スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロチップ

1頭でも「殺処分」をさせない為に
今、マイクロチップの推進にチカラを入れています。

市行政や動物愛護センターのHPに載っている写真には
首輪の付いている子が多いです。
迷子になっても 探し方を知らない人も多いです。
東北の災害の二の舞はしたくないです。(間に合って欲しい!)

で 身近なとこで こちらの記事



4月25日は「拾得物の日」。1980年、大貫久男さんが現金1億円を拾って大きな話題になった日です。

では、拾われた犬猫たちはどうなるの?
2007年12月10日、「改正遺失物法」が施行され、従来、迷子の犬猫は警察で6カ月保管していたのが、3カ月に短縮されました。

さらに「所有者が判明しない犬猫」の場合は、遺失物法が適用されず、直接、保健所や動物愛護センターに引き取られることに。身元不明のままだと、ここでの抑留期間は通常3日間、長くても平日5日間(土日を挟んで7日間)前後で処分されてしまうことになります。

迷子になったら、様子を見ている余裕はありません。すぐに保健所や動物愛護センターに問い合わせ、その後、念のために警察に連絡を入れましょう。
そして、何よりも普段から、鑑札や迷子札、マイクロチップなど身元確認のできるものを装着しておくこと!
   なるほど。

と さらっと読んでしまってる人も多いはず。
ちょっと待って。
おかしい!!!!!
ここ、


<<「所有者が判明しない犬猫」の場合は、遺失物法が適用されず、直接、保健所や動物愛護センターに引き取られることに。身元不明のままだと、ここでの抑留期間は通常3日間、長くても平日5日間(土日を挟んで7日間)前後で処分されてしまうことになります>>


物扱いばかりされている犬猫が 
どうしてここでは物ではないのでしょうか???
(補助犬なんか可哀そうなくらいの物扱いです。)
なぜ、警察、保険所、動物愛護センターで
3ヶ月、飼い主が表れるのを待ってくれないのでしょうか???
マルコがよく言っています。


   コンビニで売っているビニール傘でさえ
   3ヶ月は保管するくせに なぜ動物は・・・

日本の動物愛護法も 動物を守るのではなく

   人、または人の財産を動物から守る

と されています。
こんなおかしな社会から
家族であるペットを守る為にも
是非、マイクロチップを装着してください。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。