スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い犬・白い犬

今年も 早、1週間が過ぎようとしています。
昨年の正月は

  新居浜市広瀬公園の猫虐待事件

から 始まり
お土産が 子猫3匹。

今年の始まりは・・・

またまた あたふたです。

  
  2頭の 迷子犬


大晦日の真夜中に 大風でパニックになって
ベランダから 逃げ出してしまった 黒い犬。
元旦朝から 飼い主さんご夫婦、
毎日 真っ暗になるまで探し回っていました。
市行政は休みなので 連絡が取れません。
ポスターを作って 聞き込んだり
町内放送をしてもらったり・・・
思いつく限りの探し方を アドバイスしました。


そんな中、知人から 夜遅くに相談の電話が。

  お客さんから電話があって 
   白い犬が迷い込んで来たのだけど
   家の犬が吠え続けて、おいて置けなくて 市役所に預けた。
  と 言ってきた。
  警察に届けたら 市役所が預かってくれると言ったらしい。
  飼い主が現れなかったら 殺処分になることはわかっているが
  市役所で3ヶ月預かってくれるのだろうか?

コンビニで売っているビニール傘でも
拾得物として警察に届けると 3ヶ月は保管されます。
でも 生き物は市役所に渡され

   市役所で 1週間
   動物愛護センターで 4日から長くて1週間

この間に 飼い主さんのお迎えが無ければ


    殺処分


です。


    矛盾


です。
でも これが


    現実


なのです。
まして 愛媛県では行政に渡してしまったら
飼い主以外は 引き出せません。

翌日、友人から

   保護したMさんは 何とか犬の命を助けたいからと
   ポスター作ったりして 走り回っていて
   今、愛護センターにまで相談に行っているらしい。
   何とかMさんを 助けて上げられないか。

Mさんは 
自分が犬の命のカウントダウンのボタンを押してしまった事に
凄く苦しんでいました。
でもMさんは 間違った事は 何ひとつしていません。
夕方、友人とMさんに我が家に来てもらい
マルコと4人で 話しました。
Mさんは目を真っ赤にして 涙をこらえています。

  
   犬も助けたいが Mさんの心を助けたい。


何とか犬を引き出すことが出来るならば
我が家で預かる事にしました。
私からも愛護センターに電話で相談しました。
職員さんも同じ思いだった様で
預かり先もハッキリしているので

  犬を市役所に渡した事を取り消しても良い。

と 月曜日の朝一番で 市役所に電話してくれました。
市役所担当者も 犬を見て

  絶対に飼い主がいる。
  ならば 収容所にいるよりも 環境的にも
  そちらに預かっていただいたほうが いいでしょう。

迎えに行きました。
白い犬は震えていました。
血尿をしています。
人懐っこい犬だったと言っていたので
不安と恐怖で オシッコを我慢していたのでしょう。
連れて帰って すぐに抗生物質を飲ませました。


白い犬を迎えに行った時、
収容所に 黒い犬が元旦から入っている。との事。
保護された場所から言っても 可能性が大!!!

  あれほど探し回っていたのに、
   市役所に電話をしていない???

奥様に 電話をすると

  私は 手術の為に入院してしまっている。
  主人は 仕事が始まり忙しくしていて時間が取れるかどうか。

との事。
市役所担当者とも連絡を取り
結果、小学生のお孫さんが 確認し連れて帰る事に。
その移動は我が家が引き受けることになりました。
いざ、お孫さんとの待ち合わせ場所に・・・
今から行くと市役所に電話をしていると
だんな様が 窓口に来られ電話の向こうで

  間違いなく この犬だ。
  13:30に 迎えに来る。

の 話が聞こえました。

待っていたお孫さんにも伝えると 喜んでいました。
すぐ、だんな様から電話が有り 凄く喜んでおられました。
奥様は 手術して治るのに1ヶ月はかかるらしく
手術前に見つかって 本当に良かったです。


実は 黒い犬の事でバタバタしている間に
白い犬の飼い主さんらしい人から
市役所経由で電話が有り
昼に 奥様とお嬢様がお迎えに来てくださいました。
少しお話しさせてもらいました。
Mさんの了解も得て 私経由で 電話番号の交換。
Mさん、犬に夕方会いに来る事になっていました。


   私のせいで ワンちゃんに苦しい思いをさせてしまった。
   ワンちゃんに 謝りたい。


と 言っていたのです。
日本に まだこんな人がいてくれたんですね。

  もう犬はここにいないから 来なくてもいいよ。
  我が家には 気を使わないでもいいからね。

と言ったのにも関わらず 御礼が言いたい。と
菓子箱まで持って 来てくださいました。
私から愛護センターに結果報告していたので
職員さんが電話で Mさんに声をかけてくださったそうです。


正月早々、バタバタしたけれど
心が


   ほっこり


するような結果で 良いスタートだったかな!!!
2頭の犬達を心配してくれて
ポスターを貼ってくれたり ブログで呼びかけたり・・・
いろんな人が 動いてくれました。

   皆さん、ありがとう!!!
   愛護センターの職員さん、ありがとう!!!
   市担当者さん、ありがとう!!!

   

   まだ、人間を信じても 大丈夫だよね!!!!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。