スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛護は 普段の生活の中にある。

今日の愛媛新聞の6ページ(総合)に
昨日の 愛媛県動物愛護センターでの

  動物慰霊祭

の 記事が出ています。
10年度の処分数は 10月末時点で

  犬:1085頭
  猫:2843頭
    前年度同期比で169頭減っている。

でも 各市町で保護中、
センターでの殺処分前にも 亡くなっている子、
怪我や病気の子、
道などで 死んでから行政に運ばれた子は
この数には 入っていません。
一度は 人間の家族として暮らしていた子達。
何故 この様な最後を迎えなくてはならないのか・・・

私の思いを まとめてくださった 文章です。

 
 慰霊などしなくていい日が来るよう願って
 毎年参加しています。
 処分される動物が1匹でも減る様に
 市町レベルでもっと 力を入れてほしい。


動物愛護センターのロビーに
12月12日位まで 祭壇を置いてくれています。
時間のある人は どうか手を合わせてあげてください。


私が「センターの犬達に毛布を!」
を お願いしたのは
数を集めるだけが 目的ではありません。
誰かに毛布の寄付をお願いする為には
どうしても センターなどの話をします。
知らない事を知って貰う チャンスなのです。
そうやって 伝えて行ってもらう。
動物愛護は 引き取って育てるだけではありません。
誰にでもできる事がある。
今、毎日使っている毛布。
買い変える時に 犬達の事を思い出してくれたら・・・
普段の生活の中に 出来る愛護が有る事を知ってほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。