スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「命」への 姿勢

愛媛県動物愛護センターのHP

  迷子犬・猫

の所を見ると
どう見ても 親子?兄弟?と思われる犬たちが
同じ場所で保護されたようです。


昨年2月~3月にかけて
四国中央市の犬遺棄事件から
5月にも 血縁関係があるであろう犬達が
同じ場所で数頭、保護されています。
 (写真を保存しています。)

後を経ちません。


これは 犯罪です。
法律違反です。


でも 行政も、警察も、動きません。


こういった

  「命」への姿勢

が 現社会を どんどん狂わせて行っているのです。

今のこの大人たちのすることを
子供達は どのように受け止めているのでしょうか???

子供達は 何を信じて生きていけばよいのでしょう???

子供達は どんな未来予想図を描くのでしょうか???


きっちりと 「命」 と 向き合ってください!!!



   写真展 「命の光と陰と・・・」
 
    2014年 1月31日~2月14日
      9:00~21:30(2月14日は15:00まで)

       <休館日 2月3日・10日・12日>

  四国中央市土居文化会館ユーホール
      


四国中央市27頭犬遺棄事件の
生き残った7頭の内の
我が家の3頭と

  ローズマリー・ペッパー・ミント

の中のローズの兄弟の「ハル君」の写真も展示します。

皆、<<生きる>>権利があるのです!!!
皆、<<幸せ>>になる為に生まれてくるのです!!!
どうか この子達の「光と陰」の顔を見比べてみてください。




表には出していませんが
いろんな事件や相談ことなどで 動いています。
動物愛護活動は ちょっとすると 可哀そうで

   お涙ちょうだい

に なってしまいがちで 日本人好みです。
ですから ブログには
よっぽどでなければ 書きません。
動物達にとっては

   生きるか 死ぬか
   天国が 地獄か

なのです。
動物愛護法も 動物達から見ると
何も 変わってはいません。

早く「動物愛護」なんて言葉が無くなり
動物・自然と「共存」して当たり前の社会に
なって欲しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。