スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の夢

風邪で体調を崩し もう1カ月。
タンが 胸から離れません。
仕事の接客業で 忙しい時は息が苦しくて・・・

  「呼吸が出来ない・・・」

その時思いました。

  「センターでの殺処分は 
    ガスでの窒息死。
   あの子達は 不安の中、意味も解らず
   今の私の様に 呼吸が出来なくなり
    もっともっと苦しくなって 死んで行くんだ。」

仕事中にも関わらず 涙がこぼれそうになりました。


私の夢は 「センター」を作る事。
「シェルター」では有りません。
アメリカの「グリーン・チムニーズ」を参考に
アメリカの「プロジェクト・プーチ」を参考に
日本での人と動物の共存を 目指します。
我が家の子達の様に

  「命の崖っぷち」

に居た子達をリハビリする事。
そのリハビリは

  不登校の子達
  人生に疲れきってる人
  自分を見つけたい人
  動物が好きでも 家で飼えない人
  などなど・・・
    近所の人達、子供達もね!

お互いで セラピーです。
そして「譲渡」だけではなく「委託」で
育ててもらう。
動物を飼える余裕が有るけれど
自分の年齢を考えると・・・
と 言う年配のご家庭にお願いしたいです。
他にも いろいろ考えています。



この世に 「いらない命」はないです。
本当は
国を挙げて考えてほしい事です。
日本は「技術面」では 先進国ですが
国民性・人間の精神としては後進国です。
今、それが政治にも出てると思います。
自分に都合のよい事だけを 取り入れ
都合の悪い事は認めず 遠ざけて行った結果です。
例え 動物愛護法が改正されても
人々が変わらなければ
いつまでも いたちごっこです。
動物愛護を目指すならば 殺処分ゼロを目指すならば
悪徳業者でもない、自己中政治家でもない
一般の人々の心を変えて行く事です。
「犬たちをおくる日」「小さないのち」も
そして 先月小林照幸氏が 出版してくださった

   河出書房新社「ボクたちに殺されるいのち」

子供達も一緒に 自分たちを見つめ直し
生きて行く為に 幸せを感じながら暮らす為に
必要な事は何かを見つける為の 本です。
結果だけを取り上げ お祭り騒ぎするマスコミにも
  うんざりです。
M氏に いつも言っています。

  動物愛護法の改正に携わっている政治家には
   絶対に ドリームボックスに入り
  ドリームボックスから 外の風景を見たうえで
   改正に取り組んでほしい。
    (愛護団体の人にも。)
  この事を 伝えて!と・・・

生きて行くのが苦しくなるような社会なんて いらない!












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンちゃんの母

Author:サンちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。