スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子へ

<< 娘に >> 
 
 娘よ あなたは
 いつの間に 美しくなったの
 思わず 私は
 息をのんで 見つめる
 幼い あの日が
 まるで うそのように思えるわ
 恋する女の 香りがする

  *いつも私が 話したように
   愛に全てを かけて生きて行きなさい
   おとぎ話と 違う人生
   だけど何かを いつも夢みて

 娘よ 私も
 今の あなたとおんなじ年に 
 背中を むけたわ
 ママの あのぬくもりに
 ある朝 あなたも
 愛する人の口笛を 聞き 
 私の腕から 出て行くでしょ

   私ゆずりの おひとよしさん
   愛に全てを かけて生きて行きなさい
   たとえ世界が 頬を打っても
   その顔あげて 歩いてほしい

   *くりかえし



この歌は LPレコード

  雪村いづみ 「セピア・メモリー」 

の中の 1曲です。
私が 18歳の時に出会った歌です。
付けっぱなしのTVから流れてきました。
即、レコード店に走りました。
何度も何度も 聞きました。
   
  なぜ、こんなにも
   この歌にひかれるのか???

あの頃の私には わかりませんでした。

   未来の私の娘を
    こんな風に 愛したい!!!

将来、結婚できるのか?
娘が 生まれるのか?
何の確証もないのに
わたしの胸の中には 娘がいて
ずーと 愛してきました。

   でも 現実は・・・

私の娘として 生まれてきてくれたのに
大人の都合で 苦しい思いをさせてしまいました。

今、娘は
自分の大切な人と生きる為に
県外に 行ってしまいました。

私は 親の為に
大切な人に 背中をむけました。
その決断は

   地獄に帰る・・・

その思いでした。
で やっぱり 地獄でした。
その中で 授かった娘。
私の 全て でした。

わたしに出来る事は
命を守り
この地獄から 脱出させる事だけ・・・

娘からは 出て行ったまま
何の便りもありません。
でも これで良いのだと思います。

  娘が 自分の人生を
  自分の為に 精一杯生きてくれれば・・・
  
  この歌の様に・・・
  
  私の様には なってほしくない。

娘の事を考えない時は ないです。
ちょっと 淋しいです。

今になって
なぜ、こんなにもこの歌にひかれるのか???
わかりました。

  私自身も 母に愛されたかった・・・

母は今、痴呆で
自分の子供の事も わかりません。
静かに穏やかに 過ごしてほしいです。

私は 誰かに守られた事が ないです。
だから 素直に自分を表現する事が 下手です。
こうやって 文字で自分自身と話す事で
やっと 自分を出すことが出来ます。
そのせいか 何も語らずとも理解してくれる
犬が 大好きです!!!


こんな生き方しか出来ない私でも

  お母さん

と 娘が会いに来てくれる日を
夢に見ています。

我が子の

   健康・幸せ

を いつも願っています。





  




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。