スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な動物愛護センターの慰霊祭

12月5日・木曜日

  愛媛県動物愛護センターの慰霊祭

マルコと行って来ました。
昨年、祭壇が寂しかったので
前もって「花キューッピット」でお願いしていた
真っ白い花かごも届いていました。
今年も 一般参列者は
私とマルコだけ・・・

  
  なぜ、他の愛護団体は来てくれないのだろう・・・
  人間の犠牲になった「命」なのに・・・
  「命を守りたい!」この思いは同じではないのか・・・


「犬たちをおくる日」が店頭に並んで
2年ほどは 一般参列者は複数いました。


  あれは 何だったのでしょうか???
  ただ、話題性のある事に乗っただけなのか???
  「喉元過ぎれば」なのでしょうか・・・


今年の春、
四国中央市で 27頭の犬が遺棄されました。
10頭が「殺処分」
10頭が 「謎の死」
7頭が 生存。
生存したうちの3頭が
今、私の足元で寝そべっています。

  ローズマリー・ペッパー・ミント

この子達をセンターから連れ出すのは
本当に 大変でした。
この子達と一緒に遺棄されたあの子達は
あの時、確かに生きて私の手の届く所にいました。


   助け出せなかった・・・・・


今日、献花をし、手を合わせる時


   苦しくて・・・悲しくて・・・
   力の無い自分が情けなくて・・・
   涙が溢れそうで・・・


   私は 自分の弱さを知っている・・・
   だから 泣かない・・・


センター所長が
慰霊碑にお参りを進めてくれたのですが
マルコだけに行ってもらいました。


   私には あの子達に
   報告できるだけのものが
   まだ無い・・・


「動物愛護」をして当たり前の社会になるまで
私には あの丘の上の慰霊碑の前に立つ事は出来ないのです。
その日が来ることは無いかもしれないけれど・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

何か事情があって
慰霊祭に行くことができなかった人達もいると思います。
エコちゃんの母さん、マルコさんがずっと
伝えてこられたことが、人々の心に響いていないわけがない!
行けなかった人達は、家で、職場で、或いは式場などで…
身体はそこにあっても心の中で、
きっと、祈っていたと思います。

27頭のうちの20頭の子達を
助け出せなかったのは 私も同じです。
(いえ、私だったら、たった1頭ですら助けだせなかった。)
距離は関係ないです。
どの地であれ、私は今、同じような状況にいる子達に
何もできないでいます。

エコちゃんの母さんもマルコさんも
どうか体調を崩さないでくださいね。


プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。