただ苦しまないように…」と母と兄弟で決めました。



なんのために うまれて
なにをしていきるのか
わからないままおわる
そんなのはいやだ



結局は人も動物と同じで、子孫の為に生まれ 生きる のだと父を亡くしてから考えます。

子や孫がいる人は、その人達の人生が穏やかなものとなるように…
子がいない人は 周囲の人が笑顔で暮らせるように…
地域や自治体や国の人間はそこに生きる人間が平和で安全に暮らせ子孫を増やせて国が繁栄するように…
世界のトップは世界平和を目指し美しい地球の自然を保てるように…


それが先祖代々の命を受け継いだ‘今を生きる’人間の生き方だと思うのです。


お母様の傍らで昔の思い出話を沢山して新たな思い出を増やして下さいね。


お疲れが出ませんように。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。